« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕  【超重要】 ◇ フクイチから、「ビーム(=光の柱)」が立ち上がっている ―― ◎ 「フクイチ・ライブカメラ・ウォッチャー」らの情報集約・交換サイト、《Cafe Rad Lab》で、コントラストを増大させた処理画像が公開される! ◇ 31日(3月)付けのアップロード ★ 大熊町の国道6号線・長者原交差点ライブカメラ画像 フクイチで何が起きているのか? | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)の今〕【超重要】◇ フクイチで東電ライブカメラがとらえている「閃光(スパーク)」の続発は、研究炉の臨界時にみられる、「チェレンコフの光(中性子線)」の周辺で発生するガンマ線のカメラ・センサー直撃現象と似ている!―― ◎ 米国のウォッチャーが、ペンシルバニア州立大学の「ビリージール研究原子炉」のデモ公開映像をもとに、「フクイチ閃光」の発生機序について問題提起! »

2018-04-01

〔空の悪魔 ケムトレイル〕◇ 米国のカリフォルニア州北部、シャスタ山(Mount Shasta)の雪から、6万1千ppbを超えるアルミニウムを検出(通常は7ppb=parts per billion 十億分率) ―― 5年間にわたるシャスタ山周辺でのケムトレイル調査で判明! ◎ 米国の調査報道ジャーナリスト、ジム・マーズさんが、著書『人口コントロール』で明らかに 

Screenshot10560

Screenshot10556

Screenshot10555

………………………………………………………………………………………

 ◇ 土壌PHも酸性から中性に変わったことで、樹木が枯死。

 シャスタ山から流れる川の水生生物の80%が死滅。

 地元のジャガイモ生産も、80%減少。 

………………………………………………………………………………………

 ★ 地元のシャスタ郡では住民たちの間から抗議の声があがり、郡当局が調査に乗り出したそうだ。
 ⇒ 
http://www.mtshastanews.com/article/20140723/news/140729883

 ★ わたしが住む滋賀県でも日野町在住のウォッチャーが警告を発するなど、ケムトレイル撒布が激化している。

 自治体は調査に動き出すべきだ。

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ Jim MarrsPopulation Control: How Corporate Owners Are Killing Us Paperback  – August 30, 2016  (199頁) ⇒ https://www.amazon.com/Population-Control-Corporate-Owners-Killing/dp/0062359908/ref=asap_bc?ie=UTF8

Screenshot10559

Screenshot10558

Posted by 大沼安史 at 04:41 午後 7.ケムトレイル・HAARP |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66562469

この記事へのトラックバック一覧です: 〔空の悪魔 ケムトレイル〕◇ 米国のカリフォルニア州北部、シャスタ山(Mount Shasta)の雪から、6万1千ppbを超えるアルミニウムを検出(通常は7ppb=parts per billion 十億分率) ―― 5年間にわたるシャスタ山周辺でのケムトレイル調査で判明! ◎ 米国の調査報道ジャーナリスト、ジム・マーズさんが、著書『人口コントロール』で明らかに :