« 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕 ◎ ◎ ◎  スウェーデンの環境裁判所が、核廃棄物処理企業が求める、フォルマスク(Forsmark 原発所在地)での、使用済み核燃料「最終処分地」の設置許可申請を却下! より安全な解決策へ向けた取り組みが続行することに! ★ 安易な原発所在地・最終処分に対して、裁判所が「NO(Nej ネイ))」と言った! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕◇ 「原発は航空機の墜落による火災に耐えられるものでなければならない!」―― ◎ フィンランドのVTT技術研究センターのトピ・シカネンさんが航空機直撃による被害予測モデルを開発し、破局対策の必要性を国際社会に警告! ★ 日本政府もこの「VTT予測モデル」で、フクイチ、柏崎・刈羽、高浜、高浜、大飯、伊方、玄海、川内などの各原発、「もんじゅ」「六ヶ所」などの核施設で、結果がどうなるか、一度、見たらいい。そら恐ろしい結果が出ることだけは、すでに間違いないところだ! »

2018-01-29

〔東シナ海でタンカー沈没 原油流出〕◇ 流出原油の汚染域、3ヵ月後はこうなる! ―― ◎ ロイター通信が英国立海洋センターとサザンプトン大学の拡散シミュレーション予測を報道! ★ 日本海だけなく、日本列島の太平洋側も汚染される! とくに九州西岸は鹿児島の南、屋久島にかけて直撃を受ける見通しだ。有明の海苔は大丈夫か? 川内、玄海原発の取水は大丈夫か? フクイチにも迫りそうだ! 

Screenshot9366

Screenshot9364

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ ロイター : グラフィック "How the Sanchi's oil could spread"
 (26日付け)⇒ 
http://fingfx.thomsonreuters.com/gfx/rngs/CHINA-SHIPPING-SPILL/010060NC166/index.html

          *

 ◎ 解説記事 ⇒ https://www.reuters.com/article/us-china-shipping-spill/how-sanchis-spill-could-spread-idUSKBN1FF1AK?utm_source=twitter&utm_medium=Social

          *

 ◎ AFP: 東シナ海タンカー沈没 原油の流出範囲、1週間で3倍に
 (22日付け)⇒ http://www.afpbb.com/articles/-/3159478

 ・ 21日夜にSOAが発表した声明によると、3つに分かれた帯状の油膜が332平方キロメートルにわたって海面を覆っていることを中国当局が確認したという。原油の流出範囲は、17日時点では約101平方キロメートルだった。

 イラン企業が所有するパナマ船籍のタンカー「サンチ(Sanchi)」(全長274メートル)は今月初め、東シナ海で香港船籍の貨物船「CFクリスタル(CF Crystal)」と衝突。8日間炎上を続けた後、14日に沈没した。イラン人30人、バングラデシュ人2人の乗組員のうち見つかった遺体は3人にとどまっている。

 サンチは当初13万6000トンの軽質原油を積載していたと報じられていたが、交通運輸省は19日、積載量は11万1000トンだったと訂正した。

 SOAによれば、サンチが沈没した海域では21日夜現在、中国海警局の船3隻が原油流出状況の調査・分析を行っている。

 サンチが積載していたコンデンセート(超軽質原油)は、流出した際に一般的な石油流出事故のような厚い油膜を海面に形成しないが、海水からの分離はずっと難しく、海洋生物にとっては極めて有毒だ。沈没現場付近の海域はケンサキイカの重要な産卵場所で、カニや魚類の越冬地ともなっていると国際環境保護団体「グリーンピース(Greenpeace)」は指摘している。

Posted by 大沼安史 at 09:17 午前 |