« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目〕◇ 2015年当時、首相秘書官として、「加計・首相案件」に関し「やらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」とカツを入れた(とされる)現・経産相審議官、柳瀬唯夫氏は、2006年12月、安倍首相が国会答弁書で、原発の外部電源喪失の恐れについて「御指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期している」と一蹴した際、資源エネルギー庁(経産省)原子力政策課長を務めていた!  | トップページ | 〔大分中津土砂崩れ〕◎ 「現場周辺で雨は降っておらず、崩落の前兆もなかった」(消防本部)というのに、なぜ山は崩れたのか? 山崩れではないが、2014年の「9・12」に、アフリカのナイジェリアで起きた不可解な「教会のビル崩れ」を思い出す。 »

2018-04-17

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◎ 【スターングラス博士インタビュー】 ◇ Q:「原発は……すべてが安全だと。何がいけないのか?」 A: 「……1000倍もダメージを少なく見積もってものだから、0.1mSVだったものが、実質的には100mSVと同じダメージを加えている」 ★ 米国の部率学者、スターングラス博士は、低線量被曝を警告し続け、2015年にお亡くなりになった。2006年には来日して、六ヶ所も訪ねている。そんな博士とのインタビューを「僕と核」ブログ氏がネットで公開! 

 ★ 遅まきながら(急遽)紹介します。

           *

 ★ この博士の指摘を知って、基準値を設定し、抽象的な「数値」の罠をしかけ、数字の魔力でもって、わたしたちの意識を操作していく……これが「心の除染」というものだな、と思いました。

………………………………………………………………………………………

Screenshot10748

………………………………………………………………………………………

Screenshot10749

………………………………………………………………………………………

 ★ 「僕と核」ブログ氏の「博士インタビュー」は、「21世紀の ヒューマン・リテラシー / アメリカの最高の科学者が原発のすべてについて語るー癌がなぜ世界中で増加しているのか?」(2012年3月29日付け ⇒ こちら )で知りました。感謝です。

 インタビューの内容は、ぜひ一読していただくとして、ここでは「僕と核」氏が引いているガンジーの言葉を紹介します。

          *

 「大事なのは、行動の結果よりも、行動そのものである。正しいことをしなさい。結果が出るには、あなたの力では足りないかもしれないし、それはあなたの生きている間ではないかもしれない。だからと言って正しい行いを辞めてはいけません。あなたの行動によってどんな結果があったかなど、永遠に分からないかもしれません。それでも、何もしなければ、何も産まれないのです。」
  マハトマ・ガンジー

 " It's the action, not the fruit of the action, that's important. You have to do the right thing. It may not be in your power, may not be in your time, that there'll be any fruit. But that doesn't mean you stop doing the right thing. You may never know what results come from your action. But if you do nothing, there will be no result."
  - Mahatma Ghandi

 
………………………………………………………………………………………

 

〔★は大沼〕 ◎ 「僕と核」   もくじ ⇒ http://www.e22.com/atom/index2.htm

          *

   はじめに ⇒ http://www.e22.com/atom/page00.htm

 1 原子力ってなに? ⇒ http://www.e22.com/atom/page01.htm

 2 ウランってなに?  ⇒ http://www.e22.com/atom/page02.htm

 3  放射能ってなに? ⇒ http://www.e22.com/atom/page03.htm

 4 放射性物質ってなに? ⇒ http://www.e22.com/atom/page04.htm

 5 原子力発電ってなに? ⇒ http://www.e22.com/atom/page05.htm

 6 ひばくってなに? ⇒ http://www.e22.com/atom/page06.htm

 7 ひばくの歴史 ⇒ http://www.e22.com/atom/page07.htm

 8 スターングラス博士インタビュー ⇒ http://www.e22.com/atom/page08.htm

 

 9 スターングラス博士のまとめ ⇒ http://www.e22.com/atom/page09.htm


 10 日本人に何が起きているのか? ⇒ 
http://www.e22.com/atom/page10.htm

          *

 ◇ スターングラス博士の主著 SECRET FALLOUT  Low-Level Radiation from Hiroshima to Three Mile Island
 (無料ダウンロード)⇒ 
https://ratical.org/radiation/SecretFallout/
 
 ※ 邦訳は : 反原発科学者連合訳『赤ん坊をおそう放射能 ヒロシマからスリーマイルまで』原著 Secret Fallout. Low-Level Radiation from Hiroshima to Three Mile Island , 1981 新泉社, 1982.6

          *

 ◇ 博士、最後の邦訳著書 : 『人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために』 /グロイブ,ラルフ〈Graeub,Ralph〉/スターングラス,アーネスト・J.【著】〈Sternglass,Earnest J.〉/肥田 舜太郎/竹野内 真理【訳】
   ⇒ 
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784871541008

          *

 ◇ スターングラス博士 日本語ウィキ ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9

 
          *

 ◎ 関連記事 

  ◇ 「フクシマ後」Fukushima Aftermath/Ernest J. Sternglass
  ⇒ 
https://en.wikibooks.org/wiki/Fukushima_Aftermath/Ernest_J._Sternglass

  ◇ 米『ネーション』誌 「スターングラス博士を追悼する」 
  ⇒ 
https://www.thenation.com/article/remembering-ernest-sternglass/

  ◇ 英『ネイチャー』: Fukushima update: on pregnant women and radiation doses
  ⇒ 
http://blogs.nature.com/news/2011/03/fukushima_update_on_pregnant_w.html

  ◇ 仏『ヴォルテール・ネット』 Maladies non diagnostiquées et guerre radiologique
  ⇒ 
http://www.voltairenet.org/article151597.html

 

Posted by 大沼安史 at 08:59 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66620232

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◎ 【スターングラス博士インタビュー】 ◇ Q:「原発は……すべてが安全だと。何がいけないのか?」 A: 「……1000倍もダメージを少なく見積もってものだから、0.1mSVだったものが、実質的には100mSVと同じダメージを加えている」 ★ 米国の部率学者、スターングラス博士は、低線量被曝を警告し続け、2015年にお亡くなりになった。2006年には来日して、六ヶ所も訪ねている。そんな博士とのインタビューを「僕と核」ブログ氏がネットで公開! :