« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ フクイチの汚染水貯蔵タンク群で、ガンマ線による「スカイシャイン(天井を突き抜け周辺に散乱)被曝」の恐れ / 4時間の被爆で、致死量に達する可能性 ―― ◎ 米国の科学者サイトの「AGRジャーナル」が警告 ★ 爆発メルトダウン現場だけでなく、タンク群も恐ろしい状況だ。作業の安全管理は徹底されているのか? | トップページ | 〔東電フクイチ・メガ放射能大惨事〕◇ 20日午前1時過ぎ、フクイチに白い靄のようなものが低く広がる! ―― ◎ 米アリゾナ州立大学のマジア・ナデサン教授が東電ライブカメラ映像をスクショ ★ マジアさんは降雨でもって蒸気が噴出したものとみているが、当時、フクイチ周辺では雨が降っていない。いわゆる「放射性前線霧(Radiation and Frontal fog)」では? »

2018-05-19

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕【重要】◇ 人間の目(肉眼)には見えないガンマ線も、デジタルカメラで「カラフルな光」として可視化される! ―― ◎ 米国の科学者サイトの「AGRジャーナル」が指摘 ★ となると、フクイチで続発する、長さ数メートルにも達する色とりどりの「閃光」(スパーク)は、「ガンマ線スパーク」であることにもなる! フクイチでの作業は、人間には「見えないガンマ線スパーク」の危険の中で行なわなければならない、ということか!

 ★ の写真は、「AGRジャーナル」が、euronuclear.org の撮影映像(ガンマ線・スカイシャイン=空中散乱)をスクショしたもの。(その動画は、今は見ることができないようだ)

 の写真は、拙著、『世界が見た福島原発災害〈6〉核の地獄を超えて』(緑風出版)の表紙カバー。( https://www.yodobashi.com/product/100000009002850430/ )
 そこにあしらったのが、米国のウォッチャーが東電ライブカメラ映像からスクショした、カラフルな「閃光(スパーク)」である。

………………………………………………………………………………………

Screenshot11255

 

………………………………………………………………………………………

Screenshot11254

 

………………………………………………………………………………………

 ★ 安倍政権はフクイチの核地獄と真正面から向き合い、この国の存亡を賭けて闘わなければならない。

 凍土遮水壁などの失敗は謙虚に認め、対策を真剣に考えなければならない。

 先送りして、逃げ続けはならない。

  大事なのは、あなたがたの権力、あるいはメンツの持続ではない。

 あなたの言う、この「美しい国」の存続が問われているのだ。

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕  ◎ ARG : Gamma Ray SkyShine, Brehmsstrahlung, Gamma Haze From Man Made Artificial Deadly Ionizing Gamma Radiation; Gamma Haze Multiple Melted Out Fukushima Daichi Nuclear Reactors, Skyshine Radiation In Hospitals, Gamma Ray Pulse Possible At Fukushima
 (11日付け)⇒ 
http://www.agreenroadjournal.com/#!/2014/12/skyshine-brehmsstrahlung-gamma-haze.html 

 ・ Gamma radiation shows up as tiny flecks of colored lights on a digital camera, which can be seen. Gamma radiation is invisible and cannot be detected by any human senses. It is possible to get a deadly dose of gamma radiation via skyshine around the Fukushima radiation storage tanks in four hours and never even feel, smell, hear or see it. 

Posted by 大沼安史 at 06:16 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66737026

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕【重要】◇ 人間の目(肉眼)には見えないガンマ線も、デジタルカメラで「カラフルな光」として可視化される! ―― ◎ 米国の科学者サイトの「AGRジャーナル」が指摘 ★ となると、フクイチで続発する、長さ数メートルにも達する色とりどりの「閃光」(スパーク)は、「ガンマ線スパーク」であることにもなる! フクイチでの作業は、人間には「見えないガンマ線スパーク」の危険の中で行なわなければならない、ということか!: