« 〔放射線による遠隔攻撃は、やはりリアルなものだった!〕◆ 全米の遠隔攻撃被害の実態を調査している、テキサス州在住のジョン・ホール医師が明らかに! ★ 山口県在住の元高専教授「一路先生」や、元岡山大学の物理学者、中西孝充さん(岡山県在住)は専用検出器での測定結果をもとに、中性子線攻撃を訴えている。米国でもおそらく、射程が長く、強力な透過貫通力のある「中性子線」攻撃が行なわれているのだろう。 | トップページ | 〔東電原子力大災害〕◇ 14日深夜(午後11時15分10秒すぎ~ )、フクイチ核惨事現場付近に、「隕石」が落下 地表70Mほどで消滅 ◎ 米国のウォッチャーがライブカメラ映像(動画)を《ViMEO》で公開 ★ フクイチには昨年11月3日午後5時53分に、隕石が落下したばかり(これも同じウォッチャーによってスクショ公開)! どうして、こうも続くのだろう? 核燃プールなどに直撃弾を浴びたら、たいへんなことになる! »

2018-03-16

〔東電原子力大災害(フクイチ・グローバル核惨事)〕◇ アラスカ沖のサーモン、オヒョウの放射能 2012年以降、27%超の増加!(減少ではなく)―― ◎ 「7周年」を前に、現地で測定活動を続ける「Bill Laughing-Bear」から、衝撃の報告! / とくに底魚のオヒョウからの放射能検出は、アラスカの海岸線で蟹、ラッコ、ヒトデ、海鳥の死体の打ち揚げの謎を解くものだとの警告も 東電の「凍土遮水壁」の失敗にも言及 

 ★ 減るはずの放射能汚染が逆に増え続けている!

  「フクイチ海洋プルーム」の脅威が深刻化している。

………………………………………………………………………………………

Screenshot10215

 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ The Big Wobble : Fukushima the disaster that changed our world forever: 27% increase of radiation levels found in salmon and halibut off the coast of Alaska
 (12日付け)⇒ 
http://www.thebigwobble.org/2018/03/fukushima-disaster-that-changed-our.html

 ・ In my attempts to find what constitutes safety levels of radiation, official agencies do not seem to be able to agree on just what those safety levels are. I will say that I have found an increase of over 27% of radiation levels since around 2012. So whether the data I have observed is minimal or should be alarming, it is definitely building every year.

 ・ Last year I checked my first halibut which came from local waters. It, too, registered radiation. Since halibut are bottom feeders, I thought this might explain why, on my walks along the beach and seeing at various times dead crab, the occasional sea otter, and a couple of times more jelly fish than I could count, not to mention numerous birds. 

Posted by 大沼安史 at 08:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・グローバル核惨事)〕◇ アラスカ沖のサーモン、オヒョウの放射能 2012年以降、27%超の増加!(減少ではなく)―― ◎ 「7周年」を前に、現地で測定活動を続ける「Bill Laughing-Bear」から、衝撃の報告! / とくに底魚のオヒョウからの放射能検出は、アラスカの海岸線で蟹、ラッコ、ヒトデ、海鳥の死体の打ち揚げの謎を解くものだとの警告も 東電の「凍土遮水壁」の失敗にも言及 :