« 〔『記者の目』 毎日新聞・西田真季子さん〕◇ 実情無視の生活保護費引き下げ 「最低所得層が基準」は不当 / 生活保護制度の根拠は、憲法25条の「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という条文だ。どんな障害や困難を抱える人も、この条文に合う生活ができる基準引き下げなのか、再考してほしい。 | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 昨年4~5月、浪江町の十万山で発生、山林約75ヘクタールを焼いた大規模山火事による「放射性物質の飛散・流出による影響は確認できなかった」! / 4日、三春町での「第1回福島県環境創造シンポジウム」で、放射能山火事の「環境影響を調査してきた日本原子力研究開発機構(JAEA)と国立環境研究所、県」が「確認できず」を「結論」として発表! ★ 地元市民団体はリネン(亜麻布)などを山麓などに設置し、とっくに飛散放射能を検出確認! それを「確認できず」で幕引きとは! »

2018-03-07

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 福島県産の鮮魚(ヒラメ100キロ、マガレイ10キロ)、タイに初輸出 / バンコクの日本料理店向け ◆ タイの環境団体が反発し、タイ政府へ、福島産鮮魚を出す日本料理店の公表などを要求! タイ国憲法が保障する消費者の権利、安全情報取得の権利をもとに申し入れ ★ トラブルが起きたら、東電は全量買い取りし、バンコクに12店あるという日本料理店の損失補てんをすべきではないか?

Screenshot9980

Screenshot9983

Screenshot9981

………………………………………………………………………………………

  これで東電がタンク汚染処理水の太平洋投棄を始めたら、さらに大変なことになる。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 福島民友 : タイへ飛ぶ!常磐もの「ヒラメ」 福島県産鮮魚、期待の初輸出
 (1日付け)⇒ 
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180301-248260.php

 ・ 本県沖で水揚げされた高級魚介類「常磐もの」代表格のヒラメのタイへの輸出が28日、始まった。相馬沖で取れたヒラメやマガレイ、タコを今月末まで1トンを目標に空輸する。2日にもタイの日本料理店で提供される。県産鮮魚の輸出は震災前を含めて初めて。

 県や相馬市の水産卸業者が(2月)28日、ヒラメ100キロ、マガレイ10キロをタイに出荷した。バンコクの日本料理店12店舗で使用される。現地では今月末まで日本産食材を使用した料理の販売イベントが開かれ、期間中20~30店舗で県産ヒラメなどが使用される予定。終了後も輸出は継続される見込みで、県は今後、マレーシアやインドネシアなどにも輸出する方針。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ バンコク・ポスト: Activists oppose imports of fish from Fukushima
 (6日付け)⇒ 
https://www.bangkokpost.com/news/general/1423391/activists-oppose-imports-of-fish-from-fukushima

 ・ A group campaigning to help prevent global warming has demanded the Food and Drug Administration disclose the name of the importer of fish from Fukushima and of the Japanese restaurants in Bangkok serving... 

 ◎ バンコク・ポスト(ラーニング): Fukushima fish cause a big stink
 (7日付け)⇒ 
https://www.bangkokpost.com/learning/advanced/1423890/fukushima-fish-cause-a-big-stink

 Consumer advocacy groups have called on the authorities to give the names of 12 Japanese restaurants that serve fish imported from Fukushima in Japan for the sake of public safety.

 The demand came despite Thai authorities asserting that the imported fish is safe for human consumption.

 According to a recent news report by the Japan Times, Thailand is the first country to import fish from the area since the March 2011 nuclear crisis in the area.

 A 110kg shipment of fresh flatfish was sent to Thailand from a port in Soma on Friday, to be served at 12 Japanese restaurants in Bangkok.

Posted by 大沼安史 at 04:34 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66470359

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 福島県産の鮮魚(ヒラメ100キロ、マガレイ10キロ)、タイに初輸出 / バンコクの日本料理店向け ◆ タイの環境団体が反発し、タイ政府へ、福島産鮮魚を出す日本料理店の公表などを要求! タイ国憲法が保障する消費者の権利、安全情報取得の権利をもとに申し入れ ★ トラブルが起きたら、東電は全量買い取りし、バンコクに12店あるという日本料理店の損失補てんをすべきではないか?: