« 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 「放射能は、どんな(低)被曝でも、高過ぎる(Radiation: Any Dose Is Too High)」―― ◎ あの、2005年の全米アカデミー評議会による報告が、紛れもないかたちで提起した真実に、これ以上、目を塞ぎ続けてはならない! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年〕◇ 福島など8県産水産物禁輸 「WTO」が日本「勝訴」判断 韓国側、上訴へ 文政権:「日本の原子力発電所の状況などを勘案すると、WTOの判断には問題がある」「いかなる場合でも、放射能に汚染された食品が食卓にのぼることがないように全力を尽くす」 ★ 韓国側が上訴審(最終審)でも敗訴したら、より決定的な……たとえばプルトニウムなどの汚染データを示してくる可能性も出て来るのではないか?  »

2018-02-23

〔電磁波マインドコントロール〕◇ (有名な話ですが) 元米エール大学教授のスペイン人科学者、ホセ・デルガード氏(1915~2011)は早くも1950年代に、闘牛の牛にインプラントし、電磁波で翻弄することに成功していた! / 人間へのインプラントも初実施 怒り・笑い・欲望などの「スパーク」にも成功! ★ 前世紀に開発された、今やセピア色の技術。「マインドコントロール」はすでに恐るべき段階に達している、とみなければならない。

Screenshot9810

………………………………………………………………………………………

Screenshot9809

Screenshot9808

………………………………………………………………………………………

 ★ 「マイクロ波兵器」の開発にあたった、英国のバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者)博士は、電磁波照射で、人を「3日以内に」暗殺者に仕立てあげることができる――としている。( ⇒ こちら

 米国フロリダの高校で起きた銃乱射による虐殺事件でも、犯人の若者は「悪魔のような声で命令されて実行した」と証言している。

 ガンコントロールも大事だが、「マインドコントロール」の恐怖、現実についても、わたしたちは認識を深める必要がある。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ 『ディスカバー』: The Man Who Fought a Bull With Mind Control (マインドコントロールで闘牛した男)
 (2016年3月21日付け)⇒ 
http://blogs.discovermagazine.com/crux/2016/03/21/mind-control-bull-fight-delgado/#.Wo_Yk7n_o5t

 ・ Delgado applied electrical stimulation to the brains of humans as well. In 1952 he became the first researcher to report on the longterm effects of the implantation of electrodes in people, and in later research his devices sparked intense euphoria, anger, laughter, friendliness, and even lust in human subjects. A female subject whose stimulation generated extreme terror afterward “remembered her fear but was not upset by the memory,” Delgado wrote. Strangely, subjects sometimes insisted that the involuntary muscular movements that resulted from Delgado’s stimulation were intentional acts.

          *

 ◎ ニューヨーク・タイムズの報道 : ‘Matador’ With a Radio Stops Wired Bull
  (1965年5月17日付け)⇒ 
https://sites.google.com/site/mcrais1/delgado

          *

 ◎ ユーチューブ記録動画 :José Delgado, implants, and electromagnetic mind control
 ⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=23pXqY3X6c8

Screenshot9806

Screenshot9805

Screenshot9804

………………………………………………………………………………………

 ◎ デルーガード氏のウィキ ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%BB%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89

Posted by 大沼安史 at 06:32 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66425267

この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波マインドコントロール〕◇ (有名な話ですが) 元米エール大学教授のスペイン人科学者、ホセ・デルガード氏(1915~2011)は早くも1950年代に、闘牛の牛にインプラントし、電磁波で翻弄することに成功していた! / 人間へのインプラントも初実施 怒り・笑い・欲望などの「スパーク」にも成功! ★ 前世紀に開発された、今やセピア色の技術。「マインドコントロール」はすでに恐るべき段階に達している、とみなければならない。: