« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 北欧・バルト海地域で断続的に8回、再臨界マーカーの「ヨウ素131」を大気中から検出 ◆ まずフィンランドで1月の第2週、第3週に2回 / 続いて、1月最終週にはノルウェーの首都オスロで。フィンランドの首都ヘルシンキの東方でも検出 ◆ さらに、2月中旬にはノルウェー国内2ヵ所で、また同じころにはフィンランドのカヤニでも検出 ◆ バルト海のエストニアでもヨウ素を検出 ★ フクイチ発の再臨界プルームがジェット気流で北極を経由し、北欧などを直撃しているのではないか! | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・核惨事/死の灰メガ汚染)〕◇ 福島県いわき市の網戸 あちこちに放射線源 元・岡山大学医学部神経内科講師、山口県在住の美澄博雅さんがオートラジオグラフィーで可視化・確認! / 宮城県南で測定活動を続ける三田常義さん(物理学博士、東大助手から帰農)が「こちら宮城の家の中のホコリでも……これほど明瞭、多数はまだ観測て来てません。Cs土壌汚染は宮城と同じレベルと思うので事故時のプルームの違いを反映していると思います」と、いわゆる「セシウム・ボール」プルーム被曝の可能性を示唆 »

2018-03-19

〔アベ政治を許さない!〕【重要】★ 安倍政権による辺野古の海の埋め立て強行は、大拡張(significant upgrades )される米軍・辺野古弾薬庫(以前、核兵器を備蓄)への米軍の核再備蓄を認め、「辺野古を核基地化」し、実質的に「沖縄核武装・前進基地化」を進めるためのものだったのか!? ―― ◇ 安倍首相が、(2009年、米側に「沖縄への核の再配備は“説得力がある”」と伝えたとされる、当時駐米公使の)秋葉剛男氏を、外務次官に任命した意味を米専門家が解説で明らかに!

………………………………………………………………………………………

 ★ 写真はグーグルより(辺野古での抗議行動)

Screenshot10306

………………………………………………………………………………………

 ◇ 辺野古での米軍基地建設プロジェクトには、以前、米軍の核兵器が貯蔵されていた弾薬庫の重大な拡張(アップグレード)が含まれている!

 ◇ Henoko(辺野古)は、1969年の佐藤・ニクソン密約で、こんご米軍の核兵器を日本に再配備する上で、日米双方が容認できる場所(ロケーション)である、との合意がなされたところ。

 ◇ 沖縄への米軍核の再配備は、2009年2月、(日本の外交官)アキバ・タケオ氏が米国の議会調査委員会( the congressional comission)のシュレジンジャー委員(元国防長官)に「私には説得力のあること( “sounds persuasive to me.” )と語っていたものだ。

………………………………………………………………………………………

Screenshot10305

………………………………………………………………………………………

Screenshot10288

          *

Screenshot10285

………………………………………………………………………………………

 ★ 核兵器・原発問題の専門家でつくる「USG(Union of Concerned Scientists)」のブログ・ポストでの、グレゴリー・クラッキーさんの解説記事。

 UCSは、2009年2月25日付で秋葉氏が米議会調査委に提出した声明のコピーと、調査委スタップによる手書きの質疑記録を入手し、クラッキーさんは、それをもとに、辺野古埋め立てを続ける安倍政権の秋葉氏の事務次官任命の背景・狙いをえぐり出した。

 UCS obtained a copy of a statement Mr. Akiba submitted to the congressional commission on 25 February 2009, along with hand-written notes—taken by commission staff—of responses to questions.

          *

 ★ この解説記事で、何といっても驚かされるのは、辺野古での米軍基地新設プロジェクトのなかに、米軍弾薬庫の「重大なアップグレート」が含まれており、そこに1969年の日米密約にもとづき、米軍核兵器の再配備(再備蓄)が行なわれかねない、という指摘である。

 安倍政権が沖縄の人々の反対運動に耳をかさず、「辺野古」の海を埋め立て、強引に基地づくりを進める背景には、普天間の海兵隊を移すだけでなく、実は辺野古を「核攻撃基地」する狙いが込められている……そう結論づけるしかない、解説記事である。

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ 憂慮する科学者同盟(UCS): Nuclear Hawks Take the Reins in Tokyo(核のタカ派が東京を支配)
 (2月16日付け)⇒ 
https://allthingsnuclear.org/gkulacki/nuclear-hawks-take-the-reins-in-tokyo

………………………………………………………………………………………

 ・ Prime Minister Abe recently promoted one of the officials who testified to the commission in 2009, Takeo Akiba, to the top bureaucratic post in Japan’s Ministry of Foreign Affairs.  Mr. Akiba and the rest of the LDP’s nuclear hawks may have had to wait a long time to get what they wanted, but their view of the role of US nuclear weapons in Asia is about to become official US government policy.

 ・UCS obtained a copy of a statement Mr. Akiba submitted to the congressional commission on 25 February 2009, along with hand-written notes—taken by commission staff—of responses to questions. That statement, titled “Japan’s Perspective on the U.S.’s Extended Deterrence,” makes two primary requests……

 ・ But despite these concerns about Japanese public opinion, Akiba told Schlesinger that preparing to return US nuclear weapons to the Japanese island of Okinawa “sounds persuasive to me.”

 ・ ……The final reason Okinawa might sound persuasive to Mr. Akiba is that the United States is building a new military base in the Okinawan village of Henoko. The project includes significant upgrades to a munitions storage depot, adjacent to the new base, where US nuclear weapons were stored in the past. Henoko is specifically mentioned in the 1969 Nixon-Sato agreement as a mutually acceptable location for the possible redeployment of US nuclear weapons in Japan. 

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 参考 産経新聞 :外務省・秋葉剛男次官体制スタート 安倍晋三首相と対中観共鳴…問われる手腕
 (1月19日付け)⇒ 
http://www.sankei.com/politics/news/180119/plt1801190050-n1.html

 ………………………………………………………………………………………

 ◎ 同 琉球新報  :沖縄核貯蔵提案「説得力ある」 米議会聴取に秋葉外務次官、09年に発言  メモ存在も本人は否定
 (6日付け)⇒ 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000003-ryu-oki

………………………………………………………………………………………

◇ 辺野古浜通信 密約本文…核兵器の貯蔵地、すなわち嘉手納、那覇、辺野古…
 (2009年12月22日付け)⇒ 
http://henoko.ti-da.net/e2673493.htm

Screenshot10304

Posted by 大沼安史 at 04:49 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔アベ政治を許さない!〕【重要】★ 安倍政権による辺野古の海の埋め立て強行は、大拡張(significant upgrades )される米軍・辺野古弾薬庫(以前、核兵器を備蓄)への米軍の核再備蓄を認め、「辺野古を核基地化」し、実質的に「沖縄核武装・前進基地化」を進めるためのものだったのか!? ―― ◇ 安倍首相が、(2009年、米側に「沖縄への核の再配備は“説得力がある”」と伝えたとされる、当時駐米公使の)秋葉剛男氏を、外務次官に任命した意味を米専門家が解説で明らかに!: