« 〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕 ◇ フクイチ2号機が噴き上げている 降水量ゼロでも 26日未明・午前3時ごろの状態をスクショ ★ 雨が降ると、この噴き上げのなかで蒸気プルームが発生しているのだろうか? | トップページ | 〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕◇ この「光の柱」は何なのだ? 23日午後9時過ぎ、米国のウォッチャーが東電ライブカメラ映像をスクショ公開! 「柱」のなかに、「白い光の粒」 ★ その4時間後に、本ブログがスクショしたのと、ほぼ同じ位置(左寄り)。画質は米国のウォッチャー氏のほうが格段に鮮明だ! »

2018-05-27

〔東電原子力大災害〕★ フクイチから大放出された、「地獄玉」(南相馬・大山こういち市議)ともいわれる「セシウム(主体の)ボール(微粒子)」による土壌汚染の分布状況が一目でわかる画期的な検出法を、九大と英マンチェスター大学の合同研究チームが開発し、国際学術誌に発表! オートラジオグラフ(放射線像)技術を活用し、視覚化して粒子数をカウント! 名付けて「QCP(quantification of CsMPs セシウム微粒子量化法」◇ フクイチ周辺の土壌から、最大グラムあたり318個を検出!

 ★ 「セシウム・ボール」は呼吸被曝の危険を伴う恐ろしいものだ。

 この「QCP」は被曝地での生活、農作業などの際の被爆防止に役立つはずだ。

 安倍政権はフクイチ被曝地全域で、早急にOCP調査を実施し、詳細なセシウム・ボール汚染マップを作成し、被曝回避に努めるべきだ! 

………………………………………………………………………………………

Screenshot11394

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ Environment Science & Tecnology : Novel Method of Quantifying Radioactive Cesium-Rich Microparticles (CsMPs) in the Environment from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant
 (21日付け) ⇒ 
https://pubs.acs.org/doi/ipdf/10.1021/acs.est.7b06693

Screenshot11393

          *

 ◎ ニュース報道: Brinkwire : Fukushima radioactive particle release was significant says new research
 (25日付け)⇒ 
http://en.brinkwire.com/349727/fukushima-radioactive-particle-release-was-significant-says-new-research/

 ・ The researchers identified the contamination using a new method and say if the particles are inhaled they could pose long-term health risks to humans.

 ・ The new method allows scientists to quickly count the number of caesium-rich micro-particles in Fukushima soils and quantify the amount of radioactivity associated with these particles.

 ・ The scientists tested the new method on rice paddy soil samples retrieved from different locations within the Fukushima prefecture. The samples were taken close to (4 km) and far away (40 km) from the damaged nuclear reactors. The new method found caesium-rich micro-particles in all of the samples and showed that the amount of caesium associated with the micro-particles in the soil was much larger than expected. 

Screenshot11395

Posted by 大沼安史 at 09:51 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66764039

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害〕★ フクイチから大放出された、「地獄玉」(南相馬・大山こういち市議)ともいわれる「セシウム(主体の)ボール(微粒子)」による土壌汚染の分布状況が一目でわかる画期的な検出法を、九大と英マンチェスター大学の合同研究チームが開発し、国際学術誌に発表! オートラジオグラフ(放射線像)技術を活用し、視覚化して粒子数をカウント! 名付けて「QCP(quantification of CsMPs セシウム微粒子量化法」◇ フクイチ周辺の土壌から、最大グラムあたり318個を検出!: