« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕◇ 原子炉建屋とデブリは当面放射能を隔離管理する作業を行い、「燃料取り出しは100~200年後」に行うか、半永久的に「外構シールド」で囲い保管を継続 ◆ トリチウム水(汚染水)は、石油備蓄用に使われている容量10万トンのタンクを新設し、「100年以上保管」 ―― ◎ 原子力市民員会が福島県庁に提言 ★ フクイチ対策は抜本的・全面的に見直すべきだ! | トップページ | 〔ケムトレイル情報〕◇ 水平線粉空視界ブロック/ 3時間でこんなに拡散 / ケムトレイルを培養 痰そっくり / 海外文献2本(邦訳) »

2018-04-04

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 「フクイチ」は、放出放射能と対策コストの両面で、手のつけられない「ドラゴン・キング(Dragon King)」現象と呼ぶべきもの ◆ INES(国際原子力事象評価尺度)では最悪の「レベル7」だが、本来なら「レベル10~11」クラス ◆ フクイチ級、もしくはそれ以上の核惨事は50%の確立で、最短60年後に再発する ― ◎ スイス・英国・デンマークの研究チームが統計分析で警告! ★ 「ドラゴン・キング」とは、意訳して「死の灰・大魔王」とでもいうべきものではないか

Screenshot10617

………………………………………………………………………………………

 

  ★ 「ドラゴン・キング」―― この表現はどこから来たものか定かではないが、日本の「竜神」さまのように、恐ろしくも慈悲深いものではなかろう。

 放出放射能の量においても、事故対策コストにおいても、どうにもならない(runaway)核惨事であるフクイチ。

 それが――それ以上のものが、今後50%の確率で、60~150年以内に再発するというのだから、恐ろしすぎるとい言わざるを得ない。

          *

 ★ この研究は初出2016年のものだから、安倍政権が狂奔する日本の再稼働原発は勘定に入っていないはずだ。

 それを勘案すれば、核惨事再発リスクは60年後どころか、さらに「至近」に迫っているはず。

          *

 ★ いまの安倍政権の狂いようを考えれば、「ドラゴン・キング」とは「死の灰・大魔王」とでも意訳すべきものかも知れない。

………………………………………………………………………………………

 ・ …… our range of models suggests that there is presently a 50% chance that (i) a Fukushima event (or larger) occurs every 60-150 years……

 ・  We also document a significant runaway disaster regime in both radiation release and cost data, which we associate with the "dragon-king" phenomenon.

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Risk Anal. 2017 Jan;37 : Of Disasters and Dragon Kings: A Statistical Analysis of Nuclear Power Incidents and Accidents.
 ⇒ 
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27002746

Posted by 大沼安史 at 09:50 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66573379

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 「フクイチ」は、放出放射能と対策コストの両面で、手のつけられない「ドラゴン・キング(Dragon King)」現象と呼ぶべきもの ◆ INES(国際原子力事象評価尺度)では最悪の「レベル7」だが、本来なら「レベル10~11」クラス ◆ フクイチ級、もしくはそれ以上の核惨事は50%の確立で、最短60年後に再発する ― ◎ スイス・英国・デンマークの研究チームが統計分析で警告! ★ 「ドラゴン・キング」とは、意訳して「死の灰・大魔王」とでもいうべきものではないか: