« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕◇ 六ヶ所村核燃料再処理工場=恐怖の住民殺戮マシーンが再稼働する恐れ! ―― ◎ 「東海アマ」さんが「新ブログ」で警告 ★ 会津藩士が追われた斗南の地、「下北」といい(福島といい、柏崎といい)、「奥羽皆敵」と書かれた、あの憎悪と侮蔑にみちた、運命の一言を思い出す。 | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕◇ 「フクイチの現場」はこんなにも「蒸気を上げている(steamy)」いるのに、至近(2.5キロ)にある国道6号線・「長者原交差点」の路面(の上)は乾いている……それは、なぜ? ―― ◎ 米国のウォッチャー、ナジア・ナデサンさん(アリゾナ州立大学教授)が、今月(4月)6日未明(午前3時55分過ぎ)の、2地点のライブカメラ写真(スクショ)を比較して、問題提起! »

2018-04-08

〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ⑦ 〕◎ 新しく「会話」に加わってきた「ドレーン」という女性キャラが、他の脳内送信拷問者らのいる「部屋」に入ってくると、拷問が止まった。クリスさんは「彼女」を救世主と思った。2ヵ月後、「彼女」と男との「会話」が聞こえてきた。ドレーン「いっそクリスの腹、切り裂いてやったら」男「ドレーン、ここに来て膝まづきな」「それよりF××K、したい」

 ◆ クリスさんの、いちるの望みを一発で断ちきる、衝撃の「会話」だった!

 ………………………………………………………………………………………

Screenshot10610

………………………………………………………………………………………

 ★ このクリスさんの被害例だけでなく、「声」の脳内送信拷問は一般に、こんなふうに「解放」をちらつかせながら、会話へ引きずり込み、最後に裏切って、さらなる絶望に追い込むパターンをとるようだ。

 被害者の心理を弄び、逃げ場がないように思い込ませていく。

 恐ろしいやり方だが、そういうやり口だと知れば、対処の仕方も出て来る。

 クリスさんにとって、この「ドレーンの裏切り」はしかし、絶望的な打撃だった。
 

          *

 She stayed on the sidelines for the first few weeks while they threatened to kick my ass when I went out with my friends, lobbed insults, and kept me up all night talking, but after about a month she started to speak her mind and expressed more and more doubts about the purpose of the program. She had the same authority as the other Voice to Skullers so when she got angry at them, they had to listen. After a few weeks of this, whenever I heard her voice, I actually started to feel relief because the other Voice to Skullers would stop torturing me when she was in the room. (At the time I thought the Voice to Skullers were all in the same room.)

 After about two months, she would always say things like, “Chris just needs to hang in there a little while longer. This program is full of assholes and there’s NO WAY they’re EVER going to get away with this…” After two months of getting to know her I felt confident that she was my champion in the program, but one day, out of absolutely nowhere, she said “Getting out of this is going to be easy for Chris… Once we slit his F#$king stomach open and watch his guts fall out, he’s out!” Then one of the male Voice to Skullers said, “Doreen, get over here, get down on your knees and suck my D#*K.” And she replied, “I’d rather F##K the S##T out of you!” And that was it. After more than two months of building up goodwill and a rapport with Doreen my hopes for release were dashed and I realized I was a prisoner in a deeply demented cult of some kind.

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ ラモラ・Dさん(米マサチューセッツ州在住、作家、電磁波照射被害に遭いながら、反撃の先頭に立っている)によるインタビュー: Silicon Valley Entrepreneur Reports Neuro-Hacking, Hive-Minding, Brain-Cloning, Bio-Robotizing: Secret, Illegal, & Profoundly Inhumane US Govt. Neuro-Experimentation, Classic CIA Torture(「シリコンバレーの起業家が、神経ハッキング、集合意識化、脳クローニング、身体ロボット化被害をレポート: 秘密の下、無法かつ恐ろしく非人間的な米政府による神経実験と昔ながらのCIAによる拷問)
 (2017年10月14日付け) ⇒ 
https://everydayconcerned.net/2017/10/14/silicon-valley-entrepreneur-reports-neuro-hacking-hive-minding-brain-cloning-bio-robotizing-secret-illegal-profoundly-inhumane-us-govt-neuro-experimentation-classic-cia-torture/

………………………………………………………………………………………

  【インタビュー 既掲載分】  

 ① ◎ それは、いやがらせストーキングのあと、突然、始まった! 「男女の会話」が聴こえて来た!
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skull-.html

          *

 ② ◎ 男女の会話は「ライブ」だと思った。スピーカーのスイッチを入れ、わたしのロフトに放送してくるような感じだった。(防音された)ロフトだったので、なぜ、クリアに聴こえるか不思議だった 
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-1.html

 ③ ◎ 突然聴こえてきた「男女の会話」を、クリスさんは最初「いたずらか」と思った。しかし「会話」は、一日中、語り続けた。翌朝、目が覚めて5分後、それはまた語り始めた。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-2.html#more

 ④ ◎ 聴こえてくる男女の「会話」は用意周到なものだった。クリスさんのビジネスがらみの人間関係のいやがらせ(これは現実)から始まった「会話のストーリー・ライン」は、まるで昔のラジオ番組か、テレビのソープ・オペラのようだった。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-3.html#more

 ⑤ ◎ 男女2人で始まった脳内送信は、数日後、新たに男2人が加わり、4人によるものとなった。その4人が一日中、語り続けるのだった。これは〔あとで分かったことだが〕、Voice to Skullers(脳内送信攻撃者)のいう「鏡に反射させた会話(mirrored conversations )」というものだった。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-4.html#more

 ⑥ ◎ 「彼ら」の声は「俺たち、ほんとうはこんなことしていやくないんだ」と言いながら、突然、「ハンマーでお前の脳天、たたきつびす。妹もやってやる」と、恫喝に変わることもあった。そうしているうち、「彼らは」数ヵ月かけて「ドレーン」という女性キャラをつくり上げた。「ドレーン」は毎日午後5時になると、脳内へ語り始めた。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/04/voice-to-skull-.html 

Posted by 大沼安史 at 05:16 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66588781

この記事へのトラックバック一覧です: 〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ⑦ 〕◎ 新しく「会話」に加わってきた「ドレーン」という女性キャラが、他の脳内送信拷問者らのいる「部屋」に入ってくると、拷問が止まった。クリスさんは「彼女」を救世主と思った。2ヵ月後、「彼女」と男との「会話」が聞こえてきた。ドレーン「いっそクリスの腹、切り裂いてやったら」男「ドレーン、ここに来て膝まづきな」「それよりF××K、したい」: