« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)7周年へ〕◇ 福島県外のこどもたちに甲状腺癌、重症化の傾向! 甲状腺摘出後、再発の危険性が高いとして放射性ヨードを服用する「アイソトープ治療」を受けたのは福島県内2人(2%)に対し、県外が11人(37%)にも―― ◎ NPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」が発表! ★ 甲状腺検査は本来、政府(そして東電)が福島県を含む被曝地全域で実施すべきことだ! 「被曝はフクシマだけ」と印象操作する「福島限定検査」は、卑劣な「差別」である! | トップページ | 〔虐殺された「従軍慰安婦」の集団埋葬地の撮影フィルムが米公文書館で発見され、ソウルの「性奴隷」問題の日中韓国際会議でビデオ上映公開〕◎ 米誌「ニューズウィーク(NW)」も「コリア・タイムズ」記事を転載報道 / 「裸の女性グループの遺体を放置」  ◇ 1944年9月15日、ビルマ(ミャンマー)国境に近い中国・雲南省の騰衝(Tengchong)で、(同地を解放後)米中連合軍の米軍撮影班兵士によって撮影!/ 2日前、13日に日本軍が朝鮮の少女( 30 Korean girls )を射殺――との米軍レポートも! »

2018-03-02

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)7周年へ〕◇ 福島県内在住の84人について術後の経過を調べたところ、9.5%にあたる8人が癌を再発し、再手術! ◎ NPO「3・11甲状腺がん子ども基金」が支援するこどもたちの厳しい状況を踏まえ、福島県の検討委員会での「再発」検証を求める! ―― ◎ NHKが地元、福島ローカルで報道! ◇ NHKワールドも国際社会に実態を告知報道!

Screenshot9902

 ★ こんな状況で、「美と健康の祭典=東京オリンピック」を強行する安倍政権に対して――史上最悪の連続爆発メルトダウン・原子力大災害を引き起こし、死の灰を撒き知らして人びとに吸わせた東京電力の電気で開催される東京オリッピックというものの偽善性に対して、全世界の人びとから……、そしてとくにアスリートたちからも、怒りと批判が強まっていくだろう!

………………………………………………………………………………………

Screenshot9898

Screenshot9900

………………………………………………………………………………………

 ★ NHKが、とうとう(?)猿ぐつわを外し(外され?)、ついに甲状腺癌問題をしっかり報道し始めた。

 遅すぎることだが、公共放送として頑張ってほしい。

 お願いがある。

 「7周年」に向けて、福島医大関係者は服用したけれど、福島県民のほとんどが服用の機会を奪われた安定ヨウ素剤問題の全面真相解明に取り組んでほしい!

 わたしは福島医大関係者以外にも、こっそり自分たちだけ服用していた連中がいるに違いないと踏んでいる!

 暴き出す必要がある!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHK 福島 NEWS WEB : “子ども甲状腺がん再発検証を”
 (1日付け)⇒ 
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180301/6050000265.html

 ・ 民間の基金、「3・11甲状腺がん子ども基金」が原発事故後に甲状腺がんやがんの疑いと診断され、支援している子どものうち福島県内に住んでいた84人について術後の経過を調べたところ、9.5%にあたる8人ががんを再発して、甲状腺を摘出などの再手術を受けていたことがわかっています。

1日、基金が東京都内で記者会見し、8人は事故当時6歳から15歳で、最初の手術からもっとも早い人で1年後、平均すると2年4か月後と短い期間でがんを再発していることを明らかにしました。
その上で基金は、福島県の検討委員会では再発について議論が行われていないとして、再発の状況を詳しく検証するべきだと訴えました。

          *

 ◎ NHKワールド : Thyroid cancer relapses in some Fukushima children(甲状腺癌、何人かの子どもたちで再発)
 (1日付け) ⇒ 
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/20180301_24/

          *

 ・ A private fund offering financial assistance to young people diagnosed with thyroid cancer after the 2011 Fukushima nuclear accident has called for a detailed follow-up survey of those who have relapsed.

 ・ A survey conducted by the fund shows that cancer returned to 9.5 percent, or 8, of 84 children diagnosed with thyroid cancer after the accident. They had to undergo second operations as a result.

The fund says the 8 people were 6 to 15 years old at the time of the accident 7 years ago. Their cancers returned about 28 months on average after their first surgeries. One relapse occurred just a year later.

Posted by 大沼安史 at 10:11 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)7周年へ〕◇ 福島県内在住の84人について術後の経過を調べたところ、9.5%にあたる8人が癌を再発し、再手術! ◎ NPO「3・11甲状腺がん子ども基金」が支援するこどもたちの厳しい状況を踏まえ、福島県の検討委員会での「再発」検証を求める! ―― ◎ NHKが地元、福島ローカルで報道! ◇ NHKワールドも国際社会に実態を告知報道!: