« 〔ストーカー車の照射場面〕◎ 山形市内 2016年2月14日 白い対向車から、すれちがいざま照射を受ける! ―― ☆ 撮影映像を精査していて、先ほど判明 証拠保全(ナンバー・顔も写っています) ★ 政治情勢が変わり、警察が動き出せる日が一日も早く来ることを願っています。みなさんも証拠画像などの蓄積・保全を! | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕◇ 原子炉建屋とデブリは当面放射能を隔離管理する作業を行い、「燃料取り出しは100~200年後」に行うか、半永久的に「外構シールド」で囲い保管を継続 ◆ トリチウム水(汚染水)は、石油備蓄用に使われている容量10万トンのタンクを新設し、「100年以上保管」 ―― ◎ 原子力市民員会が福島県庁に提言 ★ フクイチ対策は抜本的・全面的に見直すべきだ! »

2018-04-03

〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ⑥ 〕◎ 「彼ら」の声は「俺たち、ほんとうはこんなことしていやくないんだ」と言いながら、突然、「ハンマーでお前の脳天、たたきつびす。妹もやってやる」と、恫喝に変わることもあった。そうしているうち、「彼らは」数ヵ月かけて「ドレーン」という女性キャラをつくり上げた。「ドレーン」は毎日午後5時になると、脳内へ語り始めた。

 (★ 日本でも同じような脳内送信〔実験・演習?〕被害が出ています。この被害を乗り越えるには、「これが、そういうものか」と思えるだけの知識が不可欠――すくなくとも持ち合わせた方がよさそう――です。距離を保って、冷静に対処することができるからです。クリスさんの被害はまだまだ始まったばかり。これからさらにエスカレートして行きます)

………………………………………………………………………………………

Screenshot10610

………………………………………………………………………………………

 ・ “This program is just a piece of shit man. None of us wants to be here.”……

 ・ And then all of a sudden, out of nowhere, they say something like, “Chris, you know how we’re going to help you get out of this? We’re going to $#%@ing bash your head in with a sledgehammer and kill your $#%*ing sister tonight you stupid $*#K!”

 That’s usually how treatments end. It’s like trying to climb out of a well and then being abruptly snapped back to the bottom where you have to start the climb all over again.

 One time, they spent months building up the character of a woman Voice to Skuller named Doreen who was “new” to the program. She would come online usually after 5:00 pm with two other male Voice to Skullers. She was nice sounding, spoke very articulately and seemed to have a fresh perspective on things as if she was new to the entire Voice to Skull project (maybe a psychologist or researcher).

……………………………………………………………………………………… 

〔★は大沼〕 ◎ ラモラ・Dさん(米マサチューセッツ州在住、作家、電磁波照射被害に遭いながら、反撃の先頭に立っている)によるインタビュー: Silicon Valley Entrepreneur Reports Neuro-Hacking, Hive-Minding, Brain-Cloning, Bio-Robotizing: Secret, Illegal, & Profoundly Inhumane US Govt. Neuro-Experimentation, Classic CIA Torture(「シリコンバレーの起業家が、神経ハッキング、集合意識化、脳クローニング、身体ロボット化被害をレポート: 秘密の下、無法かつ恐ろしく非人間的な米政府による神経実験と昔ながらのCIAによる拷問)
 (2017年10月14日付け) ⇒ 
https://everydayconcerned.net/2017/10/14/silicon-valley-entrepreneur-reports-neuro-hacking-hive-minding-brain-cloning-bio-robotizing-secret-illegal-profoundly-inhumane-us-govt-neuro-experimentation-classic-cia-torture/

………………………………………………………………………………………

【インタビュー 既掲載分】

 ① ◎ それは、いやがらせストーキングのあと、突然、始まった! 「男女の会話」が聴こえて来た!
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skull-.html

          *

 ② ◎ 男女の会話は「ライブ」だと思った。スピーカーのスイッチを入れ、わたしのロフトに放送してくるような感じだった。(防音された)ロフトだったので、なぜ、クリアに聴こえるか不思議だった 
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-1.html

 ③ ◎ 突然聴こえてきた「男女の会話」を、クリスさんは最初「いたずらか」と思った。しかし「会話」は、一日中、語り続けた。翌朝、目が覚めて5分後、それはまた語り始めた。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-2.html#more

 ④ ◎ 聴こえてくる男女の「会話」は用意周到なものだった。クリスさんのビジネスがらみの人間関係のいやがらせ(これは現実)から始まった「会話のストーリー・ライン」は、まるで昔のラジオ番組か、テレビのソープ・オペラのようだった。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-3.html#more

 ⑤ ◎ 男女2人で始まった脳内送信は、数日後、新たに男2人が加わり、4人によるものとなった。その4人が一日中、語り続けるのだった。これは〔あとで分かったことだが〕、Voice to Skullers(脳内送信攻撃者)のいう「鏡に反射させた会話(mirrored conversations )」というものだった。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-4.html#more

Posted by 大沼安史 at 04:33 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66570837

この記事へのトラックバック一覧です: 〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ⑥ 〕◎ 「彼ら」の声は「俺たち、ほんとうはこんなことしていやくないんだ」と言いながら、突然、「ハンマーでお前の脳天、たたきつびす。妹もやってやる」と、恫喝に変わることもあった。そうしているうち、「彼らは」数ヵ月かけて「ドレーン」という女性キャラをつくり上げた。「ドレーン」は毎日午後5時になると、脳内へ語り始めた。: