« 〔東電原子力大災害(フクイチ・グローバル核惨事)〕◇ 放射能汚染マップの「空白地帯」とされる東京都心の「Xエリア」は、2011年3月15日に(「定期点検中」であるはずなのに)爆発した「フクイチ4号機・原子炉」から、一気に「直達」した、半減期が短い「超ウラン元素」の核物質(半減期が、時・分・秒・㍉秒単位)で、即日汚染! しばらくして21日前後に首都圏に来たセシウムやヨウ素まじりの放射能雨雲に先行! ◎ 岩田清さんがXエリア(新宿区百人町)での観測データを発掘し、隠蔽された「超ウラン元素被曝」の可能性を警告! | トップページ | 〔「ケムトレイル」による「神経チップ」など「ナノレイン(降り注ぎ)」&「AI電磁波」で、民衆の心と体をコントロール〕◎ 無農薬や有機の野菜・果物でもナノレインにまみれているので洗浄が必要! ナノ銀は男性の・ナノアルミは女性の生殖力を奪う / 「5G」・「もののインターネット」などで、わたしたちのいのちがAI接続操作の恐れ ―― ◎ DEW攻撃にさらされながら闘い続ける米国の作家、ラモラ・Dさんが、わたしたちが直面する実存の危機に警鐘 »

2018-03-18

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ フクシマの未来を決める、おそらくは最も重要な問題は、いまだ語られていない。それは、福島の「帰還困難区域」が日本の最も危険な核廃棄物を引き受けるよう運命づけられていることだ。/17000トンもの原発使用済み核燃料をフクイチ周辺で処分すると政治家が公言するのも時間の問題 ― ◎ 英オックスフォード大学の日本の環境問題専門家、ピーター・カービー博士が、「計算された先送り( saki-okuri)戦略」で「永続化する福島県の植民地化”」の行方を直言・警告 

 ★ 福島県はつまり、このままでは、「原子力ムラ御用達の核の廃棄場」にされるということか!

 

………………………………………………………………………………………

 

Screenshot10269

………………………………………………………………………………………

Screenshot10268
 ★ カービー博士は立命館で准教授をつとめるなどしながら、日本の環境問題をフィールドワークで研究している専門だ。

 そんな博士の目には、「東京」に電力をストレートに送るだけで、リスクは地元に押し付けてきた、(アウトサイダーが地域を己の利益に利用する)「フクシマ植民地化(“colonisation”)」のありかたは、あまりにも無惨に映るようだ。

 しかもそのフクシマ「原子力植民地」は、空前の爆発メルトダウン事故を起こされながら、それにとどまらず、挙句の果ては、日本全国の原発使用済み核燃料の処分地(の少なくとも、ひとつ)にされるだろう――というのだから、フクシマもなめられたものだ。

 そんな福島県について、カービー博士は、「原発ロビー」が「比較的邪魔されずに好きなことができる、稀に見る」場所と見て、その誘惑にもう勝てないような状態だ、とも指摘している。

          *

 ★ 日本政府が鳴り物いりで騒ぎ立てる「イノベーション・コースト」構想も、カービー博士の目には見え透いたものだ。

 ロボットを開発する、ドローンを飛ばす? 人口が密集した日本列島のなかに、自分たちが好き勝手に使える実験場を確保するだけのことではないか、と。

          *

 ★ 「明治150年」の日本は――この「美しい国」は、あまりにも福島をバカにし過ぎだ。(郡山市に本籍を置く東北人として、憤りを感じざるを得ない)

 福島県知事は、政府・東電に対し、使用済み核燃料や汚染土を含め、フクイチからの核廃棄物はすべて回収し、持ち帰れ、と迫るべきだ!

 使用済み核燃料は1本たりとも、県内持ち込みを許さない、と宣言すべきだ!
 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 英紙『ガーディアン』: Is Fukushima doomed to become a dumping ground for toxic waste?
 (16日付け)⇒ 
https://www.theguardian.com/environment/2018/mar/16/is-fukushima-doomed-to-become-a-dumping-ground-for-toxic-waste
 

 ・ Nevertheless, perhaps the single most important element of Fukushima’s future remains unspoken: the exclusion zone seems destined to host a repository for Japan’s most hazardous nuclear waste.

 The state has promised to remove all the contaminated soil from Fukushima after 30 years, and government officials have been scrupulous in insisting that this will be the case – for soil. Yet in a nation with about 17,000 tonnes of highly radioactive spent fuel rods and no willing candidates for secure repositories, it is only a matter of time before it becomes possible for politicians to publicly back the idea of transforming the area around Fukushima Daiichi into a secure repository.

 Government officials, including those tasked with nuclear waste storage, describe the quintessentially Japanese strategy of saki-okuri, or calculated postponement, in the context of nuclear waste storage.

 ・ Proud long-time residents of Fukushima, for their part, see all this development as a continued “colonisation” of the home prefecture by Tokyo – a well-worn pattern of outsiders using the zone for their own purposes, as were the utility representatives and officials who built the ill-fated plant in the first place.

 ・  Such a rare opportunity for relatively unopposed intervention in a struggling area will surely prove irresistible to the nuclear lobby.

 ・ Fukushima has been marginalised, disenfranchised, and outmanoeuvred for decades. After all, the electricity from Fukushima Daiichi went straight to the capital, not to Fukushima itself, which bore the risks. Since 2011, Fukushima has been saddled with the staggering burden of the meltdown’s aftermath that, despite government PR, will encumber and stigmatise its citizens for at least several decades.

 ・ Elsewhere on the robot test field, dilapidated buildings and other ruins would serve as a proving ground for land-based disaster-response robots, which must navigate twisted steel rods, broken concrete and other rubble. Engineered runways and surrounding radiation-hit areas would serve as prime territory for testing parlous aerial drones for a range of purposes in various weather conditions – which would be difficult or impossible to achieve elsewhere in relatively densely populated Japan.

 The planned site for the test field would link with a secluded test area about 13km south along the coast to coordinate test flights over the exclusion zone’s more or less posthuman terrain. 

          *

Screenshot10270

 

     *

Posted by 大沼安史 at 10:20 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ フクシマの未来を決める、おそらくは最も重要な問題は、いまだ語られていない。それは、福島の「帰還困難区域」が日本の最も危険な核廃棄物を引き受けるよう運命づけられていることだ。/17000トンもの原発使用済み核燃料をフクイチ周辺で処分すると政治家が公言するのも時間の問題 ― ◎ 英オックスフォード大学の日本の環境問題専門家、ピーター・カービー博士が、「計算された先送り( saki-okuri)戦略」で「永続化する福島県の植民地化”」の行方を直言・警告 :