« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の真実〕◇ 「共用プール屋上の『2号B系非常用発電機空冷装置』から噴出 / 「稀ガス処理建屋からもすでに噴出」 / 「1・2号機排気筒(塔)が過熱して噴出」 ―― なんと「3・11」当日、午後4時55分ごろ、フクイチの現場を撮影した国交省東北整備局・防災ヘリ「みちのく号」が激写していた! | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)  8年目の今〕◇ 「福島への責任を放棄し、破綻企業を支援する東京電力を存続させる必要性はもはや存在しない。東京電力は破産処理するべきだ」―― ◎ 故・高木仁三郎さんが創設した「原子力資料情報室(CNIC)」が、東電の「浪江町ADR拒否」「日本原電資金援助」を受けて声明を発表!  ★ 東電は浪江町民への賠償をケチって、発電もしていない「日本原電」を資金援助するわけか! 安倍政権の下で、「東電」が焼け太り、死の灰まみれの「わが世の春」を謳歌している!? »

2018-04-25

〔民衆に対する電磁波テロ攻撃を許してはならない〕◇ 衛星からのマイクロ波攻撃、レーガンのスターウォーズ(SDI)が中止された1992年に、地上の人間を標的に米空軍がシュリバー空軍基地(コロラド州)を地上基地に運用を開始/ 当初は敵の弾道ミサイルを撃ち落とすものだったが、政治活動家や内部告発者らを主たるターゲットに、照射 ―― ◎ 米国のNASA(航空宇宙局)エンジニア、リチャード・ライトハウス博士が、ラモラ・Dさんによるインタビューで明らかに! 

 

★ 地上のターゲット(人間)に対する、人工衛星からのマイクロ波攻撃はやはり現実のものだった! 

 日本ではどうなのか?

 

………………………………………………………………………………………

Screenshot10986

Screenshot10979

………………………………………………………………………………………

 ★ ライトハウス博士によると、米国防総省がSDIを中止を発表したその月に、地上のターゲット(人間)への衛星からの攻撃が始まった。

 この照射システムは、1982年に米国アルバカーキ(ニューメキシコ州)が取得した特許に基づくもの。

 博士によると、最大32メガジュールというものすごいエネルギー(1メガジュールで2000ポンドの重さの車を時速160キロで走らせることができる)エネルギーを発射することができるシステムで、カリフォルニア州の軍事企業が兵器化した。

 地上の建物のコンクリートも貫通し、タイゲットの人物を狙えるそうだ。

 米国でこの衛星からの照射に最初に気づき、記録をつけ始めたのは、ハーラン・ジラードさんという方。

 ライトハウス博士はジラードさんら、いわゆるTI(ターゲットにされた個人)の被害者たちを、エネルギー物理学者・工学者として支援している。

          *

 ★ 米国では実戦配備に向けて、1982年ごろからテスト開発が始まったようだ。

  日本ではどうなのか?

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ。レポート: Report #63: Richard Lighthouse - NASA Engineer Discusses Satellite Weapons, Civilian Abuse
 (今月17日に公開)⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=33O2J-oErOU

          *

 ◎ リチャード・ライトハウス博士のサイトは ⇒ https://www.rlighthouse.com/

Screenshot10985

Posted by 大沼安史 at 05:28 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66649839

この記事へのトラックバック一覧です: 〔民衆に対する電磁波テロ攻撃を許してはならない〕◇ 衛星からのマイクロ波攻撃、レーガンのスターウォーズ(SDI)が中止された1992年に、地上の人間を標的に米空軍がシュリバー空軍基地(コロラド州)を地上基地に運用を開始/ 当初は敵の弾道ミサイルを撃ち落とすものだったが、政治活動家や内部告発者らを主たるターゲットに、照射 ―― ◎ 米国のNASA(航空宇宙局)エンジニア、リチャード・ライトハウス博士が、ラモラ・Dさんによるインタビューで明らかに! :