« 〔東電原子力大災害 7周年〕◇ スイス・ジュネーブで国連人権理事会で証言する、いわゆる「自主避難者」、森松明希子さんへの支援署名、本日締切 / 「 避難してもしなくても、最悪の状況下での最善の選択として、被害者それぞれの決断は尊重されるべきです」 | トップページ | 〔東電原子力大災害 7周年〕【毎日新聞】◇ 「現役職員だけでなくOBである自分にも、決して許されることのない大罪を起こした責任がある」―― ◇ 「11日で7年。犠牲者の鎮魂と東京電力福島第1原発事故の謝罪のため、元同原発副所長で山伏の増田哲将(のりまさ)さん(80)=長野市=は毎年、東北への行脚を続けている」★ 勝俣氏ら謝罪行脚を始めるべきだ! »

2018-03-11

〔東電原子力大災害 7周年〕◇ 《 グリーンピース、「福島原発付近の放射能汚染は22世紀まで継続」調査結果を報告 》―― ◇ 飯舘村の一部で、2015年より、さらに高い放射線を測定 再汚染の恐れ / 浪江の学校近くの森で、10ミリシーベルト。「、除染作業が生徒たちの被曝の危険を大きく減らすことはできなかったことが分かった  ◎ 韓国『ハンギョレ新聞』が日本語で報道! ★ 韓国の日本語報道で、知る悲しさよ!

Screenshot10082_2

………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ (2日付け)⇒ http://japan.hani.co.kr/arti/politics/29921.html

 ・ 今回の調査チームを率いたグリーンピース・ベルギー事務所の専門家ヤン・バンダ・プッタ氏は「戻った市民らの状況は、毎週一回胸部レントゲンを撮るのと同じだ。これは容認できない深刻な人権侵害だ」と話した。

 ・ グリーンピースは、このような調査結果が日本政府が設定した除染目標(年間1ミリシーベルト、時間当たり0.23マイクロシーベルト)が、避難指示をすでに解除した地域では少なくとも21世紀半ばまで、まだ避難区域である地域では22世紀まで、達成されるのは難しいということを示すものだと明らかにした。

Posted by 大沼安史 at 09:38 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66483197

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害 7周年〕◇ 《 グリーンピース、「福島原発付近の放射能汚染は22世紀まで継続」調査結果を報告 》―― ◇ 飯舘村の一部で、2015年より、さらに高い放射線を測定 再汚染の恐れ / 浪江の学校近くの森で、10ミリシーベルト。「、除染作業が生徒たちの被曝の危険を大きく減らすことはできなかったことが分かった  ◎ 韓国『ハンギョレ新聞』が日本語で報道! ★ 韓国の日本語報道で、知る悲しさよ!: