« 〔悪魔の兵器・電磁波照射兵器は禁止されねばならない〕◇ 「マイクロ波兵器と長距離音波砲(microwaves and the sound cannon, a long-range acoustic device)の攻撃にさらされている。マイクロ波は非常に危険だ。頭痛がする」―― ◎ 軍事クーデターで国外追放後、2009年秋にホンデュラスに帰国し、首都テグシガルパのブラジル大使館にたてこもったマヌエル・セラヤ大統領が米国『デモクラシーNOW』のエイミー・グッドマンさんに被害を訴え | トップページ | 〔忍び寄る電磁波の脅威〕◎ 「5G」の潜在的な脅威を、世界36ヵ国、180人の科学者・医師らが警告! ◆ 業界の利益から独立した科学者チームによる、人間の健康および環境に対する調査が行なわれ、結論が出るまで、配備しないよう勧告する声明を発表! ◇ 日本からも東北大の宮田英威・准教授(生物物理)が声明に署名 ★ 国会・報道界には徹底調査をお願いしたい!  »

2018-02-20

〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ 「東電・政府自民党」は何てことをしてくれたんだ!〕◇ フクシマ・メルトダウンから6マイルの海で養殖された「青のり」を、初出荷 ―― ◎ 米国の環境問題専門メディア、《NVIRO・NEWS》が報道 ★ 相馬の松川浦の人びとの気持ちを慮った記事だった。わたしも同じ気持ちだ。同じ気持ちで書いている。ああ、松川浦、きれいな海なんだぞ! 仙台から、イクラ丼、食べに行くところなんだぞ! 

Screenshot9732

………………………………………………………………………………………

 ★ 記事のなかで《NVIRO・NEWS》は、原発問題の世界的な第一人者、マイケル・シュナイダーさんの「海はグローバルだ。……問題は去っていないことを明確化すべきだ。地域の問題では。これは大問題である」との指摘を紹介している。

 “This can get problematic anytime, if it contaminates the ocean there is no local contamination, the ocean is global, so anything that goes into the ocean goes to everyone,” said Schneider. “It needs to be clear that this problem is not gone, this is not just a local problem. It’s a very major thing.”

          *

〔★は大沼〕 ◎ 《NVIRO・NEWS》:Japan Ships First Seaweed, Farmed 6 Miles from Fukushima Meltdowns, for Human Consumption
  (14日付け)⇒ 
https://www.environews.tv/world-news/japan-ships-first-seaweed-farmed-6-miles-fukushima-meltdowns-human-consumption/

          *

 ◎(関連)ジャパン・タイムズ : Shipments of green laver seaweed from Fukushima resume after seven-year hiatus
 (5日つけ)⇒ 
https://www.japantimes.co.jp/news/2018/02/05/business/shipments-green-laver-seaweed-fukushima-resume-seven-year-hiatus/#.Wott8bn_qM8

          *

 ◎(関連)福島民報 : 松川浦の青ノリ出荷再開を承認 県漁協組合長会議
 (2017年11月30日付け)⇒ 
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/11/post_15600.html

Posted by 大沼安史 at 10:00 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ 「東電・政府自民党」は何てことをしてくれたんだ!〕◇ フクシマ・メルトダウンから6マイルの海で養殖された「青のり」を、初出荷 ―― ◎ 米国の環境問題専門メディア、《NVIRO・NEWS》が報道 ★ 相馬の松川浦の人びとの気持ちを慮った記事だった。わたしも同じ気持ちだ。同じ気持ちで書いている。ああ、松川浦、きれいな海なんだぞ! 仙台から、イクラ丼、食べに行くところなんだぞ! :