« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 北海道周辺海域のマダラ(Pacific cod、Gadus macrocephalus)のうち太平洋産だけが放射性セシウムに汚染(2011~2015年)/ 同オホーツク・日本海産からは検出されず ◆ 太平洋被曝タラは、「フクイチ沖合の汚染海域を移動」(moved through the contaminated area off the FDNPP)の可能性!  | トップページ | 〔空の悪魔 ケムトレイル〕◇ 米国のカリフォルニア州北部、シャスタ山(Mount Shasta)の雪から、6万1千ppbを超えるアルミニウムを検出(通常は7ppb=parts per billion 十億分率) ―― 5年間にわたるシャスタ山周辺でのケムトレイル調査で判明! ◎ 米国の調査報道ジャーナリスト、ジム・マーズさんが、著書『人口コントロール』で明らかに  »

2018-04-01

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕  【超重要】 ◇ フクイチから、「ビーム(=光の柱)」が立ち上がっている ―― ◎ 「フクイチ・ライブカメラ・ウォッチャー」らの情報集約・交換サイト、《Cafe Rad Lab》で、コントラストを増大させた処理画像が公開される! ◇ 31日(3月)付けのアップロード ★ 大熊町の国道6号線・長者原交差点ライブカメラ画像 フクイチで何が起きているのか?

Screenshot10548

………………………………………………………………………………………

 ★ 以下は「比較対照」用(「ずくなしの冷や水」ブログより)

Screenshot10546

 

………………………………………………………………………………………

 ◎ 国道6号線・長者原交差点ライブカメラ

Screenshot10547

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ #28 ⇒ http://caferadlab.com/thread-2211-page-2.html

 ・ This photo illustrates that a great deal of activity occurred at the plant.  I noticed a beam that was barely visible. By boosting the contrast the magnitude of the beam became evident.  Perhaps the metal containment acted as an aperture for the radiation, which then interacted with air creating secondary photons, some in the visible wavelengths. There are also emissions in the UV and IR band we wouldnt see. 

………………………………………………………………………………………

 ◎ ふたば広域ライブカメラ 国道6号線長者原交差点 ⇒ http://www.futabagun.jp/futaba_camera/camera?observationPointId=173

 ◎ ずくなしの冷や水 ⇒ http://inventsolitude.sblo.jp/article/104268544.html

Posted by 大沼安史 at 09:49 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66561193

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕  【超重要】 ◇ フクイチから、「ビーム(=光の柱)」が立ち上がっている ―― ◎ 「フクイチ・ライブカメラ・ウォッチャー」らの情報集約・交換サイト、《Cafe Rad Lab》で、コントラストを増大させた処理画像が公開される! ◇ 31日(3月)付けのアップロード ★ 大熊町の国道6号線・長者原交差点ライブカメラ画像 フクイチで何が起きているのか?: