« 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)7周年へ〕◇ 冬の北海に面した、トーネス( Torness )原発(英スコットランド)の冷却水系を海藻が襲い、2機あるうち1機がシャットダウン! / 2013年にも海藻づまり/ 2011年にはクラゲ来襲 ―― ★ 日本の原発もすべて臨海原発。海藻・クラゲ対策は万全か? | トップページ | 〔山本太郎さんが5日の参議院予算委の質疑で、「官僚の皆さん」と、全省庁の職員に呼びかけ〕 ◎ 「この内閣についていく、そのつもりでたくさんの工作に関わっていたとしたら、官僚の皆さん、もうやめたほうがいいですよ。価値がないです。一緒に沈む気ですか」―― そして「情報隠しのためにこのまま、自分の命まで奪われかねないような状況になっちゃったら、勿体なさすぎる」と。★ 「自殺」に追い込まれる?など「口封じ」される危険性について警鐘鳴らす! »

2018-03-06

〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)7周年へ〕◇ 「われわれの研究は、帰還困難区域はもちろん、おそらくは同区域外でも、フクイチ核燃料破片について、さらなる詳細な調査が必要だということを強く示唆している」―― ◎ フクイチ被曝地でウラン混じりのセシウム粒子を水田の土壌、放棄された農業センター(abandoned aquaculture centre)で発見した九州大など国際研究チームに参加した、英マンチェスター大学のガレス・ロー博士が警告! ★ ロー博士のこの言明は、「直言」である! 

  安倍政権はフクイチ被曝地全域で、東電が放出・降下させた核燃デブリ(Fukushima fuel debris)の実態調査を実施すべきだ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot9964_2
Our research strongly suggests there is a need for further detailed investigation on Fukushima fuel debris, inside, and potentially outside the nuclear exclusion zone

 

………………………………………………………………………………………

 ★ フクイチ核燃料由来のウランのほか、テクネシウムなどの核種も、セシウム主体のマイクロ微粒子に付着して環境に放出されていたことが分かった。

 5ミクロン未満で、人間が呼吸してしまうサイズ。

 ウランやテクネシウムの半減期は恐ろしいほど長く(たとえばウラン238の半減期は約44億6800万年、テクネチウム98のそれは420万年)、半永久的に呼吸被曝の脅威が続くことになる。

          *

 ★ 安倍政権は東電に調査費の提供を命じ、国民の呼吸被曝リクス低減のために、フクイチ被曝地全域で、核燃デブリ汚染実態調査を早急に開始する必要がある。

 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 英マンチャースター大学・広報 : New evidence of nuclear fuel releases found at Fukushima
 (2月28日付け)⇒ 
http://www.manchester.ac.uk/discover/news/new-evidence-of-nuclear-fuel-releases-found-at-fukushima/

Screenshot9965

 ・ Our research strongly suggests there is a need for further detailed investigation on Fukushima fuel debris, inside, and potentially outside the nuclear exclusion zone

 ・ Uranium and other radioactive materials, such as caesium and technetium, have been found in tiny particles released from the damaged Fukushima Daiichi nuclear reactors.

 This could mean the environmental impact from the fallout may last much longer than previously expected according to a new study by a team of international researchers, including scientists from The University of Manchester.

  ・  The researchers discovered uranium from nuclear fuel embedded in or associated with caesium-rich micro particles that were emitted from the plant’s reactors during the meltdowns. The particles found measure just five micrometres or less; approximately 20 times smaller than the width of a human hair. The size of the particles means humans could inhale them.

 ・ The reactor debris fragments were found inside the nuclear exclusion zone, in paddy soils and at an abandoned aquaculture centre, located several kilometres from the nuclear plant.

………………………………………………………………………………………

 ◎ 九州大学など国際チームによる発表論文 : Uranium Dioxides and Debris Fragments Released to the Environment with Cesium-Rich Microparticles from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant
 ⇒ 
https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.est.7b06309

Screenshot9966

Screenshot9967

Posted by 大沼安史 at 06:13 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66467206

この記事へのトラックバック一覧です: 〔東電原子力大災害(フクイチ・メガ核惨事)7周年へ〕◇ 「われわれの研究は、帰還困難区域はもちろん、おそらくは同区域外でも、フクイチ核燃料破片について、さらなる詳細な調査が必要だということを強く示唆している」―― ◎ フクイチ被曝地でウラン混じりのセシウム粒子を水田の土壌、放棄された農業センター(abandoned aquaculture centre)で発見した九州大など国際研究チームに参加した、英マンチェスター大学のガレス・ロー博士が警告! ★ ロー博士のこの言明は、「直言」である! :