« 〔電磁波DEW攻撃・拷問・レイプを許してはならない〕◇ 電磁波テロへの世界的な反撃の先頭に立つキャサリン・ホートン博士(物理学者 ドイツ人)に対する激しい攻撃が執拗に継続! 頭部への照射だけでなく、ヴァギナ埋め込みのインプラントを使ったDEW(指向性エネルギー)レイプも継続! ★ 犯行グループは博士に対する残酷な攻撃を、世界が見守り続けていることを知らねばならない! | トップページ | 〔「ディープ・ステート」権力による電磁波・DEWを使った対民衆テロを許してはならない〕◇ 2016年の米大統領選(独立系)出馬候補(男性)が、DEW(指向性エネルギー兵器)による攻撃で失明の危機 / 大統領選を取材したジャーナリストも右眼の中心視野を失う / 映像作家ら多数が被害 麻痺で歩行困難な人も―― ◎「9・11」を追及するアルフレッド・ウェブレさんが告発レポート! ★ ウェブレさんは、「これは人道に反する戦争犯罪だ」と非難し、ICC(国際刑事裁判所)による刑事訴追などを求めている。 »

2018-02-12

〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 原発からの使用済み核燃料(核廃棄物)の安易な「最終処分」に対し、「原発業界が環境への漏洩が絶対ないと証明できないかぎり、『NO(Nej ネイ))』!」――却下判決を下したスウェーデンの環境裁判所に対して、英国の市民団体が「感謝」の公開状! それをインドの有力市民団体「ダイアニュークス」が転載し、国際社会に周知報道 ★ 「無限の未来への安全確証のない原発建設、許されず」――!!!

 ★ 「無限の未来への安全確証のない原発建設、許されず」――英国の市民団体「放射能のないレークランド」の公開書簡には、1976年に出された英国の王立環境員会(ブライアン・フラワーズ委員長)による「フラワーズ・レポート」が引用されていた!

 40年以上前の警告! 

 嗚呼、日本の権力者が、この警告に聞く耳を持っていたなら!

………………………………………………………………………………………

Screenshot9588

………………………………………………………………………………………

 ★ 英国の市民団体「放射能のないレークランド」は、カンブリアでの地層処分に反対している市民団体だ。

 そのスウェーデン環境裁判所あて所感に引かれた「フラワーズ・レポート」には、こう明確に書かれている。

 「無限の未来に向けて、長い間消え残こる、高レベル放射能廃棄物を安全に封印できる方法が実在することが、リーゾナブルな疑いを超えて実証されないかぎり、原子核分裂発電の大規模プログラムへの関与はあってはならない」

 There should be no commitment to a large programme of nuclear fission power until it has been demonstrated beyond reasonable doubt that a method exists to ensure the safe containment of longlived, highly radioactive waste for the indefinite future.

          *

 ★ 不勉強なわたしは「フラワーズ・レポート」なるものをまったく知らなかったが、わたしたちの日本で、安易な「最終(地層)処分」が進められようとしている現在、スウェーデン環境裁判所の却下判決に加え、このレポートの存在を押さえておくことは、重要なことのように思う。

 40年以上前から、原発廃棄物の処分の困難性――いや現状における不可能性は、明確に示されていたのだ。

 日本は英国のコルダーホール型原子炉を導入して原発路線に踏み切った国。

 英国の「フラワーズ・レポート」を知らなかったではすまない。

          *

 ★ 使用済み核燃料を増産し続け、無限の未来を放射能まみれにしかねない、安倍政権の原発再稼働政策は、狂気の沙汰である。

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 英国の市民団体  Radiation Free Lakeland : A Letter of Thanks to the Swedish Environment Court for Saying No to Geological Disposal of Nuclear Wastes
 (10日付け)⇒ 
https://mariannewildart.wordpress.com/2018/02/10/a-letter-of-thanks-to-the-swedish-environment-court-for-saying-no-to-geological-disposal-of-nuclear-wastes/

 ◎ インドの DiaNuke.org : A Letter of Thanks to the Swedish Environment Court for Saying No to Geological Disposal of Nuclear Wastes
 (12日付け)⇒ 
http://www.dianuke.org/letter-thanks-swedish-environment-court-saying-no-geological-disposal-nuclear-wastes/

………………………………………………………………………………………

 【関連】 ◎  2018-01-28〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕 ◎ ◎ ◎  スウェーデンの環境裁判所が、核廃棄物処理企業が求める、フォルマスク(Forsmark 原発所在地)での、使用済み核燃料「最終処分地」の設置許可申請を却下! より安全な解決策へ向けた取り組みが続行することに! ★ 安易な原発所在地・最終処分に対して、裁判所が「NO(Nej ネイ))」と言った!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/01/forsmarknej-bb5.html

          *

 ◎ DiaNuke.org : Swedish Environmental Court Says NO to Nuclear Waste Repository, A Precedent Which Others Must Follow
 (1月24日付け)⇒ 
http://www.dianuke.org/swedish-environmental-court-says-no-nuclear-waste-repository-precedent-others-must-follow/

………………………………………………………………………………………

 ◎ フラワーズ・レポート (ウィキ 英語) ⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/Nuclear_Power_and_the_Environment

 ・ "There should be no commitment to a large programme of nuclear fission power until it has been demonstrated beyond reasonable doubt that a method exists to ensure the safe containment of longlived, highly radioactive waste for the indefinite future."

          *

 ◎ 同レポート 全文 ⇒ http://www.davidsmythe.org/nuclear/flowers%20commission%201976.pdf

Screenshot9584

Posted by 大沼安史 at 10:26 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66384907

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 原発からの使用済み核燃料(核廃棄物)の安易な「最終処分」に対し、「原発業界が環境への漏洩が絶対ないと証明できないかぎり、『NO(Nej ネイ))』!」――却下判決を下したスウェーデンの環境裁判所に対して、英国の市民団体が「感謝」の公開状! それをインドの有力市民団体「ダイアニュークス」が転載し、国際社会に周知報道 ★ 「無限の未来への安全確証のない原発建設、許されず」――!!!: