« 〔アベ政治を許さない!〕【重要】★ 安倍政権による辺野古の海の埋め立て強行は、大拡張(significant upgrades )される米軍・辺野古弾薬庫(以前、核兵器を備蓄)への米軍の核再備蓄を認め、「辺野古を核基地化」し、実質的に「沖縄核武装・前進基地化」を進めるためのものだったのか!? ―― ◇ 安倍首相が、(2009年、米側に「沖縄への核の再配備は“説得力がある”」と伝えたとされる、当時駐米公使の)秋葉剛男氏を、外務次官に任命した意味を米専門家が解説で明らかに! | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・グローバル・メガ核惨事〕◇ 「トモダチ作戦」で洋上被曝した米空母「ロナルド・レーガン」水兵ら200人が、東電と米企業1社(★ 原子炉を製造した「GE」ではないか?)を相手取り、10億ドル(約1060億円)の基金創設を求め再提訴! / サイジエゴとワシントンDCの連邦裁判所へ / ことし1月に提訴を却下された2次訴訟の原告らが、再び訴え(1次訴訟は継続中) »

2018-03-20

〔東電原子力大災害(フクイチ・核惨事/死の灰メガ汚染)〕◇ 福島県いわき市の網戸 あちこちに放射線源 元・岡山大学医学部神経内科講師、山口県在住の美澄博雅さんがオートラジオグラフィーで可視化・確認! / 宮城県南で測定活動を続ける三田常義さん(物理学博士、東大助手から帰農)が「こちら宮城の家の中のホコリでも……これほど明瞭、多数はまだ観測て来てません。Cs土壌汚染は宮城と同じレベルと思うので事故時のプルームの違いを反映していると思います」と、いわゆる「セシウム・ボール」プルーム被曝の可能性を示唆

 ★ 北関東・首都圏などプルーム通過コースの「網戸」は、貴重な測定サンプルだ! 

………………………………………………………………………………………

Screenshot10314

………………………………………………………………………………………

 ★ 被曝回避のため、手弁当で測定活動を続ける、そのほかの市民科学者のみなさん(たとえば、この情報をツイート発信してくださった八木明々さん)にも、敬意と感謝!

          *

 ★ 「網戸に死の灰」……それにしても、恐ろしいことだ。

 網戸がホットパーティクルを捕捉する、ということは、わたしたちの肺もまた、とらえるのではないか?

          *

 ★ 乳歯もそうだが、「網戸」も被曝証明になりうるとは気付かなかった!

 証拠保全と組織的な測定作業が求められている。

………………………………………………………………………………………

 

〔★は大沼〕 ◎ 美澄博雅さんのツイート報告 ⇒ https://twitter.com/hiroma_misumi/status/975645279998304256

………………………………………………………………………………………

 ◎ 美澄さんから知らせを受けた八木明々さん(福島県浜通りより菌類等の汚染状況を発信)がツイート ⇒ https://twitter.com/nrg34331/status/974644671006760960

Screenshot10315

………………………………………………………………………………………

 ◎ 八木さんのスレッドのなかの、三田常義さんのツイート 

Screenshot10316_2

………………………………………………………………………………………

 ◎ 美澄博雅さん(元・岡山大学医学部神経内科講師、山口県在住) : 本ブログ既報 2017-03-13〔フクイチ・メガ核惨事 7年目へ〕◎ 美澄博雅さん(元・岡山大学医学部神経内科講師、山口県在住)が、避難指示「解除」地域など被曝地で「オートラジオグラフィー」フィールドワークを継続! /「生き物には高エネルギーのγ光子、電子を浴びない地球の歴史的権利がある」! それなのに、見た目、美しい場所が、実は、こんなありさま! ★ 「オートラジオグラフィーが写し出す、被曝地、死の灰の風景」  ★ 「除染の節目は越えた」……だって??? いい加減にしろ!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/03/post-dc18.html

          *

………………………………………………………………………………………

 ◎ 三田常義さん HP ⇒ http://astroy.web.fc2.com/idx/RadiationFallout.html

 

Screenshot10317◎ 三田さんについては ⇒ http://www.senshu.phys.tohoku.ac.jp/dousou/vol8.html

Screenshot10318 ◎ 三田さんたちの放射能測定室「てとてと」は ⇒ 

http://sokuteimiyagi.blog.fc2.com/

Posted by 大沼安史 at 09:18 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・核惨事/死の灰メガ汚染)〕◇ 福島県いわき市の網戸 あちこちに放射線源 元・岡山大学医学部神経内科講師、山口県在住の美澄博雅さんがオートラジオグラフィーで可視化・確認! / 宮城県南で測定活動を続ける三田常義さん(物理学博士、東大助手から帰農)が「こちら宮城の家の中のホコリでも……これほど明瞭、多数はまだ観測て来てません。Cs土壌汚染は宮城と同じレベルと思うので事故時のプルームの違いを反映していると思います」と、いわゆる「セシウム・ボール」プルーム被曝の可能性を示唆: