« 〔ツイッター発信 大沼安史@BOOgandhi i〕◇ 米国の電磁波照射被害者、マシュー・アーロン博士が、自宅近くのマンション・バルコニーに、写真の「EMP(電磁波パルス)発生装置」に似た、長さ2~3メートルのデバイスがあるのを目撃。直後に照射被曝開始!  | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕★ 安倍首相が東京オリンピック誘致の際、地下水流入を封じ込めると大見得を切り、国際社会に対して「アンダーコントロール」公約をした自慢の「凍土遮水壁」……「1日あたり95トン減」の「半減」(昨年12月から今年2月初めまでの雨が少なかった時期だけの推計)効果しかないことを、東電が発表! ★ 昨年秋の台風時には1日1000トンもの流入! ということは、9・5%の遮水効果! 9割以上もスルー! »

2018-03-08

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 福島県の口太川(二本松市などを経て阿武隈川に流入)で、「目に見える大きさ(可視サイズ)」の“巨大”セシウム・ボールを発見!  ◎ 東大研究チームがサンプル回収! / TBSが報道 ◇ ガラス状、溶けにくいことから「予想としては……そのまま河口を流れて海まで到達している可能性が高い」 ★ 阿武隈水系の水道水などへの混入の危険はないのか? 河口の仙台湾は、フクイチ・セシウム・ボールの排出先、ということか!

Screenshot10001

Screenshot10006

………………………………………………………………………………………

Screenshot10002

Screenshot10014

Screenshot10009

………………………………………………………………………………………

 ★ このセシウム・ボール(ガラス状微粒子)には核燃料破片のウランなどが付着していることが確認されている!

 東電は被曝地全域で、せめて「目に見えるセシウム・ボール」を回収せよ!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ TBS “目に見える”放射性物質の粒、福島の川で確認
 (7日付け)⇒ 
http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3309836.html

 ◎ 口太川 (グーグル地図) ⇒ https://www.google.co.jp/maps/place/%E5%8F%A3%E5%A4%AA%E5%B7%9D/@37.5509372,140.5748945,17z/data=!4m5!3m4!1s0x60207b39ccb18bbb:0xc89e01e00dad7c48!8m2!3d37.5491012!4d140.5730776

 ◎ 以下の地図は、こちら ⇒ http://www.mlit.go.jp/common/000225382.pdf

Screenshot10013

………………………………………………………………………………………
 
          *

 【TBSスクリプト】

  福島第一原発の事故からまもなく7年。福島県内の川で目に見える大きさの放射性物質の「粒」が確認されていたことが分かりました。「セシウムボール」と呼ばれるこの粒子、その正体とは・・・

 東京大学で行われていた「ある物質」を探す作業・・・

 「あります。あった」

 見つかったのは肉眼でもわずかに見える小さな粒でした。拡大して見てみると、ガラス質の物体の姿が現れました。実はこれ、福島第一原発の半径5キロ圏内にある土から見つかった「セシウムボール」です。溶岩のようなもの、丸いもの、細長いものなど形は様々です。

 原発事故では大量の放射性セシウムが放出されました。セシウムは水に溶けやすく、環境中で徐々に薄まっていくと考えられていました。しかし2013年、研究者も想定外の水に溶けにくいセシウムが粒子の形で見つかったのです。最初に丸い形をしていたことから「セシウムボール」と呼ばれています。

 「唯一、肉眼で見えるのではないか」(日本原子力機構〔JAEA〕 佐藤志彦 研究員)

 針の先のような極めて小さい粒。セシウムボールは「水に溶けにくい」ことから、「これまでのセシウムより環境中にとどまりやすいのではないか」と懸念されています。主に福島県内の土から発見されていました。

 さらに、取材を進めると、去年、東京大学の研究チームが福島県北部の川でもセシウムボールを確認したことが新たに分かりました。見つかったセシウムボールは100リットルの水の中に1粒見つかるかどうかと、ごくわずかです。

 「予想としては微粒子(セシウムボール)は、そのまま河口を流れて海まで到達している可能性が高い」(東京大学大学院理学系研究科 高橋嘉夫 教授)

 周辺環境への影響は少ないとみられていますが、水に溶けないまま、土から川に移動しているとみられています。

 「(セシウム)がどういうプロセスでどういう形態で流れるということを知らないと、本当の正しい予測にはつながらない。事故が起きたら、どういうことが起きるのか、なるべく調べて知らせることが我々の義務」(東京大学大学院理学系研究科 高橋嘉夫 教授)

 「溶けにくいセシウムボール」。人への影響を考える上で気になるデータがあります。それは事故の対応にあたった、ある東京電力社員のセシウムの被ばく線量です。「健康に深刻な影響をもたらすことは考えにくい」とされる値ですが、最初の700日までは一定の早さで減るものの、その後、減るスピードが遅くなっていることが分かります。ほかの複数の社員にも同じ傾向がみられ、セシウムボールによる「内部被ばく」があったのか調べています。研究者は「長期的な調査が必要だ」と話します。

 「ずっと(体内に)居続けるとどうなのか。どれくらい取り込まれたかは分かっていないので、引き続き調査していく必要がある」 (放射線医学総合研究所 計測・線量評価部 栗原 治 部長)

 過去の原発事故では見つからなかったセシウムボール。形成過程についての分析は始まったばかりで、東京電力も情報を集め、分析を進めています。

Posted by 大沼安史 at 12:15 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66473152

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 福島県の口太川(二本松市などを経て阿武隈川に流入)で、「目に見える大きさ(可視サイズ)」の“巨大”セシウム・ボールを発見!  ◎ 東大研究チームがサンプル回収! / TBSが報道 ◇ ガラス状、溶けにくいことから「予想としては……そのまま河口を流れて海まで到達している可能性が高い」 ★ 阿武隈水系の水道水などへの混入の危険はないのか? 河口の仙台湾は、フクイチ・セシウム・ボールの排出先、ということか!: