« 〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ⑩〕◇ 脳内送信は最初のうち「人間(送信者)」によるものだった。語彙の差で分かった。それがその後、「合成テレパシー(synthetic telepathy)」「AIによる拷問(AI-administered torture)に高度化した! | トップページ | 〔東電グローバル原子力大災害〕◇ ニオブ(Nb)95(半減期35.5日)のほか、コバルト60なども検出 ―― 欧州各地のモニタリング・ポストで突然のスパイク! / 米国のフクイチ・ウォッチャーらが、穴あけ作業が進む「フクイチ2号機」からのプルームが(ジェット気流で)ヨーロッパ各地に到達しているのではないかの可能性の指摘も!★ ガンマ線のスパイクを検出後、なぜかモニタリングを停止している観測ポストが続出している。ブラックアウトかも? 要警戒です。 »

2018-06-21

〔東電グローバル原子力大災害〕 ◇ フクイチは、いわゆる「ウィグナー効果」により、ナノ・レベルの超微少な「黒いダスト(放射性物質の超微少パウダー)」を、地球の大気圏に放出し続ける「増殖炉( breeder reactor)」と化している! 中性子線がさらなる中性子線を生み出し、チェルノブイリの「象の足」(溶融核燃)の「皮」のようにボロボロに劣化劣化させ、地球の大気を汚染! 地球人口とインフラが被曝被害!―― ◎米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が2014年に警告!

Screenshot11851

Screenshot11849

………………………………………………………………………………………

Screenshot11827

………………………………………………………………………………………

 ★ モレット女史(博士、元・地球科学女性科学者連盟会長)は「3・11」の7年間、『ジャパン・タイムズ』で、「日本で原発災害が起きるのは、いまや時間の問題」と予言していた人。

 シスコ湾岸エリア在住の女史は、「口封じ」のための電磁波照射被害に遭いながら、フクイチの真相を明らかにし、被曝回避の警告をし続けている。

………………………………………………………………………………………

 ★ 1時間半のインタビュー(ユーチューブにアップ)は、英語字幕がついているのと、女史が聴き取りやすいよう、ゆっくり話してくれているので、時間のあるとき、一通り、聞き通すといい。

 モレット女史は、フクイチ発のウィグナー粒子の大気圏汚染で、北半球を飛行する旅客機パイロットの被曝が進んでいるほか、沖縄・嘉手納基地の米軍機が4機、被曝による金属劣化で、風防ガラスが吹き飛び、パイロットが風防なしで着陸を強いられたことも明らかにしている。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕◎ Leuren Moret: Fukushima radiation is intentional extermination and ecocide that HAARP Tesla technology can reverse
(2014年9月6日付け)⇒ 
http://exopolitics.blogs.com/peaceinspace/2014/06/leuren-moret-fukushima-radiation-is-intentional-extermination-and-ecocide-that-haarp-tesla-technology-can-reverse.html

Screenshot11852

………………………………………………………………………………………

 ◎ 英語ウィキ Wigner effect ⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/Wigner_effect

 ・ The Wigner effect (named for its discoverer, Eugene Wigner),[1] also known as the discomposition effect or Wigner's Disease,is the dislocation of atoms in a solid caused by neutron radiation.(中性子の被爆で、固体の原子が吹っ飛び、崩壊が進む現象)

………………………………………………………………………………………

 ◆ 関連 2015-11-24〔フクイチ核惨事〕(参考情報)◆ ジャパン・タイムズで「3・11」の7年前、「日本で原発災害が起きるのは、いまや時間の問題」と予言していた米国の地球科学者のローレン・モレット(Leuren Moret)氏が、公式ホームページで、「3・11」は「新・グローバル大量破壊兵器(the new global Weapon of Mass Destruction)」である「HAARP」が引き起こした、と明言!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/11/leuren-moretthe.html

………………………………………………………………………………………

 ◆ 関連 2017-11-14〔〔電磁波を使った遠隔拷問/スロー・キル/マインド・コントロール攻撃を許してはならない / ⑤ 〕 ◇ バークリー在住の内部告発者、ローレン・モレット女史(地球科学者)自身も攻撃を受ける! /電磁波で顔を切られ、火傷も。鼻の下に傷。髪も切られ、足の爪が変形。皮膚に茶色のスポット! マイクロ波で皮膚を凍結(回復に半年)―― ★ 日本で報告されている被害事例と同じことをされている! 「口封じ」のための電磁波攻撃であることは間違いなかろう。。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/11/post-1302.html

Posted by 大沼安史 at 01:19 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電グローバル原子力大災害〕 ◇ フクイチは、いわゆる「ウィグナー効果」により、ナノ・レベルの超微少な「黒いダスト(放射性物質の超微少パウダー)」を、地球の大気圏に放出し続ける「増殖炉( breeder reactor)」と化している! 中性子線がさらなる中性子線を生み出し、チェルノブイリの「象の足」(溶融核燃)の「皮」のようにボロボロに劣化劣化させ、地球の大気を汚染! 地球人口とインフラが被曝被害!―― ◎米国の地球科学者、ローレン・モレット女史が2014年に警告!: