« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕◇ 今月(3月)26日夜も、「閃光(スパーク)」が連続(断続)して発生 午後9時台・1時間だけで、17発も確認 ―― ◎ 米国のウォッチャーが東電ライブカメラ画像をスクショ ★ ウォッチャー氏が「閃光は『チェレンコフの光(Cherenkov radiation)』」と指摘 / フクイチは「アウト・オブ・コントロール」状態ではないか?  | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ 北海道周辺海域のマダラ(Pacific cod、Gadus macrocephalus)のうち太平洋産だけが放射性セシウムに汚染(2011~2015年)/ 同オホーツク・日本海産からは検出されず ◆ 太平洋被曝タラは、「フクイチ沖合の汚染海域を移動」(moved through the contaminated area off the FDNPP)の可能性!  »

2018-03-31

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕◇ 2013年9月7日のIOC総会で安倍首相が国際社会に確言し、「東京五輪誘致」となった「汚染水、港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロック」――を完璧に否定する福島大学・青山道夫教授の「今も外洋(原発港湾外)に1日約20億ベクレル漏れている」研究発表が、共同通信英文電(ジャパン・タイムズ掲載)で国際社会に拡散開始! / 米有力科学メディアの『インヴァース』も速報

 ★ 安倍首相は国際社会に謝罪すべきではないか? モリトモのように、何者かによる「改竄」で済ませられることではない。

………………………………………………………………………………………

Screenshot10539

Screenshot10538

………………………………………………………………………………………

Screenshot10505
………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ ジャパン・タイムズ : Seven years on, radioactive water at Fukushima plant still flowing into ocean, study finds / Kyodo
 (29日付け)⇒ 
https://www.japantimes.co.jp/news/2018/03/29/national/seven-years-radioactive-water-fukushima-plant-still-flowing-ocean-study-finds/#.Wr7r3rn_o5s

 ・ More than seven years after the March 2011 Fukushima nuclear crisis, radioactive water is continuing to flow into the Pacific Ocean from the crippled No. 1 plant at a rate of around 2 billion becquerels a day, a study has found.

………………………………………………………………………………………

 ◎ インヴァース: Radioactive Water From Fukushima Is Still Flowing Into the Pacific Ocean
 (29日付け)⇒ 
https://www.inverse.com/article/42980-fukushima-disaster-radioactive-water

 ・ On Wednesday at the 2018 annual meeting of the Atomic Energy Society of Japan, Michio Aoyama, Ph.D., announced that radioactive water surrounding the plant’s damaged Unit 1 is flowing into the Pacific Ocean at a rate of approximately 2 billion becquerels a day. Aoyama, who is a professor at the Institute of Environmental Radioactivity at Fukushima University, had previously said the flow was a rate of 30 billion becquerels in 2013.

………………………………………………………………………………………

 ◎ 本ブログ既報: 2018-03-29 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の現実〕◇ 「東京電力福島第1原発の汚染水問題で、放射性物質セシウム137が今も外洋(原発港湾外)に1日約20億ベクレル漏れているとする研究結果を福島大学環境放射能研究所の青山道夫教授が28日、大阪府で開かれた日本原子力学会で発表した」 ★ 太平洋へセシウム137だけで1日20億ベクレル 年間では7300億ベクレル / トリチウムなど、他の核種はどうなのか? 安倍首相の「アンダーコントロール」国際公約違反が確定!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/03/post-2dd2.html

Posted by 大沼安史 at 11:38 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66557651

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)8年目の今〕◇ 2013年9月7日のIOC総会で安倍首相が国際社会に確言し、「東京五輪誘致」となった「汚染水、港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で完全にブロック」――を完璧に否定する福島大学・青山道夫教授の「今も外洋(原発港湾外)に1日約20億ベクレル漏れている」研究発表が、共同通信英文電(ジャパン・タイムズ掲載)で国際社会に拡散開始! / 米有力科学メディアの『インヴァース』も速報: