« 〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕◇ 薄めて、海に垂れ流す「最も安上がりなオプション」が実行されかねない情勢だ! ◎ 核問題で世界的な権威を誇る「ベローナ」(本部=ノルウエー・オスロ)が、日本政府は(トリチウム未処理=未分離の)「フクシマ放射能汚染水(radioactive Fukushima water )」を、太平洋へ投棄することを検討している、と国際社会に警告! | トップページ | 〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕 ◇ フクイチ2号機が噴き上げている 降水量ゼロでも 26日未明・午前3時ごろの状態をスクショ ★ 雨が降ると、この噴き上げのなかで蒸気プルームが発生しているのだろうか? »

2018-05-25

〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕◇ 24日未明のフクイチの異常な蒸気噴きあげ 「開口部」穴あけ作業が続く「2号機」建屋から噴出!、―― ◎ 米アリゾナ州立大のマジア・ナデサン教授が「2号機が雨でほんとうに噴いている(Fukushima Daiichi Unit 2 Really Steaming in Rain )」と、ウオッチング・レポート! ★ わたし(大沼)もその時、ライブカメラ映像をウォッチングしていたが、たしかに、「2号機」からの蒸気噴出がすごかった!

 ★ 「2号機」では建屋に「開口部」が設けられる作業がヤマ場を迎えている(はず)。当夜の雨が、穴あけによる内部の熱でもって蒸発か?

          *

 ★ こうなると、雨が降るたびに、2号機から、放射能を含んだ「蒸気プルーム」が発生、カバーがはずされ、青天井状態の1号機などからのものも加わって、風下を襲うことになる。

………………………………………………………………………………………

 ★ 上の2枚がマジアさんのスクショ。下の1枚が、大沼のスクショ!

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot11356

Screenshot11357

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot11308

………………………………………………………………………………………

 ◎ マジアさんのブログ: Fukushima Daiichi Unit 2 Really Steaming in Rain
 (米国時間=23日付け)⇒ 
http://majiasblog.blogspot.jp/2018/05/fukushima-daiichi-unit-2-really.html

Screenshot11355

………………………………………………………………………………………

 ◎ 24日未明、午前1時の福島県アメダス降水量 ⇒ http://www.tenki.jp/past/2018/05/24/amedas/2/10/precip.html

Screenshot11358

………………………………………………………………………………………

          *

 ◎ 関連 河北新報 : <福島第1>2号機「燃料」取り出しへ 壁面に穴開け開始
 (2018年4月16日付け)⇒ 
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201804/20180417_63021.html

Screenshot11354

 

 ・ 東京電力は16日、福島第1原発2号機の原子炉建屋壁面に開口部を設ける工事を始めた。6月までに

穴を開け、ロボットなどで内部を調査。2023年度を目指す使用済み核燃料の取り出し開始につなげる。

 壁内側の空間放射線量は、12年6月時点で毎時880ミリシーベルトと非常に高い。放射性物質の飛散を

防ぐため、工事は壁面に密接して新設した「前室」(幅23メートル、奥行き17メートル、高さ10メート

ル)の内部で実施。初日は技術者が立ち会い、厚さ20センチのコンクリート壁の3カ所を直径11センチの

円柱状にくりぬいた。17日も6カ所で行う。

 開口部は使用済み燃料プール上部に通じる場所に設け、大きさは幅5メートル、高さ7メートル。壁を取り

壊す際は重機を遠隔操作する。

 2号機は水素爆発せず、建屋上部が残っている。東電は建屋上部を解体して天井クレーンを設置し、燃料取

り出しを進める計画。

Posted by 大沼安史 at 06:54 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66758480

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕◇ 24日未明のフクイチの異常な蒸気噴きあげ 「開口部」穴あけ作業が続く「2号機」建屋から噴出!、―― ◎ 米アリゾナ州立大のマジア・ナデサン教授が「2号機が雨でほんとうに噴いている(Fukushima Daiichi Unit 2 Really Steaming in Rain )」と、ウオッチング・レポート! ★ わたし(大沼)もその時、ライブカメラ映像をウォッチングしていたが、たしかに、「2号機」からの蒸気噴出がすごかった!: