« 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕【cmk2wl 最重要】◇ 2015年1月27日未明(午前2時50分すぎ)、「3号機から何かが出ています。臨界して吹き出しているのでしょうか」(ユーチューブ開始2分50秒~を注視!)★ 3号機の、まるで「ミニ水爆」の爆発を思わせるこの異様な現象は恐ろしすぎる! 解明が必要だ!  | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 3号機・原子炉4階北西部で小爆発◆ 3号機・核燃プールで「黄色光」◇ 3号機建屋・北西部「白色光」/ 同南東部「白色光」◆ 3・4号機排気塔(筒)から噴出! ―― 2011年3月14日午前11時過ぎ、3号機「キノコ雲・大爆発」 その直前の映像を、岩田清さんが画像解析!  »

2018-02-25

〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 米ペンシルバニア州「スリーマイル島原発」2号機での部分メルト(レベル5)事故(1979・3・28)と周辺地域での甲状腺癌発生に相関の可能性! ―― ◎ 昨年(2017年)5月、地元医大( Penn State College of Medicine )が突き止め、発表! ★ 福島でも「考えにくい」ではなく、「考えられる」ではないのか!

 ★ 「スリーマイル島原発」事故と比べ、「フクイチ」は「トリプル爆発・完全メルトスルー」(レベル7・マルチ)の史上空前の核惨事だった。

 その被曝地での甲状腺癌多発を、地元医大などが「事故とは関連は考えにくい」で済ませている、美しい国=日本!

………………………………………………………………………………………

Screenshot9827

………………………………………………………………………………………

 ★ 「スリーマイル島原発」の地元、ペンシルバニア州は、これまで全米で最も甲状腺癌が多発している州として知られていたが、原発業界は「放射能の健康に対するインパクトはない」との主張を続けてきた。

 これに対して、ペンシルバニア州立大学医学カレッジのデイヴィッド・ゴールドバーグ博士らの研究チームは、患者44人の病歴などを調査し、事故と甲状腺癌との間の相関可能性( there’s a “possible correlation” between the accident and the cancer.)を突き止めた。

 低線量被曝による甲状腺癌は、ふつうの甲状腺癌のほとんどを異なる「変異シグナル」を出していることを分子レベルで確認。

 ふつうの甲状腺患者より平均で11年早く、被曝後5~30年で発症していることも突き止めた。

          *

 ★ スリーマイル島2号機事故は、炉心溶融で核燃料の45%、62トンが溶融し、うち20トンが原子炉圧力容器の底に溜まった(つまり、溶融核燃は原子炉内にとどまった!)

 少なくとも3つの原子炉で、全面メルトが起き、地下に潜るなど行方不明になった「フクイチ」と比べれば、ごく軽微な事故だったといえる。

 それでも、甲状腺癌は周辺各郡で多発していた!

 ペンステートのゴールドバーグ博士らの研究チームを日本に招き、独立した立場から再検証してもらってもよいのではないか!

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕  ◎ york daily record : New PSU study links 1979 TMI accident to thyroid cancer
(2017年3月31日付け) ⇒ 
https://www.ydr.com/story/news/2017/05/31/psu-study-links-1979-tmi-accident-thyroid-cancer/358027001/ 

 ・ A new Penn State College of Medicine study has found a link between the 1979 Three Mile Island accident and thyroid cancer cases in southcentral Pennsylvania.

 The study marks the first time the partial meltdown can be connected to specific cancer cases, the researchers have said.

 The findings may pose a dramatic challenge to the nuclear energy industry's position that radiation released had no impact on human health.

 ・ Although Pennsylvania has the nation’s highest rate of thyroid cancer, most of that cancer has nothing to do with Three Mile Island, Goldenberg said.

 However, thyroid cancer caused by low-level radiation has a different “mutational signal” than most thyroid cancer, Goldenberg said. He and his colleagues used molecular research that had been pioneered after the Chernobyl nuclear disaster to find that genetic signal.

 The scientists screened out many thyroid cancer patients, limiting their study to 44 people who were born in counties around Three Mile Island, present during the March 28, 1979 accident and treated at Penn State Hershey Medical Center.

 “We found a change in this signal from sporadic to radiation-induced in the affected timeline to those exposed to low-dose radiation,” Goldenberg said. Those people developed thyroid cancer on average 5 to 30 years after exposure and about 11 years earlier than the average thyroid cancer case.

 Goldenberg stops short of saying that the accident “caused” the thyroid cancer, instead saying there’s a “possible correlation” between the accident and the cancer.

………………………………………………………………………………………

 ◎ スリーマイル島原発事故 ウィキ ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85

Posted by 大沼安史 at 12:06 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66432500

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 米ペンシルバニア州「スリーマイル島原発」2号機での部分メルト(レベル5)事故(1979・3・28)と周辺地域での甲状腺癌発生に相関の可能性! ―― ◎ 昨年(2017年)5月、地元医大( Penn State College of Medicine )が突き止め、発表! ★ 福島でも「考えにくい」ではなく、「考えられる」ではないのか!: