« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の真実〕◇ 「3・11」当夜、2011年3月11日午後10時25分ごろ撮影の暗視カメラ撮影動画(陸自東北方面隊)で、(「3号機」ばかりか)、「定期点検中(のはず)」で原子炉に核燃料は何もなかったはずの「4号機」原子炉建屋からの「噴煙」を確認!―― ◎ 画像可視化解析の第一人者、岩田清さんが突き止め、公表  | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ・グローバル核惨事)8年目の今〕◇ 「ボスが津波防潮堤計画を葬り去った」――東電の従業員が法廷で証言―― ◎ 米「ニューズウィーク」誌が報道 「津波防潮堤があれば核惨事は回避できたかもしれない」 ★ 東電経営陣の責任を問う重大証言が、米国の有力週刊誌により、国際社会に拡散開始! »

2018-04-15

【ご報告】◇ 高速道路を利用し、車で1泊2日の旅へ / 路上でなんども照射攻撃に / 宿泊先の駐車場で、車に事故狙いの工作(の可能性)、帰路、一番に立ち寄ったガソリンスタンドの従業員が◎◎と××が空(ゼロ)なのを発見、救われる(車検済ませたばかり)/ 車搭載ナビへも誘導工作

Screenshot10722

          *

Screenshot10723

………………………………………………………………………………………

 ◎ ツイッター/ スレッド報告

  ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/985090118804430849

  ⇒ https://twitter.com/BOOgandhi/status/982132084180369408

………………………………………………………………………………………

ただいま滋賀県湖南市に帰宅。自宅内線量、すぐに0.2マイクロシーベルト/時にはねあがる。高速道路ではストカー車グループが3波にわたって照射。車内0.15マイクロシーベルト/時まで跳ね上がる。また滋賀の室内の、0.2マイクロは福島県の再汚染被曝地の車内測定値並み。X線か中性子線か?

          *

昨日夕、滋賀県湖南市の自宅に1泊2日の小旅行から帰り着きました。途中、とくに帰途、ストーカー車グループの照射を浴びたことはすでにツイート報告しましたが、気になることがほかに、もう2点あるので、追加報告します。ひとつは、わたしの車へ、事故狙い(?)の「工作」が行なわれたことです。

          *

「◎◎と××の2つ、ゼロになってます。このまま走るのは危険です」。帰途、満タンにしようとしたガソリンスタンドで、の従業員の方が気付いてくれました。どうやら泊まったホテルの屋外駐車場で、やられたらしい。あやういところでした。知り合いの信頼できる業者に車検を受けたばかりの車です。

          *

帰路のガソリンの減り方がパンパなものではありませんでした。上記の◎◎××と関係するものか、それとも別系統の問題なのか点検に出し、人為的なものとわかれば、警察に被害届を出すつもりです。

          *

もうひとつは、車に搭載したナビの「異常」です。行きも帰りも、これまで車搭載ナビが示しことのない「ルート」が示されました。出発前、パソコンのルート検索で確認をしていた「正規(?)ルート」ではない、別ルートが示されたのです。

          *

車搭載ナビの「推奨」を無視して「正規ルート」を走行しました。ところが、行きも帰りも、あるインターチェンジで「別方向」を「指示」されたのです。慌てました。混乱しましたが、車搭載ナビの指示を無視し、「道路標示」を頼りに、複雑なインターを無事通過することができました。

          *

「車搭載ナビ」が“勝手な指示”を出すのは、かつて経験済みのこと。雨の北陸道で、「敦賀インターで降りるように」と執拗に「指示」されたことがあります。もちろん、あの「女性のナビ声」で。どうやら「彼ら」は「ナビシステム自体」を操作できるようです。

          *

帰路のガソリンの減り方がパンパなものではありませんでした。上記の◎◎××と関係するものか、それとも別系統の問題なのか点検に出し、人為的なものとわかれば、警察に被害届を出すつもりです。

          *

ところで、高速路上での追尾ストーカーによる追尾照射・追い抜き照射被害は、山口県周南市在住の工学者(元高専教授)、「一路先生」も被害体験を公開し、警告しています(写真参照)が、今回、わたしたちへの照射も、とくに帰路の高速路上で、ひどいものでした。https://twitter.com/knp12eco/status/982112817439424512

Screenshot10717

 

       *

車はそれなりの防護をし、記録カメラを複数取り付け、手持ちのカメラも用意して出かけたのですが、高速道路を走行中、帰路だけで3度ほど、アタマがくらっと来ました。すーっと持っていかれる感じです。

       *

現在スイス在住のドイツ人物理学者、キャサリン・ホートン博士は、留学先の英国で、ストーカー攻撃を裁判所に訴え、法廷へ出る当日、裁判所に向かうトンネル内で照射を受け、壁に激突しました。https://twitter.com/Stop007org

          *

まるでダイアナ妃の事故を思わせる照射攻撃です。ホートン博士が幸い助かりましたが、チューリヒ近郊のアパートで今なお、すさまじい照射被害に遭っているのは、このツイッター(ブログでも)お知らせした通りのことです。

          *

運転席のわたしが頭を「くらっ」としたことで思い出すのは、山本太郎さんが参院予算委での質問中、アタマを振るようにしながら言葉を詰まらせた、「山本太郎・国会内“狙撃事件”」とでもいうべき(かも知れない)あのシーンです。https://twitter.com/BOOgandhi/status/982099421654532097 

 照射攻撃は高速の路上だけではないのかも知れません。 @taro_koho  @yamamototaro0 

Screenshot10719

 

       *

さて、なぜ追尾車などから照射を受けたか分かるかといいますと、体感もさることながら助手席のガンマ線線量計が知らせてくれます。線量計はX線あるいは中性子線を浴びると放射化で高い数値を表示するからです。たまに偶然、ドライブレーダーに映ることも。写真は山形市内。https://twitter.com/BOOgandhi/status/982132084180369408

Screenshot10720

Screenshot10721

          *

わたしたちの車を照射して来た車は、わたしたちが記録撮影していることを知らされずにいたようです。近づいて来てナンバーも顔も撮られていると気付くと、慌てて逃げていくのが多かったです。おもしろいことに、どうも「勤務時間」があるらしく、北陸道での照射は、夕方の5時では打ち切られました。

          *

天下の公道で、こうした恐ろしいことが、警察の取り締まりもなく、かなりの広範囲で(おそらくは全国的に)行なわれている! 高速だけではなく、一般道においても! そして民家に対しても! これは由々しき事態ですが、いずれ明るみに出ることでしょう。

Posted by 大沼安史 at 08:44 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66612431

この記事へのトラックバック一覧です: 【ご報告】◇ 高速道路を利用し、車で1泊2日の旅へ / 路上でなんども照射攻撃に / 宿泊先の駐車場で、車に事故狙いの工作(の可能性)、帰路、一番に立ち寄ったガソリンスタンドの従業員が◎◎と××が空(ゼロ)なのを発見、救われる(車検済ませたばかり)/ 車搭載ナビへも誘導工作: