« 〔福島原子力大災害〕◇ 2016年8月3日、濃縮ウラン235のエアロゾル微粒子をアラスカ・アリューシャン列島、7キロ上空(対流圏)で検出 /20年来の航空機観測で初めて事態 /重油燃焼物と融合(上空で合体の可能性も)◎ 対ウラン238との比率、原子炉核燃に類似 ◎ レトロプルーム(拡散巻き戻し予測)で、日本発の可能性も  ―― ◇ 米海洋大気庁、ノルウェーなどの合同チームが国際学術誌で公表 ★ フクイチ再臨界? まさか! | トップページ | 〔東電原子力大災害=関連〕◇ 米国のハンフォード核施設・解体処理現場での、タンク群からの有毒化学蒸発(Harmful chemical vapors)による「異臭」で、作業員5人が呼吸被曝の恐れ / フルフェース酸素マスクをつけずに作業 異臭後、ようやく着用 / 異臭、2月にも ★ フクイチの現場の被曝対策は万全か? WHO傘下のIARC(国際癌研究機関)による、日本を含む最大規模の原発作業員調査では、低線量被曝でも癌リスクが増大するとの警告が出ている!  »

2018-06-28

〔犯罪組織、工作員グループによる電磁波拷問攻撃を許してはならない〕◇ 米国在住、気鋭の日本人女性学者、トモ・シバタ(柴田朋)さんが、国際的なマフィア・ネットワークから電磁波や毒物攻撃を受けながら、体験・告発本(英文)を出版し、国際社会に警告 / トモさんは米コーネル大を首席で卒業、フランスの社会科学高等研究院 (EHESS)で博士号を取得した気鋭の学者だ。日本語の著作も多い。★ そんなトモ博士をなぜ? 旧日本軍の集団強姦問題などを研究発表しているからなのか? 誰がマフィアに攻撃資金を出している?

Screenshot12076

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 小生のツイート・スレッド ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/1011841801731256320

………………………………………………………………………………………

 ★ トモ博士は現在、カリフォルニアで、ギャング・ストーキングを取り締まる州法制定のため、活動を続けている。

 日本の女性科学者たちも、シバタ・トモ博士の支援・救援のため立ち上がってほしい!

Posted by 大沼安史 at 01:19 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66878651

この記事へのトラックバック一覧です: 〔犯罪組織、工作員グループによる電磁波拷問攻撃を許してはならない〕◇ 米国在住、気鋭の日本人女性学者、トモ・シバタ(柴田朋)さんが、国際的なマフィア・ネットワークから電磁波や毒物攻撃を受けながら、体験・告発本(英文)を出版し、国際社会に警告 / トモさんは米コーネル大を首席で卒業、フランスの社会科学高等研究院 (EHESS)で博士号を取得した気鋭の学者だ。日本語の著作も多い。★ そんなトモ博士をなぜ? 旧日本軍の集団強姦問題などを研究発表しているからなのか? 誰がマフィアに攻撃資金を出している?: