« 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ 「東電・政府自民党」は何てことをしてくれたんだ!〕◇ フクシマ・メルトダウンから6マイルの海で養殖された「青のり」を、初出荷 ―― ◎ 米国の環境問題専門メディア、《NVIRO・NEWS》が報道 ★ 相馬の松川浦の人びとの気持ちを慮った記事だった。わたしも同じ気持ちだ。同じ気持ちで書いている。ああ、松川浦、きれいな海なんだぞ! 仙台から、イクラ丼、食べに行くところなんだぞ!  | トップページ | 〔フクイチ・グローバル核惨事 7周年へ〕◇ 2年前の7月、フクイチで火災が発生していた! ▲ 白煙、黒煙、まばゆい光……そして異様な飛行物体(?!)―― ◎ 2015年7月の「フクイチ異変」を、米国のブロッガーが、東電ライブカメラおよびTBS/JNNカメラ撮影画像のスクショで記録していた! ★ 今からでも遅くはない、国会・報道は何があったか、徹底検証を! »

2018-02-20

〔忍び寄る電磁波の脅威〕◎ 「5G」の潜在的な脅威を、世界36ヵ国、180人の科学者・医師らが警告! ◆ 業界の利益から独立した科学者チームによる、人間の健康および環境に対する調査が行なわれ、結論が出るまで、配備しないよう勧告する声明を発表! ◇ 日本からも東北大の宮田英威・准教授(生物物理)が声明に署名 ★ 国会・報道界には徹底調査をお願いしたい! 

Screenshot9735

………………………………………………………………………………………

 ★ 《Internet of Things(モノのインターネット)》の基幹を担うとされる「5G」について、日本では「すごい」礼賛一辺倒に近い状態が続き、科学界からの懸念の声はかき消されたままだ。

 国会、報道界はいちど、国際社会から出ている批判の声に耳を傾け、業界(スポンサー)利益から離れ、徹底して調査・検証を行ってほしい。

 それが国会、報道界の社会的責務というものではないか!

 ★ いちど、東北大の宮田先生(Hidetake Miyata, PhD, Associate professor, Department of Physics. Tohoku University)に、どうことなのか教えを乞うたらいい。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 5G Appeal :

 (2017年9月13日付け)⇒ http://www.stralskyddsstiftelsen.se/wp-content/uploads/2017/09/scientist_5g_appeal_final.pdf

          *

 ◎ 「5G]ウィキ ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC5%E4%B8%96%E4%BB%A3%E7%A7%BB%E5%8B%95%E9%80%9A%E4%BF%A1%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

Posted by 大沼安史 at 08:39 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66415369

この記事へのトラックバック一覧です: 〔忍び寄る電磁波の脅威〕◎ 「5G」の潜在的な脅威を、世界36ヵ国、180人の科学者・医師らが警告! ◆ 業界の利益から独立した科学者チームによる、人間の健康および環境に対する調査が行なわれ、結論が出るまで、配備しないよう勧告する声明を発表! ◇ 日本からも東北大の宮田英威・准教授(生物物理)が声明に署名 ★ 国会・報道界には徹底調査をお願いしたい! :