« 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 東電が昨年6月、柏崎地域で配布したチラシは、「科学的に見れば、『ウソ』でもって国民・県民を欺くものでしかありません。「活断層ではない」と繰り返すだけで、『安全神話』の焼き直しです」 ―― ◎ 地震学者の立石雅昭さん(新潟大名誉教授)が厳しく指摘 ◇ 能登半島の志賀原発周辺の北陸電力「地質調査報告」についても、新年元日のブログで「杜撰だと言わざるをえません」と批判 | トップページ | 〔電磁波攻撃許すまじ 甲賀の里(滋賀県湖南市)からアピール〕◇ マイクロ波兵器開発にも携わったことのある英国のバリー・トロワー博士が紹介していた「マイクロ波兵器(Microwave Weapon)」は、わたしたちの近隣にある「空き家」(の外壁の向こう側 肉眼では不可視、壁だけが見える)に仕掛けられた(?)「光源」(特殊カメラで撮影)と、どこか似ている? »

2018-01-03

〔電磁波による民衆支配を許してはならない〕◇ 元CIA、DAPRA(米国防高等研究計画局)の内部告発者、ロバート・ダンカン(Robert Duncan)博士が新年(1日)のFB年賀で、♪ Song for Targeted Individuals (『ターゲットにされた人びとのための歌』』 ユーチューブ)を紹介 「この歌はわたしを必要とする人びとを助けなければならないと、いつも励ましてくれる」 ◎ 「負けずに、精神情報を守る戦いに加わっているみなさんを誇りに思う」と激励!

 ★ こんな歌までできていた! 

 博士の励ましは、日本のわたしたちに対するものでもある!

  I am proud of those targets who have joined this battle of information of minds rather than give up. This song always motivates me to help those who need me. 

………………………………………………………………………………………

Screenshot8905

………………………………………………………………………………………

Screenshot8904

………………………………………………………………………………………

 ★ 日本での電磁波によるマインド・コントロール/拷問/加害は、米国の軍産諜報権力のハード・ソフト面の導入が進み、かなり深刻なものになっているようだ。

 欧米では被害者たちの反撃が始まっている。

          *

 ★ ダンカン博士は、 Project: Soul Catcher: Secrets of Cyber and Cybernetic Warfare Revealed の著者である。⇒ https://www.amazon.co.jp/Project-Catcher-Secrets-Cybernetic-Revealed/dp/1452804087

 わたしも1冊、入手している。

 どなたか専門家による邦訳を期待したい。

Screenshot8906

 
………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ロバート・ダンカン博士 FB 
  (1日付け)⇒ 
https://www.facebook.com/robert.duncan.94043626/posts/1689654061085392?pnref=story

 ◎ ♪ Song for Targeted Individuals (『ターゲットにされた人びとのための歌』』 ユーチューブ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=__K9IBiW-KA

          *

 ◎ ロバート・ダンカン博士については ⇒ http://politicalavengernews.com/index.php/2017/07/10/dr-robert-duncan-whistleblower/

Posted by 大沼安史 at 12:38 午後 4.電磁波被曝問題 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66235752

この記事へのトラックバック一覧です: 〔電磁波による民衆支配を許してはならない〕◇ 元CIA、DAPRA(米国防高等研究計画局)の内部告発者、ロバート・ダンカン(Robert Duncan)博士が新年(1日)のFB年賀で、♪ Song for Targeted Individuals (『ターゲットにされた人びとのための歌』』 ユーチューブ)を紹介 「この歌はわたしを必要とする人びとを助けなければならないと、いつも励ましてくれる」 ◎ 「負けずに、精神情報を守る戦いに加わっているみなさんを誇りに思う」と激励!: