« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の真実〕◎ フクイチ構内のダストモニター濃度のグラフと、北に7キロ離れた浪江町(中心部)幾世橋の空気中の放射能濃度のグラプの山が、ピッタリ一致! ―― ◎ 「桑ちゃん」さんが過去1ヵ月間の比較グラフを作成し、確認! ★ フクイチ死の灰が帰還地の生活空間に流れ込んでいることがハッキリした。フクイチの現場は一刻も早く、チェルノブイリのように気密式の巨大シェルターで覆うべきだ! | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・グローバル核惨事)〕◇ 米国の核基地・ハンフォードで、作業員42人の内部被曝(呼吸・摂取)を確認! 最大「10ミリレム/50年」 ◆ プルトニウム処理工場の解体作業を停止! ★ フクイチもMOX燃料を燃やすなど、プルトニウム汚染が深刻化しているとみられる。防護対策は万全なのか? »

2018-03-23

〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ③ 〕◎ 突然聴こえてきた「男女の会話」を、クリスさんは最初「いたずらか」と思った。しかし「会話」は、一日中、語り続けた。翌朝、目が覚めて5分後、それはまた語り始めた。

Screenshot10385

………………………………………………………………………………………

 ★ クリスさんをからかう「男女の会話」は、その後、一週間、続いた。

 クリスさんは、ロフトの下階(クリスさんは最上階に住んでいた)の住民の「からかい」かと疑ったが、そんなものではなかった。

 自分のロフトのどこへ行っても「声」を防ぐことはできなかった。

 クリスさんに対し、何者かが、その「声」でもって、「アンフェアな気違いじみた権力」を行使していていた。

          *

 I thought it was a prank at first but the two of them just continued talking all day long and then started up again about five minutes after I got up the next morning. I suspected my downstairs neighbors were playing a joke on me but after the conversations continued for a week straight, I realized it was much more than just a practical joke. The sound was impossible to localize or shield against which created the most insanely unfair advantage a person could ever have over another.

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ラモラ・Dさん(米マサチューセッツ州在住、作家、電磁波照射被害に遭いながら、反撃の先頭に立っている)によるインタビュー: Silicon Valley Entrepreneur Reports Neuro-Hacking, Hive-Minding, Brain-Cloning, Bio-Robotizing: Secret, Illegal, & Profoundly Inhumane US Govt. Neuro-Experimentation, Classic CIA Torture(「シリコンバレーの起業家が、神経ハッキング、集合意識化、脳クローニング、身体ロボット化被害をレポート: 秘密の下、無法かつ恐ろしく非人間的な米政府による神経実験と昔ながらのCIAによる拷問)
 (2017年10月14日付け) ⇒ 
https://everydayconcerned.net/2017/10/14/silicon-valley-entrepreneur-reports-neuro-hacking-hive-minding-brain-cloning-bio-robotizing-secret-illegal-profoundly-inhumane-us-govt-neuro-experimentation-classic-cia-torture/ 

………………………………………………………………………………………

【インタビュー 既掲載分】

 ① ◎ それは、いやがらせストーキングのあと、突然、始まった! 「男女の会話」が聴こえて来た!
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skull-.html

          *

 ② ◎ 男女の会話は「ライブ」だと思った。スピーカーのスイッチを入れ、わたしのロフトに放送してくるような感じだった。(防音された)ロフトだったので、なぜ、クリアに聴こえるか不思議だった 
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/voice-to-skul-1.html

Posted by 大沼安史 at 03:13 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66529026

この記事へのトラックバック一覧です: 〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ③ 〕◎ 突然聴こえてきた「男女の会話」を、クリスさんは最初「いたずらか」と思った。しかし「会話」は、一日中、語り続けた。翌朝、目が覚めて5分後、それはまた語り始めた。: