« 〔米国の元IT企業家、クリス・バートンさんが、地獄の「V2K(Voice to Skull 脳内送信・コントロール)」被害体験を、ラモラ・Dさんのインタビューに応え、全告白 ④ 〕◎ 聴こえてくる男女の「会話」は用意周到なものだった。クリスさんのビジネスがらみの人間関係のいやがらせ(これは現実)から始まった「会話のストーリー・ライン」は、まるで昔のラジオ番組か、テレビのソープ・オペラのようだった。 | トップページ | 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕【異常現象の記録】◇ 2015年9月12日午後9時過ぎ、4号機側ライブカメラが、赤紫などの発光現象をとらえる ―― ◎ 米国のウォッチャーが動画を公開! ★ 山口県の工学者、「一路先生」は中性子線のシンチレーションではないか、と見ているのだが!? »

2018-03-26

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ あの「9・11」同時多発テロのあと、米政府は日本側に対し、「B.5.b」と呼ばれる米国の新基準に対応した、原発ブラックアウト(外部電源喪失)対策を求めていたが、無視されていた! ―― ◎ 米国のカネーギー国際平和財団の報告書『なぜフクシマは防ぐことができるはずだったか』のなかで、米国の原発安全専門家が言明!

 ★ 2011年の「9・11」後、日本側には9年近くの対応時間があったはずだ。

 日本側の誰が(東電が?経産省が?)、なぜ、「無策」を決定したか? 

 当時の経過は今後、裁判・報道を通して徹底検証されるべきだ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot10436_2

………………………………………………………………………………………

 ★ 航空機の体当たりテロにも耐えうる原発防護策には、当然ながら、非常用電源(ディーゼル発電機)の高所など安全な場所への分散配置も、最低限の基本対策として含まれていたことだろう。

 それさえもしなかった日本!

 責任者は誰だ? 出て来い!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ カーネギー報告書 : Why Fukushima Was Preventable
 (2012年3月6日付け) ⇒ 
http://carnegieendowment.org/2012/03/06/why-fukushima-was-preventable/a0i7

          *

 Despite this, one Japanese executive asserted that, compared to Japan, the post-9/11 reinforcement of power supply systems in the United States was considerable. Compared to the United States and Europe, he said, “In Japan there has been no large-scale  reinforcement [of power supplies] against a station blackout.”

  One U.S. safety expert said that after 9/11 the U.S. government had encouraged Japan to implement similar measures, and that post-Fukushima inspections at some U.S. nuclear power plants demonstrated that those plants had made B.5.b upgrades that might have saved the reactors at Fukushima Daiichi. 

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連参考 : 福島第一原発事故は米国のテロ対策「B5b」で防げたか? 奥山俊宏さん
 ⇒ 
http://judiciary.asahi.com/articles/2012012600008.html

 ・ テロリストによる破壊工作を想定して米国の原発に備えられた準備の数々は具体的で実践的だ。それと同様の準備がもし日本の原発にあれば、福島第一原発の事故の拡大は防ぐことができた可能性が高い。

Posted by 大沼安史 at 12:06 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66540081

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)〕◇ あの「9・11」同時多発テロのあと、米政府は日本側に対し、「B.5.b」と呼ばれる米国の新基準に対応した、原発ブラックアウト(外部電源喪失)対策を求めていたが、無視されていた! ―― ◎ 米国のカネーギー国際平和財団の報告書『なぜフクシマは防ぐことができるはずだったか』のなかで、米国の原発安全専門家が言明!: