« 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕 ★ 1号機建屋最上層、クレーン吊り下げ遠隔操作の瓦礫吸引(?)装置で発光(のような)現象 本日(13日午後1時前後の観察で)スクショ確認 / 2号機屋上にも瓦礫吸引装置を設置か? ★ それにしても吸引した放射能汚染ガレキはどこへ運び、どう処分しているのか? | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ マンハッタン計画で出た放射能廃棄物の不法投棄・埋め立て処分地、セントルイス郊外の「ウエストレイク・ランドフィル」で、いまごろ(半世紀も経ってから)廃棄物堀り出し命令!/ブッシュ政権時代の「カバー(シート)かけ」その場しのぎ策を否定 ―― ◎ トランプ政権(EPA=環境保護庁)が決定 ◎ 5年がかり、しかも部分掘り出しで、住民団体、なお警戒! 地元紙も「それでも残る危険」を社説で警告! »

2018-02-13

〔電磁波兵器は国際条約で禁止すべきである!〕◇ 米国最大の諜報機関、NSA(国家安全保障局)の秘密工作員が、潜入先の敵対国のホテルに1週間、同僚と2人で滞在中、マイクロ波兵器の照射を受け、それがもとで10年後、右半身が麻痺し、パーキンソン病を発症したとして、米政府に労災支給を訴え! / ホテルで一緒だった同僚も発症! ◎ ワシントン・ポストなど欧米メディアが報道!

 ★ マイクロ波兵器は先ごろ、ハバナ(キューバ)の米大使館員らが被曝被害に遭ったように、世界的に配備され、使用されているものだ。

  日本でも民間人への照射攻撃が取沙汰されている。

 実態解明が急務だ!

………………………………………………………………………………………

Screenshot9638

………………………………………………………………………………………

 ★ NSAで反諜報工作員をしていた Mike Beck(マイク・ベック)さんは1996年、連係する英国の諜報機関、GCH(英政府通信司令部)に所属し、ロンドンから、某敵対国に同僚1人と2人で入った。

 空港で兵士に会議室で一時拘束されたが、理由を告げられずに釈放され、敵対国のホテルに1週間、泊り、活動を続けた。

 それから10年――。ベックさんは、右半身が動かなくなど体の変調を覚える。

 脳をスキャンしたところ、パーキンソン病だと分かった。

 そのとき、ベックさんは46歳。

          *

 ★ 40代のパーキンソン病は稀で、家系に病歴のある者は一人もいない。

 おかしいと思っていると、偶然、同じ1996年に、その敵対国に一緒に滞在していた、あるNSAの同僚工作員もまた、同じようにパーキンソン病だと診断されていることを知った。

 ベックさんがその次に知った事実は衝撃的だった。

 (おそらくはNSAの)機密諜報レポートを読んで、同僚ともども、敵対国のホテルの一室で睡眠中、強力なマイクロ波兵器(high-powered microwave weapon)の照射攻撃を受け、そのとき、神経系統に
ダメージを受けていたことがわかった。

 Eventually, Beck read a classified intelligence report that convinced him that he and his co-worker on the trip were likely the victims of a covert attack that led to their illnesses — and that has prompted a highly unusual workers’ compensation claim.

          *

 ★ 同僚はすでに死亡し、ベックさんはこれまで4年間、米労働省に労災適用を求めて申請しているが、NSA当局が同意せず、放置されている。

          *

 ★ この問題が明るみに出たのは、ハバナ(キューバ)の米大使館で、職員24人が同じような照射攻撃を受け、脳に損傷を受ける事件があったからだと見られる。

 それでベックさんの被害にスポットがあたったらしい。

          *

 ★ マイクロ波兵器は、DEW(指向性エネルギー兵器)とも呼ばれ、軍や諜報機関ばかりか、民間の傭兵、暴力闇組織なども手にしており、機密解除されないことをいいことに、この日本でもやりたい放題の事態が続いている。

 即死しないことが多いことから、「非致死性兵器」に分類されているが、最終的には人を死にも追い込む殺傷兵器である。

 マイクロ波の「フレイ効果」を利用して、ターゲットの音声送信もできることから、ターゲットを精神的に追い詰め、自殺誘導することさえも可能とされている。

 日本での実態解明は、国会、報道の責務である。

……………………………………………………………………………………… 

 
 
〔★は大沼〕 ◎ ワシントン・ポスト : Was a spy’s Parkinson’s disease caused by a secret microwave weapon attack?
(2017年12月5日付け) ⇒ 
https://www.washingtonpost.com/local/was-a-spys-parkinsons-disease-caused-by-a-secret-microwave-weapon-attack/2017/11/26/d5d530e0-c3f5-11e7-afe9-4f60b5a6c4a0_story.html?utm_term=.b285ae81e928 

 ・ In 1996, Beck and his colleague, Charles W. Gubete, were sent to a foreign nation to assess an American facility’s safeguards for classified information. He can’t say exactly where, not even which hemisphere. The NSA’s presence in the country is secret, the agency told the Labor Department.

 When they arrived, Beck said, a soldier detained them in a small conference room at the airport but didn’t explain why, and then released them after about two hours. Beck said he and Gubete didn’t identify themselves as NSA employees.

 Afterward, Beck said their translator intimated that the host country had been observing them. The two men stayed for about a week in side-by-side hotel rooms. Beck can’t divulge much about what they did, he said, “But we found something very important to the focus of our mission, something threatening near the building.”

 ・ A  decade later, the right side of Beck’s body began to deaden.

 His right arm didn’t swing normally while he walked. His right hand stiffened, so he typed with his left. Then his right leg started to drag. He felt like he was always about to slip on his office’s polished stone floors.

 At the time, Beck, his wife, Rita, and two children were living outside London, while he worked at the NSA’s British counterpart, the Government Communications Headquarters.

 The brain scan revealing young-onset Parkinson’s was a shock. Only 10 to 20 percent of those diagnosed with the illness are younger than 50.

 ・ But even as the medication reduced many of his symptoms, Beck learned that Gubete, his travel partner, had also been diagnosed with Parkinson’s. He thought back to their trip in 1996 and wondered whether their ailments shared a link.

 Then, in 2012, Beck and others were emailed the intelligence that convinced him there was a link.

 Over lunch, he shared his suspicions with Gubete, who by then was retired and no longer held a security clearance. So Beck couldn’t tell him much about the intelligence. Gubete, who lived in Laurel, Md., died a year later, though the cause remains unknown. He was 61.

………………………………………………………………………………………

 ◎ 英デイリー・メール : Former NSA spy believes he contracted Parkinson's from a microwave attack
(2017年12月7日付け)⇒ 
http://www.dailymail.co.uk/health/article-5153943/Ex-NSA-spy-believes-microwave-attack-gave-Parkinsons.html

Screenshot9639

Posted by 大沼安史 at 06:46 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66390081

この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波兵器は国際条約で禁止すべきである!〕◇ 米国最大の諜報機関、NSA(国家安全保障局)の秘密工作員が、潜入先の敵対国のホテルに1週間、同僚と2人で滞在中、マイクロ波兵器の照射を受け、それがもとで10年後、右半身が麻痺し、パーキンソン病を発症したとして、米政府に労災支給を訴え! / ホテルで一緒だった同僚も発症! ◎ ワシントン・ポストなど欧米メディアが報道!: