« 〔森友文書・改竄スキャンダル〕◇「アベのワイフにつながるスキャンダルで、日本政府が記録文書を改竄」――◎ 米政府放送(VOA)がAP電を世界拡散報道 ★ 添付された写真に、あの東欧の独裁者夫婦の運命を思い出す人も、世界には、少なからずいるだろう! | トップページ | 〔東電原子力大災害(グローバル・メガ核惨事)〕◇ フクイチ上空で雲が消える現象は、いわゆる、中性子線による「ウィグナー効果」によるものではないか? ―― ◎ 「3・11」7周年を前に、米国のウクイチ・ウォッチャー、「オーガニック・スラント」さんが問題を提起! ★ 沖合の雲の流れはなかなか消えないが、手前の雲はたしかに次々に消えていく! 専門家による分析が必要だ! »

2018-03-13

【ご報告 更新】 (滋賀県湖南市・自宅) これまで2年近く(引っ越して来てからずっと)、2階にあがると必ず、シャシャシャーッと猛烈な電磁波照射体感があり、苦しくて短時間しかいることができなかったが、いまそれが消えた! 政治情勢の変化と関係するかも? 様子を見ます! ⇒ しかし、残念ながら、結局は、ぬか喜びに! 

  いま(午後4時過ぎ)試しに、2階にあがってみた。

 朝にはおさまっていた強烈な不快感(フラフラ感)がしっかり復活していた。

 恐ろしい人たち(組織)だ!

 政治が変わるのを――完全に変わりきるのを、待つほかないようだ。

Posted by 大沼安史 at 10:33 午前 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66491652

この記事へのトラックバック一覧です: 【ご報告 更新】 (滋賀県湖南市・自宅) これまで2年近く(引っ越して来てからずっと)、2階にあがると必ず、シャシャシャーッと猛烈な電磁波照射体感があり、苦しくて短時間しかいることができなかったが、いまそれが消えた! 政治情勢の変化と関係するかも? 様子を見ます! ⇒ しかし、残念ながら、結局は、ぬか喜びに! :