« 〔電磁波を使ったハイテク遠隔拷問を許してはならない〕◎ 「わたしは幼いころ、何者かにインプラントされたMKULTRAベイビーかも知れない」―― アルツハイマーの祖母に対するケア施設での過剰向精神薬投与や虐待を告発した米国の女性が、集団ストーカー被害に遭うようになり、ついには「合成テレパシー」による脅迫を含むマイクロ波照射のターゲットに! その過程で、左耳や膣などにインプラントされていることにMRIで確認するも、癒着で摘出できず! いまも連日の攻撃に耐えながら、カミングアウトして、摘発を求める闘いを開始! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7周年へ〕 ◎ ◎ ◎  スウェーデンの環境裁判所が、核廃棄物処理企業が求める、フォルマスク(Forsmark 原発所在地)での、使用済み核燃料「最終処分地」の設置許可申請を却下! より安全な解決策へ向けた取り組みが続行することに! ★ 安易な原発所在地・最終処分に対して、裁判所が「NO(Nej ネイ))」と言った! »

2018-01-28

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ フクイチ1号機で22日、「ガレキ撤去を開始」。2021年度までに「全てのがれきを撤去する方針」―― ◎ なんと、1号機のらオペレーティングフロアのガレキ撤去に、今後、3年もかかるというのだ! 2020年の東京オリンピック期間中も、青天井で、放射能ガレキの撤去を続けるというのか! 昨年12月19日、「ダスト飛散防止のための防風フェンスの設置工事」を完了したそうだが、屋根パネルの側壁があるうちに、ガレキを撤去、できなかったものか! ★ 1号機では15日の夜、不可解な発光現象が2度観

 ★ 1号機では15日の夜、不可解な発光現象が2度、観測されている。

 瓦礫を除去することで、その下に隠れていたものが噴出することはないのだろうか?

 遠隔操作のようだが、安全性は保障されているのか?

………………………………………………………………………………………

 ★ 住民帰還を進めるだけ進めておいて、こんどは青天井の1号機で、放射能汚染ガレキの撤去を開始!

 せめて、ガレキ撤去を終わってから、住民帰還を進めるべきではなかったか!

 すくなくとも――ガレキ撤去が終わってからの、オリンピック開催ではなかったか!

………………………………………………………………………………………

Screenshot9350

Screenshot9136

Screenshot9139

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 福島民報 : がれき撤去を開始 第一原発1号機原子炉建屋
 (23日付け)⇒ http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2018/01/post_15740.html

Screenshot9349

………………………………………………………………………………………

          *

 ◆ 本ブログ既報 : 2018-01-17〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 15日夜、鉄骨剥き出しの「フクイチ1号機」建屋の北東角で、不可解な発光現象! ―― ◎ 午後7時12分14秒と、同14分46秒 …… 米国のウォッチャーが東電ライブカメラ映像で2度にわたってスクショ確認! ◇ 当時は「閃光(スパーク)」も連発 午後7時台の1時間に15発を観測 ★ 北西角は、蓋がずれて開いた原子炉に近い部分だ! 1号機で何が起きている?
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2018/01/post-30ea.html

          *

 ◎ 東電発表 防風フェンス設置について 
 ⇒ http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2017/images2/handouts_171219_02-j.pdf

Screenshot9348

Posted by 大沼安史 at 02:29 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66331252

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ フクイチ1号機で22日、「ガレキ撤去を開始」。2021年度までに「全てのがれきを撤去する方針」―― ◎ なんと、1号機のらオペレーティングフロアのガレキ撤去に、今後、3年もかかるというのだ! 2020年の東京オリンピック期間中も、青天井で、放射能ガレキの撤去を続けるというのか! 昨年12月19日、「ダスト飛散防止のための防風フェンスの設置工事」を完了したそうだが、屋根パネルの側壁があるうちに、ガレキを撤去、できなかったものか! ★ 1号機では15日の夜、不可解な発光現象が2度観: