« 〔東電原子力大災害〕★ フクイチから大放出された、「地獄玉」(南相馬・大山こういち市議)ともいわれる「セシウム(主体の)ボール(微粒子)」による土壌汚染の分布状況が一目でわかる画期的な検出法を、九大と英マンチェスター大学の合同研究チームが開発し、国際学術誌に発表! オートラジオグラフ(放射線像)技術を活用し、視覚化して粒子数をカウント! 名付けて「QCP(quantification of CsMPs セシウム微粒子量化法」◇ フクイチ周辺の土壌から、最大グラムあたり318個を検出! | トップページ | 〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕◇ 29日夜7時45分、福島(南東)沖でM3・7地震が発生 ―― ◆ この地震のせいで、フクイチからの放出が激化したのではないか? ◎ フクイチ・ウォッチングを続けるマジア・ナデサン米アリゾナ州立大学教授が疑問を提起! ★ 地震の揺れが、フクイチをさらに不安定なものにしていることは、当然考えられる! やがては建屋内核燃プールの倒壊さえありうる、地震による劣化の増幅! 安倍政権は「国難案件」として向き合え! »

2018-05-29

〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕◇ この「光の柱」は何なのだ? 23日午後9時過ぎ、米国のウォッチャーが東電ライブカメラ映像をスクショ公開! 「柱」のなかに、「白い光の粒」 ★ その4時間後に、本ブログがスクショしたのと、ほぼ同じ位置(左寄り)。画質は米国のウォッチャー氏のほうが格段に鮮明だ!

 ★ 上は、米国ウォッチャーのスクショ。下は大沼が同じ夜、24日午前1時過ぎに撮影したスクショ。

………………………………………………………………………………………
 上

Screenshot11397

Screenshot11398

………………………………………………………………………………………
 

Screenshot11330

 

………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………

 ★ 米国のウォッチャー、「ホース(ハンドルネーム)」氏のスクショ画像は、わたしのソフトより、かなり質が高い。

 「光の柱」のなかに、白い粒のようなものが、いっぱい見える。

 何なのだろう?

          *

 ★ この「光の柱」は瞬間的なもので、上から下へ垂直に降りてきます。

 「落雷」のようでもあり、そうでもなさそうな、不思議な「柱」です。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ #13 WEBCAM May 2018 / the Cafe Rad Lab Forum
 ⇒ 
http://caferadlab.com/thread-2403.html

          *

 ◎ 本ブログ既報 2018-05-24 ◇ 24日未明、フクイチ大荒れ / 放射能霧? ライブカメラが、空間に散乱する「黄色の斑点」のようなものを写し出す / 「青紫」色も / 空から光の柱が立て続けに落下(落雷?) / 3号機の上に、あの「白い球状のもの」が、またも出現 / 黒煙(?)の噴き出しも ★ これこそ「国難案件」「首相案件」。安倍政権は逃げず、隠さず、この「核地獄」のようなフクイチの現実と向き合わねばならない。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/05/post-a4a2.html#more

Posted by 大沼安史 at 07:19 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66770939

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕◇ この「光の柱」は何なのだ? 23日午後9時過ぎ、米国のウォッチャーが東電ライブカメラ映像をスクショ公開! 「柱」のなかに、「白い光の粒」 ★ その4時間後に、本ブログがスクショしたのと、ほぼ同じ位置(左寄り)。画質は米国のウォッチャー氏のほうが格段に鮮明だ!: