« 〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ⑥ 〕◎ 「彼ら」の声は「俺たち、ほんとうはこんなことしていやくないんだ」と言いながら、突然、「ハンマーでお前の脳天、たたきつびす。妹もやってやる」と、恫喝に変わることもあった。そうしているうち、「彼らは」数ヵ月かけて「ドレーン」という女性キャラをつくり上げた。「ドレーン」は毎日午後5時になると、脳内へ語り始めた。 | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 「フクイチ」は、放出放射能と対策コストの両面で、手のつけられない「ドラゴン・キング(Dragon King)」現象と呼ぶべきもの ◆ INES(国際原子力事象評価尺度)では最悪の「レベル7」だが、本来なら「レベル10~11」クラス ◆ フクイチ級、もしくはそれ以上の核惨事は50%の確立で、最短60年後に再発する ― ◎ スイス・英国・デンマークの研究チームが統計分析で警告! ★ 「ドラゴン・キング」とは、意訳して「死の灰・大魔王」とでもいうべきものではないか »

2018-04-04

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕◇ 原子炉建屋とデブリは当面放射能を隔離管理する作業を行い、「燃料取り出しは100~200年後」に行うか、半永久的に「外構シールド」で囲い保管を継続 ◆ トリチウム水(汚染水)は、石油備蓄用に使われている容量10万トンのタンクを新設し、「100年以上保管」 ―― ◎ 原子力市民員会が福島県庁に提言 ★ フクイチ対策は抜本的・全面的に見直すべきだ!

Screenshot10616

………………………………………………………………………………………

 ◇ 2021年の復興庁廃止の前に、避難者など被害当事者を含む幅広い住民参加の上で、独立した第三者評価を行い、復興行政を総括し、あるべき「復興」のビジョン、新たな行政組織と必要な法制度を構築する。

 ◇ 福島第一原発から放出された放射能を、発生者の責任において、集中管理することを軸にして、放射能汚染物質の管理体制を抜本的に組み立てなおすべきである。

 ◇ 放射性物質による汚染や被ばくを「被害」として位置づける。「被ばくを避ける」権利を含む「健康への権利」を基本的人権として尊重し、予防原則に立った防護策および健康支援策をとる。

 ◇ 健診および医療支援は、「予防原則」に立つ疾病の未然防止と早期発見を目的とし、事故当時18歳以下に限定せず、幅広い対象に将来にわたって定期的に無料で実施する。学校での甲状腺検診も継続する。

………………………………………………………………………………………

 ★ フクイチ核惨事は、この国の存立の土台を揺るがす、最悪・最大の国難である。

 国会議員のみなさんは、この問題から逃げず、真正面から取り組んでもらいたい。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 原子力市民員会 : 「福島原発事故に関する現状認識と提言」ほかを
福島県に提出、記者会見を開催
 (3月6日付け)⇒ 
http://www.ccnejapan.com/?p=8552

 ◎ 同 : 福島原発事故に関する現状認識と提言
  ⇒ 
http://www.ccnejapan.com/documents/2018/20180306_CCNE_fukushima.pdf

Posted by 大沼安史 at 09:13 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66573290

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕◇ 原子炉建屋とデブリは当面放射能を隔離管理する作業を行い、「燃料取り出しは100~200年後」に行うか、半永久的に「外構シールド」で囲い保管を継続 ◆ トリチウム水(汚染水)は、石油備蓄用に使われている容量10万トンのタンクを新設し、「100年以上保管」 ―― ◎ 原子力市民員会が福島県庁に提言 ★ フクイチ対策は抜本的・全面的に見直すべきだ!: