« 〔ローレン・モレット女史が警告〕◇ (トランプ政権はこのほど「核態勢見直し(NPR)」を公表、新型の「小型核兵器」などの導入を明らかにしたが……)◆ 米軍、「第4世代核兵器=ミニ核爆弾」をイラクで1990年代に実戦配備 / 「中性子ミニ核爆弾(neutron mini-nukes)」  パラジウムを触媒に使う新タイプ / その後、中東全域、中央アジアでの使用へとエスカレート ★ 劣化ウラン弾のユーゴなどでの無差別使用に続いて、「ミニ中性子爆弾」がひそかに実戦使用されているとは!  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◆ 福島県内の除染廃棄物用「中間貯蔵施設」は「水処理施設」で「浸出水」から「放射性物質等の除去」をしたあと、フクイチ構内でのように汚染水をタンクに貯蔵せず、そのまま川から太平洋に垂れ流し続ける計画! ◎ 環境庁がサイトで公表 ★ フクイチのように「ALPS」「サリー」のような放射能除去装置が稼働するのだろうか? タンク貯蔵で河川・海洋汚染を回避すべきでは?  »

2018-02-06

〔権力マインドコントロールを許してはならない〕◇ 「21世紀のアメリカには、かつて1970年代に活躍した、フランク・チャーチ上院議員率いる『チャーチ委員会』と同じような調査委員会による、米諜報機関に対する徹底した調査が必要だ」―― ◎ 元「チャーチ委」メンバー・スタッフが、「第2チャーチ委員会」の設置を求める!

 ★ チャーチ委は日本ではロッキード事件で有名だが、米国ではCIAによるマインドコントロール「MKウルトラ」作戦を追及・暴露したことでも名高い。

 電磁波を使った遠隔意識操作・拷問、対民衆テロ活動など現代版の「権力悪」の解明が待たれる。

………………………………………………………………………………………

Screenshot9507

Screenshot9509

………………………………………………………………………………………

 ★ 米国情報機関による米国人の権利侵害を調査し、改革による監督強化を進める「21世紀のチャーチ委員会」設置を求めた公開書簡は、フランク・チャーチ上院議員が当時すでに、米国最大の諜報機関、NSA(国家情報局)による「電子サーベイランス(監視)」を問題にしていたとして、当時の発言を引用し、情報・諜報機関の活動による権利と法律侵害の再検証がいまこそ急務であると述べている。
 
          *

 ★ この提言については、米国の情報・諜報各局による電磁波を使った遠隔意識コントロール・拷問の被害者たちも賛同、草の根メディアーなどで「第2チャーチ委員会」の早期設置を求める声が高まり広がっている。( たとえば ⇒ https://twitter.com/truthstreamnews/status/959825787384926210 )

 米議会のチャーチ委員会は1975年、「MKウルトラ」という暗号作戦名がついた、CIAによるマンドコントロール実験について、若い女性に対するLSD投与など人体実験を含む報告書を発表。

 これにより、米国諜報機関による民衆マインドコントロール計画は公式には廃棄されたとされていたが、研究・開発は水面下で継続されてきた。

 とくに今世紀になってからは、電磁波を使った一般国民に対する意識操作が実験段階を超えて実際に行なわれるようになり、マイクロ波による脳内送信(合成テレパシー、あるいは「神の声」送信ともいわれる)や、インプラントによる心身の遠隔操作に対し、被害者らの間から追及・解明を求める声が強まっているのが現状だ。

          *

 ★ この問題は米国だけの問題ではなく、世界的な問題である。

 日本でもチャーチ委員会のような独立した調査委員会の設置が求められいる。 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 元チャーチ委員会のメmバー・スタッフによる米議会、大統領、アメリカ国民あての公開状、America Needs a 21st Century Church Committee
 (2014年3月17日付け公表 TSMが今月3日に再掲報道) ⇒ 
http://truthstreammedia.com/2018/02/03/america-needs-21st-century-church-committee/

 ・  We are former Church Committee members and staffers and write today as witnesses to history and as citizens with decades of collective experience in Congress, the federal courts, the executive branch and the intelligence community. We write today to encourage Congress to create a Church Committee for the 21st century — a special investigatory committee to undertake a thorough and public examination of current intelligence community practices affecting the rights of Americans and to make specific recommendations for future oversight and reform. Such a committee would work in good faith with the president, hold public and private hearings and be empowered to obtain documents. Such congressional action is urgently needed to restore the faith of citizens in the intelligence community and in our federal government.

………………………………………………………………………………………

 ◎ MKウルトラに関するチャーチ委員会報告
 ⇒ 
https://merovee.wordpress.com/2010/09/02/mk-ultra-church-committee-report/

Posted by 大沼安史 at 11:43 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66365992

この記事へのトラックバック一覧です: 〔権力マインドコントロールを許してはならない〕◇ 「21世紀のアメリカには、かつて1970年代に活躍した、フランク・チャーチ上院議員率いる『チャーチ委員会』と同じような調査委員会による、米諜報機関に対する徹底した調査が必要だ」―― ◎ 元「チャーチ委」メンバー・スタッフが、「第2チャーチ委員会」の設置を求める!: