« 〔東電原子力大災害(フクイチ・核惨事/死の灰メガ汚染)〕【「東海アマ」さんのブログ】◇ 「原子力発電は事故を起こさなくとも日本人を殺戮している」( 全国調査 マップ&分析 )  ◆ 「北海道」さえも「異常値判定は日本平均より34%増」◆ 「東北」―― 「ざっと見渡して目に焼き付くのは、青森県の凄まじい値である」 ◆「関東」――「東関東と西関東に、非常に大きな心筋梗塞など健康被害の偏在が見える。東関東は猛烈にひどく、西関東は平常値ばかりが広がる」― ◎ 中部/関西・中国方面/九州・四国についても、データ解析 | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ あの「9・11」同時多発テロのあと、米政府は日本側に対し、「B.5.b」と呼ばれる米国の新基準に対応した、原発ブラックアウト(外部電源喪失)対策を求めていたが、無視されていた! ―― ◎ 米国のカネーギー国際平和財団の報告書『なぜフクシマは防ぐことができるはずだったか』のなかで、米国の原発安全専門家が言明! »

2018-03-26

〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ④ 〕◎ 聴こえてくる男女の「会話」は用意周到なものだった。クリスさんのビジネスがらみの人間関係のいやがらせ(これは現実)から始まった「会話のストーリー・ライン」は、まるで昔のラジオ番組か、テレビのソープ・オペラのようだった。

Screenshot10435

………………………………………………………………………………………

 ★ 朝起きると、「男女の会話」は昨晩、話が終わったところから、しっかり始まるのだった。

 驚くほど、うまく書かれた脚本による会話のようだった。

 現実に起きていることだと信じ込ませる、巧妙なものだった。

 話の筋も日毎、深化して行った。

 This was the beginning of what I call treatments. Treatments are scenarios or storylines built up verbally by the Voice to Skullers over time, like an old radio show, or soap opera, that are carefully crafted to lead you into believing whatever they tell you. They take time to establish and are incredibly well-scripted. 

………………………………………………………………………………………

 ★ 「心理戦」の専門家によって、シナリオは書かれていたようだ。
 
 「男女の会話」にはアドリブがあったそうだから、脳内送信して来たものもまた、かなり訓練された「役者」だったのだろう。

 しかしながら、この「男女の会話」は、次の、さらに高度な(実験?)段階へ進んでいくための土台づくりに過ぎなかった。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ラモラ・Dさん(米マサチューセッツ州在住、作家、電磁波照射被害に遭いながら、反撃の先頭に立っている)によるインタビュー: Silicon Valley Entrepreneur Reports Neuro-Hacking, Hive-Minding, Brain-Cloning, Bio-Robotizing: Secret, Illegal, & Profoundly Inhumane US Govt. Neuro-Experimentation, Classic CIA Torture(「シリコンバレーの起業家が、神経ハッキング、集合意識化、脳クローニング、身体ロボット化被害をレポート: 秘密の下、無法かつ恐ろしく非人間的な米政府による神経実験と昔ながらのCIAによる拷問)
 (2017年10月14日付け) ⇒ 
https://everydayconcerned.net/2017/10/14/silicon-valley-entrepreneur-reports-neuro-hacking-hive-minding-brain-cloning-bio-robotizing-secret-illegal-profoundly-inhumane-us-govt-neuro-experimentation-classic-cia-torture/

………………………………………………………………………………………

【インタビュー 既掲載分】

 ① ◎ それは、いやがらせストーキングのあと、突然、始まった! 「男女の会話」が聴こえて来た!
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skull-.html

          *

 ② ◎ 男女の会話は「ライブ」だと思った。スピーカーのスイッチを入れ、わたしのロフトに放送してくるような感じだった。(防音された)ロフトだったので、なぜ、クリアに聴こえるか不思議だった 
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-1.html

 ③ ◎ 突然聴こえてきた「男女の会話」を、クリスさんは最初「いたずらか」と思った。しかし「会話」は、一日中、語り続けた。翌朝、目が覚めて5分後、それはまた語り始めた。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-2.html#more

Posted by 大沼安史 at 10:53 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66539911

この記事へのトラックバック一覧です: 〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ④ 〕◎ 聴こえてくる男女の「会話」は用意周到なものだった。クリスさんのビジネスがらみの人間関係のいやがらせ(これは現実)から始まった「会話のストーリー・ライン」は、まるで昔のラジオ番組か、テレビのソープ・オペラのようだった。: