« 〔米国版「集団ストーキング」(ギャングストーキング)は、FBIなど政府機関に浸透した非合法ネットーワークが宗教カルトやマフィアなどを使って、自分たちの「敵」をつぶしにかかるものだった!〕 | トップページ | 〔東電原子力大災害〕◇ 2007年の地震で直撃被害を受けた東電柏崎・刈羽原発では、定期点検中で原子炉に核燃料がなかったはずの「6号機」からも噴煙が上がっていた! ―― ◎ 画像解析の第一人者、岩田清さんが、新たな「決定的視覚証拠」を提示! ★ 岩田さんは柏崎・刈羽事故では同じく定期点検中の「1号機」からも噴煙が出ていることを画像解析で突き止めている。 ★ 原子炉を使った兵器用プルトニウムの密造疑惑は、フクイチ4号機でも、岩田清さんだけでなく、物理学者の槌田敦博士からも提起されている。  »

2018-05-31

〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕◇ 「3・11」から19日いっぱいの8日間ほどの間に、フクイチは平方メートルあたり、4000億近い中性子(4 × 1011 neutrons per m2 l)を環境に放出していた! ―― ◎ 米国の研究チームが、太平洋の対岸、米カリフォルニア州ラホヤに到達した放射性硫黄35からの逆算で算出 ★ フクイチの面積は350万平方メートル。それで全放出量を計算すると、140京! 

 ★ それで人体、あるいは生体にどんな影響が出かねないのか、専門家のみなさんの、独立した見解、教示をおねがいしたい。

 フクイチ核惨事の恐るべき真相はまだまだ隠されている。

………………………………………………………………………………………

Screenshot11454

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Evidence of neutron leakage at the Fukushima nuclear plant from measurements of radioactive 35S in California
 (2011年8月30日付け)⇒ 
http://www.pnas.org/content/108/35/14422 

 we show that nearly 4 × 1011 neutrons per m2 leaked at the Fukushima nuclear power plant before March 20, 2011.

Posted by 大沼安史 at 08:39 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66778379

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害 空前のメガ核惨事〕◇ 「3・11」から19日いっぱいの8日間ほどの間に、フクイチは平方メートルあたり、4000億近い中性子(4 × 1011 neutrons per m2 l)を環境に放出していた! ―― ◎ 米国の研究チームが、太平洋の対岸、米カリフォルニア州ラホヤに到達した放射性硫黄35からの逆算で算出 ★ フクイチの面積は350万平方メートル。それで全放出量を計算すると、140京! :