« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 《 よく見ると、1号機爆発では、「水蒸気を含む重たい煙――これが放射能を含んだ、いわゆるプルームといわれる雲」が地上をずうっと這っていくのが見える 》 ―― ◎ 元日本テレビ解説主幹で科学ジャーナリストの倉澤治雄さんが日テレの特集「7年目の福島第一原発」で指摘! ★ 1号機爆発の際、放出された放射能プルームは画面左、つまり北側に、地を這うように放出されていた! その先で、どのくらいの人々が直撃プルームに巻き込まれたことか! | トップページ | 〔東電原子力大災害 7周年〕◇ スイス・ジュネーブで国連人権理事会で証言する、いわゆる「自主避難者」、森松明希子さんへの支援署名、本日締切 / 「 避難してもしなくても、最悪の状況下での最善の選択として、被害者それぞれの決断は尊重されるべきです」 »

2018-03-10

〔ご報告 ―― 苦しい状況が続いています〕◎ 滋賀県湖南市の自宅と、近くの「空き家」を結ぶ線(帯)上にある、我が家の庭の「寒椿」が異様な枯れ方(お隣のお庭の寒椿は正常です) / ドライブ・レコーダー(監視カメラ)が偶然、壁の向こうの「異様な物体」を写し出していた「空き家」の同じ箇所(単なる家の外壁)に、手持ちのガラケーが(これまた偶然に)「円状のもの」を壁越しに写し出していました!

Screenshot10074

Screenshot10075

………………………………………………………………………………………

 ★ 見にくいのですが、たんなる白い「外壁」の、何もないところに、円状のものがガラケーのカメラに写っているのに気づきました。

 以前、ドライブレコーダーのカメラが偶然、「異様なもの」を映し出したのと同じところ。

          *

Screenshot10078
………………………………………………………………………………………

Screenshot8793_2

………………………………………………………………………………………

 ★ 上記の「枯れた寒椿」は、この「空き家」の外壁(の問題箇所)と、我が家を繋ぐ線(帯)上にあります

 この線上の我が家の室内では、そこにFMラジオを置くと、雑音が入って聴衆不能、もしくは聴取困難になります。

 (この滋賀県湖南市に避難する前、1年間、過ごした山形市の賃貸マンションでは、お隣の部屋に持って行き、完全に平常に聴こえることを確かめたFMラジオを、わたしたちの部屋に〔直線距離では2メートルもないのに〕持って帰ると、なぜか全く聴こえなくなる異常な事態になりました。同時に、室内にいると、ジリジリ居ても立ってもいられない苦しさと不快感を覚えるようになり、耐え切れず、滋賀に引っ越した次第です。それが今、同じような状況になってきた、あるいは、なりつつある――というのが現状です)

 また、自宅室内ではガンマ線の線量計が最高0・5マイクロシーベルト/時を計測するなど、異常値を検出しています。

 仙台の友人(東北大学原子力工学科卒)と、山口県在住の「一路先生」(高専元教授)によれば、中性子線照射による「放射化」で、線量計に異常値が出ている可能性がある、とのことです。

          *

 ★ 吐き気、頭痛など異様な体感が続いています。 

 万が一、中性子線が照射されているとなれば、私たち以外にも被害者が出る恐れがあるので、市民の義務として警察にも知られています、わたしたちにとって、最大の「味方」は、みなさんです。

 見守っていただくだけで結構です。

 このような状況にあること、ご理解していただけで幸いです。

          *

 ★ こうした事態ですが、このブログ、意地でも、やれるところまで続けていくつもりです。

 (昨夜、午前0時過ぎ、東電のフクイチ・ライブカメラを覗いたら、既報の通り、ストロボを焚きつづけるような異様な状態になりました。

 動画スクショ・ソフトも導入したので、フクイチ・ウォッチィング、これから、時間の許す限り、シッカリと続けていきますが、みなさんも時々、ご覧になってください。)

 よろしく、お願いします。

 ご心配をおかけして、申し訳わりません。

Posted by 大沼安史 at 01:20 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66480114

この記事へのトラックバック一覧です: 〔ご報告 ―― 苦しい状況が続いています〕◎ 滋賀県湖南市の自宅と、近くの「空き家」を結ぶ線(帯)上にある、我が家の庭の「寒椿」が異様な枯れ方(お隣のお庭の寒椿は正常です) / ドライブ・レコーダー(監視カメラ)が偶然、壁の向こうの「異様な物体」を写し出していた「空き家」の同じ箇所(単なる家の外壁)に、手持ちのガラケーが(これまた偶然に)「円状のもの」を壁越しに写し出していました!: