« 〔電磁波被曝の脅威〕◇ スマートメーター(電気と水道)の設置拒否権を顧客に認める! ―― ◎ 米オレゴン州ユージン市の公営電力会社の経営委員会が全員一致で決定! ◇ スマートメーターの電磁波の住民健康リスクに配慮 ★ 日本の電力やガス会社も顧客に設置拒否権を与えるべきだ! 国会、地方議会、報道は、スマートメーターのリスクを真正面から受けとめるべきである。 | トップページ | 〔忍び寄る電磁波の脅威〕◇ 「5Gは数学的にあまりにも複雑で、それが強力な兵器となる以外、(人体に)どんな反応を引き起こすか、誰も分からない(恐ろしいものだ)。ただ、(4G段階の今、分かっているのは、電磁波は細菌・ウイルス以外の、樹木・魚・鳥を含む全生物にとって有害であること。このままでは人間は、あと3世代、60年もすれば健康な赤ちゃんは8人に1人しか生まれなくなるし、いくつかの動物の種は5世代で絶滅する」―― ◎ 世界的な電磁波兵器・被曝被害問題のスペシャリスト、英国のバリー・トロワー博士が警告 »

2018-02-22

〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 「福島県の土壌から、福島第一原発のメルトダウン時に形成された核燃料成分であるウラン(U)酸化物を含む粒子を初めて発見」! / 「水に溶けにくい高濃度放射性セシウム含有微粒子(CsMP)」が環境に放出されていた! 超高分解能電子顕微鏡を駆使した原子レベルでの解析にも成功! ―― ◎ 九州大学大学院理学研究院の宇都宮聡准教授、理学府修士2年の落合朝須美さんらの研究グループ / 国際学術誌に論文を発表 ★ 被曝地ウラニウム汚染が確認された。人体への影響が懸念される!

Screenshot9776

          ▲

 《写真説明》 左上図:U-Zr酸化物固溶体ナノ粒子の電子顕微鏡像と元素マップ。

  左下図:Fe酸化物ナノ粒子とそれに含有されたU酸化物ナノ粒子の電子顕微鏡像。

  右図はそれを拡大した高分解能原子像。鉄原子の配列とウラン原子の配列が連なっていることが分かる。

………………………………………………………………………………………

 ★ 国際学術誌の論文紹介には、放出源である「福島第一原発」のイラストも添えられ、環境汚染のありさまが、一目瞭然!

Screenshot9777

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 「日本の研究.com」: 福島原発由来のウラン酸化物を初めて発見、原子レベルでの解析に成功 ―ミクロな視点で原子力災害からの復興に貢献―
 (九大プレスリリース 20日付け)⇒ 
https://research-er.jp/articles/view/68060

Screenshot9774

          *

 ◎ 発表論文 : Environmental Science&Tecnology : Uranium Dioxides and Debris Fragments Released to the Environment with Cesium-Rich Microparticles from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant
(1月29日付け)⇒ 
https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.est.7b06309

Screenshot9775

Posted by 大沼安史 at 11:18 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 「福島県の土壌から、福島第一原発のメルトダウン時に形成された核燃料成分であるウラン(U)酸化物を含む粒子を初めて発見」! / 「水に溶けにくい高濃度放射性セシウム含有微粒子(CsMP)」が環境に放出されていた! 超高分解能電子顕微鏡を駆使した原子レベルでの解析にも成功! ―― ◎ 九州大学大学院理学研究院の宇都宮聡准教授、理学府修士2年の落合朝須美さんらの研究グループ / 国際学術誌に論文を発表 ★ 被曝地ウラニウム汚染が確認された。人体への影響が懸念される!: