« 〔5G電波塔に健康被害の不安〕◇ 電波塔からの電磁波被曝で、13歳の少女が癌に。住民ら、電波塔の撤去を求め、地元市議会に陳情! 条例をつくり規制強化の動きも―― ◎ 米CBSテレビ(サンフランシスコ湾岸エリア)が調査報道で警告 / ◆ 「消防署の電波塔で消防士も被曝」/消防士労組も反対 ◆ 医師「こどもの脳腫瘍を懸念」★ 日本の報道陣は、なぜ沈黙しているのか? | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ フクイチは「3・11」当日、地震発生と同時に「5・6号機が火災を起こしていた!」 / 2011年8月17日、稀ガス処理装置建屋で発生した閃光の拡大写真も公開!―― ◎ 岩田清さんが画像解析で、またも「新証拠」を明らかに! ★ 岩田さんが営々と積み上げてきた画像解析による新事実が、フクイチ核惨事のおそるべき真相をますます明確に描き出している。国会は、岩田さんら独立した世界の専門家を招き、御用学者を排した「真相究明委員会」を設置すべきである! »

2018-02-05

〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 「東電はフクイチで、何をすべきか手がかりさえ持っていない。この7年間を振り返ると、東電は自分たちが何をしているか分かっていない。最初から間違っていたのだ。これは、これまで見たこともない核惨事である」―― ◎ 世界的な原子力コンサルタントのマイケル・シュナイダーさんが、英紙『インディペンデント』で、国際社会に告知! ◆ 放射能汚染水の太平洋への漏出は、「グローバル惨事」を招くと警告!

Screenshot9493  考えて見るがいい、もう7年にもなるというのに、東電はフクイチの溶融核燃を、たった「1ミリ」(グラム)も取り出していないのだ!

 

………………………………………………………………………………………

Screenshot9492

………………………………………………………………………………………

 ★ 東電は自分でも何をしているのか分からないまま、実質的に指一本、メルトダウン核燃に手をつけない「廃炉」作業なるものを続けているだけ――これが、1997年に、高木仁三郎さんとともに「もうひとつのノーベル賞」といわれるライト・ライブリフッド賞を受賞した、世界の原子力(原発)問題の第一人者、マイケル・シュナイダーさんの見立てである。

 I find it symptomatic of the past seven years, in that they don’t know what they’re doing, Tepco, these energy companies haven’t a clue what they’re doing, so to me it’s been going wrong from the beginning. It’s a disaster of unseen proportions."

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 英紙『インディペンデント』: Fukushima nuclear disaster: Lethal levels of radiation detected in leak seven years after plant meltdown in Japan
 (2日付け)⇒ 
http://www.independent.co.uk/news/world/asia/fukushima-nuclear-disaster-radiation-lethal-levels-leak-japan-tsunami-tokyo-electric-power-company-a8190981.html

 ・ But Mycle Schneider, an independent energy consultant and lead author of the World Nuclear Industry Status Report, said that Tepco “hasn’t a clue what it is doing” in its job to decommission the plant.

 He added that the contaminated water that is leaking at the site could end up in the ocean if the  ongoing treatment project fails and cause a “global” disaster, he told The Independent.

 “Finding high readings in the reactor is normal, it’s where the molten fuel is, it would be bizarre if it wasn’t," he said.

 “I find it symptomatic of the past seven years, in that they don’t know what they’re doing, Tepco, these energy companies haven’t a clue what they’re doing, so to me it’s been going wrong from the beginning. It’s a disaster of unseen proportions."

 Mr Schneider added that the radiation leaks coupled with the waste from the plant stored in an “inappropriate” way in tanks could have global consequences.

 “This is an area of the planet that gets hit by tornadoes and all kinds of heavy weather patterns, which is a problem. When you have waste stored above ground in inappropriate ways, it can get washed out and you can get contamination all over the place.

“This can get problematic anytime, if it contaminates the ocean there is no local contamination, the ocean is global, so anything that goes into the ocean goes to everyone.”

He added: "It needs to be clear that this problem is not gone, this is not just a local problem. It’s a very major thing.”

          *

 ◎ マイケル・シュナイダーさん Wiki(日本語)⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC

Posted by 大沼安史 at 05:24 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66361116

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 「東電はフクイチで、何をすべきか手がかりさえ持っていない。この7年間を振り返ると、東電は自分たちが何をしているか分かっていない。最初から間違っていたのだ。これは、これまで見たこともない核惨事である」―― ◎ 世界的な原子力コンサルタントのマイケル・シュナイダーさんが、英紙『インディペンデント』で、国際社会に告知! ◆ 放射能汚染水の太平洋への漏出は、「グローバル惨事」を招くと警告!: