« 〔大沼より ◎ お知らせとお願い〕 ◇ 状況が一段と、きびしくなりました。万が一のことを考え、皆様方にお知らせし、訴えさせていただきます。 | トップページ | 〔電磁波(DEW)を使った対民衆テロを許してはならない〕◇ おヘソに、頭に! ―― ◎ スイス在住のドイツ人物理学者、キャサリン・ホートン博士が、自分のからだに撃ち込まれた「インプラント」の存在箇所を自撮り映像で公表! ★ この「インプラント」ポイントを通じて、執拗なDEW(指向性エネルギー兵器)の連続パルス攻撃が続いている! ユーチューブなどで捨て身の反撃に出ているキャサリン博士の口封じを狙っているようだ! これは絵空事でも、他人事でもない。 »

2018-02-17

〔フクイチ・グローバル・メガ核惨事〕◎ 「健康と環境に無差別の被害をもたらす(原発などの)核活動は、ECOCIDE(環境破壊)として「人類に対する犯罪」とすべきである ―― ◇、(ノーベル平和賞受賞団体である「核戦争防止国際医師会議/IPPNWなどによる)「バーゼル宣言」(昨年9月)が世界にアピール / 元スイス大使の村田光平さんが「宣言」を邦訳し、紹介! ◎ 「最も恐ろしく有害な物質である放射能を作ること自体を犯罪とすることを求める動きが漸く国際的に始まりつつある」と指摘 

Screenshot9688

………………………………………………………………………………………

Screenshot9687

………………………………………………………………………………………

 ★ 放射性物質を産出すること自体が人類に対する犯罪! 

 なるほど、その通りである!

 7年が経とうとしているのい、たったの1ミリグラムもメルトダウン核燃を取り出せず、挙句の果て、放射能汚染「処理」水の太平洋投棄処分さえ目論まれているフクイチ・メガ核惨事。

 7周年を迎えるにあたってわたしたちは、村田さんが訳してくださった「バーゼル宣言」の意味をかみしめる必要があるだろう。

………………………………………………………………………………………

 ★ 村田さんは『マスコミ市民』(2月号)に発表した提言、「『国際社会における名誉ある地位』を守るために」のなかで、次のように書いている。

          

 ・ 同〔バーゼル〕会議は脱原発を市民社会にとり歴史的第一歩と見なしうる下記の画期的提案を盛り込んだ最終宣言を発出しました。

          *

 (イ)核兵器の使用およびその他の健康と環境に無差別の被害をもたらす核活動は国際刑事裁判所のローマ規定が定める人類に対する犯罪に含めるべきである。また、ローマ規定を修正しECOCIDE(環境破壊)を犯罪とすることを求める。

 (ロ)1958年にIAEA及びWHOとの間で結ばれた、原子力の民事使用の健康い及ぼす影響に関する自由な情報の開示を制限することに関する協定は破棄されねばならない。

          *

 本宣言は「世界の命運は電力会社により左右される」との福島事故が立証した警告に対する決定的な対応といえます。

 最も恐ろしく有害な物質である放射能を作ること自体を犯罪とすることを求める動きが漸く国際的に始まりつつある感があります。

 また、国内的には放射能汚染を公害とする立方化の動きも伝えられております。……

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎  『マスコミ市民』(2月号)に発表した提言、「『国際社会における名誉ある地位』を守るために」 
 ⇒ http://kurionet.web.fc2.com/masscomi20180125

 ◎  『バーゼル宣言』全文 ⇒ https://www.events-swiss-ippnw.org/final-declaration/

          *

 ◎ 村田光平さんの公式サイト (「近況報告」は左上から) ⇒ http://kurionet.web.fc2.com/murata.html

………………………………………………………………………………………

 ◎ 本ブログ既報 2017-09-25 〔フクイチ・核惨事 7年目の秋に〕◇ 「原発(原子力)も核兵器と並び、後続世代へ、リスクとインパクトを及ぼすもので、人権侵害、国際的な環境保護法違反であり、未来世代への犯罪である」 ―― ◎ スイスのバーゼルで14~17日に開かれた国際非核会議で、『バーゼル宣言』を採択! / フクイチ事故について、「大量の放射能核種を環境に放出し、現世代と未来世代の健康に打撃を与える」と批判
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/09/post-0328.html

Posted by 大沼安史 at 05:26 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・グローバル・メガ核惨事〕◎ 「健康と環境に無差別の被害をもたらす(原発などの)核活動は、ECOCIDE(環境破壊)として「人類に対する犯罪」とすべきである ―― ◇、(ノーベル平和賞受賞団体である「核戦争防止国際医師会議/IPPNWなどによる)「バーゼル宣言」(昨年9月)が世界にアピール / 元スイス大使の村田光平さんが「宣言」を邦訳し、紹介! ◎ 「最も恐ろしく有害な物質である放射能を作ること自体を犯罪とすることを求める動きが漸く国際的に始まりつつある」と指摘 :