« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の真実〕★ 「3・12」の「1号機爆発(実際は1号機+2号機+1・2号固体廃棄物処理建屋の同時多発爆発)」は2方向に――「2号機建屋ブローパネル」から飛び出して、南風の逆風を突き抜け、東南へ「直達」した「高放射線量微粒塊」(黄色の→)と、「2号機タービン建屋ブローアウトパネル」から飛び出して、双葉町を襲い、避難中の双葉更生病院入院患者や井戸川町長らを被曝させた「高放射線量微粒塊」(青い←)の2方向に、「死の灰“直撃弾”」を発射していた! | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕◇ 今月(3月)26日夜も、「閃光(スパーク)」が連続(断続)して発生 午後9時台・1時間だけで、17発も確認 ―― ◎ 米国のウォッチャーが東電ライブカメラ画像をスクショ ★ ウォッチャー氏が「閃光は『チェレンコフの光(Cherenkov radiation)』」と指摘 / フクイチは「アウト・オブ・コントロール」状態ではないか?  »

2018-03-30

〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ⑤ 〕◎ 男女2人で始まった脳内送信は、数日後、新たに男2人が加わり、4人によるものとなった。その4人が一日中、語り続けるのだった。これは〔あとで分かったことだが〕、Voice to Skullers(脳内送信攻撃者)のいう「鏡に反射させた会話(mirrored conversations )」というものだった。

 ★ クリスさんへの「脳内送信」には、諜報機関による高度な尋問方法が使われていた!

………………………………………………………………………………………

Screenshot10517

………………………………………………………………………………………

 ★ クリスさんへのV2Kは、「死ね」「自殺しろ」「飛び降りろ」といった、日本の被害者が体験しているような、低レベルのものではなかったのだ。

 「鏡に反射させた会話(mirrored conversations )」とはどういうものか?

 拷問を受けながら、尋問されている人は、尋問者同士が何を考えているか、彼ら同士の会話から探ろうとしてしまう。

 彼らのペースにさらに深く巻き込まれてしまうのだ。

 巧妙は心理戦のテクニックが、クリスさんに対する脳内送信(による、おそらくは実験・演習)に使われていたようだ。

………………………………………………………………………………………

 After a few days, the non-stop conversations between the man and the woman began to include two other males. Now all four of them were talking about me all day long. These are what the Voice to Skullers referred to as “mirrored conversations.” For the first few days, the mirrored conversations made me think my neighbors were involved, but as they continued I understood clearly that they were using this technique of speaking as an interrogation tool.

 When someone is speaking to someone else about you, you tend to spill your guts in an attempt to clarify whatever questions they have. 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ラモラ・Dさん(米マサチューセッツ州在住、作家、電磁波照射被害に遭いながら、反撃の先頭に立っている)によるインタビュー: Silicon Valley Entrepreneur Reports Neuro-Hacking, Hive-Minding, Brain-Cloning, Bio-Robotizing: Secret, Illegal, & Profoundly Inhumane US Govt. Neuro-Experimentation, Classic CIA Torture(「シリコンバレーの起業家が、神経ハッキング、集合意識化、脳クローニング、身体ロボット化被害をレポート: 秘密の下、無法かつ恐ろしく非人間的な米政府による神経実験と昔ながらのCIAによる拷問)
 (2017年10月14日付け) ⇒ 
https://everydayconcerned.net/2017/10/14/silicon-valley-entrepreneur-reports-neuro-hacking-hive-minding-brain-cloning-bio-robotizing-secret-illegal-profoundly-inhumane-us-govt-neuro-experimentation-classic-cia-torture/

………………………………………………………………………………………

【インタビュー 既掲載分】

 ① ◎ それは、いやがらせストーキングのあと、突然、始まった! 「男女の会話」が聴こえて来た!
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skull-.html

          *

 ② ◎ 男女の会話は「ライブ」だと思った。スピーカーのスイッチを入れ、わたしのロフトに放送してくるような感じだった。(防音された)ロフトだったので、なぜ、クリアに聴こえるか不思議だった 
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-1.html

 ③ ◎ 突然聴こえてきた「男女の会話」を、クリスさんは最初「いたずらか」と思った。しかし「会話」は、一日中、語り続けた。翌朝、目が覚めて5分後、それはまた語り始めた。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-2.html#more

 ④ ◎ 聴こえてくる男女の「会話」は用意周到なものだった。クリスさんのビジネスがらみの人間関係のいやがらせ(これは現実)から始まった「会話のストーリー・ライン」は、まるで昔のラジオ番組か、テレビのソープ・オペラのようだった。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-3.html#more

Posted by 大沼安史 at 11:45 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66554131

この記事へのトラックバック一覧です: 〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ⑤ 〕◎ 男女2人で始まった脳内送信は、数日後、新たに男2人が加わり、4人によるものとなった。その4人が一日中、語り続けるのだった。これは〔あとで分かったことだが〕、Voice to Skullers(脳内送信攻撃者)のいう「鏡に反射させた会話(mirrored conversations )」というものだった。: