« 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 原発からの使用済み核燃料(核廃棄物)の安易な「最終処分」に対し、「原発業界が環境への漏洩が絶対ないと証明できないかぎり、『NO(Nej ネイ))』!」――却下判決を下したスウェーデンの環境裁判所に対して、英国の市民団体が「感謝」の公開状! それをインドの有力市民団体「ダイアニュークス」が転載し、国際社会に周知報道 ★ 「無限の未来への安全確証のない原発建設、許されず」――!!! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 「2号機の原子炉での爆発( an explosion at the Unit 2 reactor)」はIAEAにも通告されていた! ―― ◎ 情報開示された米NRC(原子力規制委)フクイチ文書に明記!(4号機核燃プール「火災」と併せて!) ★ 本ブログ既報のように、「2号機爆発」は日本政府の「原子力安全・保安院(NISA)」が、米側に公式に報告していたことも、別のNRC開示メールで明らかになっている。◇ それなのに、「爆発回避」と言い続ける東電! 徹底再検証が必要だ! »

2018-02-12

〔「ディープ・ステート」権力による電磁波・DEWを使った対民衆テロを許してはならない〕◇ 2016年の米大統領選(独立系)出馬候補(男性)が、DEW(指向性エネルギー兵器)による攻撃で失明の危機 / 大統領選を取材したジャーナリストも右眼の中心視野を失う / 映像作家ら多数が被害 麻痺で歩行困難な人も―― ◎「9・11」を追及するアルフレッド・ウェブレさんが告発レポート! ★ ウェブレさんは、「これは人道に反する戦争犯罪だ」と非難し、ICC(国際刑事裁判所)による刑事訴追などを求めている。

Screenshot9589

Screenshot9590

………………………………………………………………………………………

 ★ わたしはアルフレッド・ウェブレさん(米ワシントン州在住、ジャーナリスト)を、自ら電磁波攻撃被害を明らかにしているローレン・モレット女史(地球科学者)に対する詳細なインタビューで知っていたが、そのウェブレさんがDEW被害の告発レポートを(このほど)発表したのを、ついこの間まで知らなかった。

          *

 ★ ウェブレさんが名前をあげずに紹介している大統領選出馬候補(大政党ではなく、独立系の小政党の候補に違いない)は、米国のCIAの「地球外量子アクセス」秘密プログラムについて警告してきた内部告発者だそうだ。

 The 2016 US Presidential candidate is a whistleblower about the secret CIA quantum access and Extraterrestrial liaison programs. 

 「地球外秘密量子アクセス」??――内容は不明だが、ナチス・ドイツ由来の、世上、「鐘」プロジェクトとして知られる研究プロジェクトの発展形のことかも知れない。

          *

 ★ 電磁波のビームによる眼など頭部・顔面に対する照射攻撃は、日本でも被害報告が出ている。

 北海道・旭川市に住むMさん夫妻は再三にわたって眼球を切られており、夫人は昨年暮れ、突然の血圧上昇による脳溢血手術から生還後、リハビリ段階で左眼の中心を撃たれ、人工レンズに交換する手術を余儀なくされた

 同じような被害が米国でも起きている。

 ということは、DEW兵器が日本でも米国同様、出回っており、何らかの意図で一般国民に対して使用されている――ということである。

          *

 ★ ウェブレさんは、戦争犯罪としてICCで裁くべきこと、と訴えている。

 わたしのこのブログでも再三、報じているように、スイス在住のキャサリン・ホートン博士(物理学者)もまた、DEW被害を訴えている。 

 また、DEWの存在は、スノーデンさんのように、モスクワに“一時亡命”したニュージーランドの女性ジャーナリスト、スウジー・ドウソンさんによって、「ウィキリークス」の暴露メールですでに確認されている

 DEWは少なくとも2014年段階には世界各国の兵器メーカーによって生産が開始され、「傭兵」といった闇組織などに流れているようだ。

 日本にも流れ込み、いわゆる集団ストーカー組織や「ハイテク暴力団」と言われる闇組織の手にわたっているものとみて、たぶん間違いない。

 ぜひとも日本の若きジャーナリスト諸君に、真相究明の調査報道をお願いしたい。

 

 
………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ Sinister force targeting multidimensionally interested journalists, filmmakers, and a 2016 US Presidential candidate with DEW directed energy weapons, causing blindness & paralysis
 (9日つけ) ⇒ 
https://newsinsideout.com/2018/01/sinister-force-targeting-multidimensionally-interested-journalists-filmmakers-2016-us-presidential-candidate-dew-directed-energy-weapons-causing-blindness-paralysis/

 ・ At least one victim – a 2016 US Presidential candidate – speaks of physical evidence witnessed by others including tell-tale colored laser-like flashes that has led him to conclude his eyesight was targeted by a US Army or other organization’s DEW directed energy weapon during 2016 at the height of the US Presidential campaign.

 The targeted 2016 candidate, who before the DEW attack had 20/40 vision, is now in danger of becoming legally blind.

 The 2016 US Presidential candidate is a whistleblower about the secret CIA quantum access and Extraterrestrial liaison programs. His 2016 Presidential campaign, which had an objective possibility of being ultimately successful in later elections, was derailed as a result of the 2016 military grade DEW directed energy weapon attack upon the candidate’s eyesight.

Posted by 大沼安史 at 04:49 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66386053

この記事へのトラックバック一覧です: 〔「ディープ・ステート」権力による電磁波・DEWを使った対民衆テロを許してはならない〕◇ 2016年の米大統領選(独立系)出馬候補(男性)が、DEW(指向性エネルギー兵器)による攻撃で失明の危機 / 大統領選を取材したジャーナリストも右眼の中心視野を失う / 映像作家ら多数が被害 麻痺で歩行困難な人も―― ◎「9・11」を追及するアルフレッド・ウェブレさんが告発レポート! ★ ウェブレさんは、「これは人道に反する戦争犯罪だ」と非難し、ICC(国際刑事裁判所)による刑事訴追などを求めている。: