« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 更田・原子力規制委員長が「トリチウム・セールスマン」に変身、「安全神話」をトークで売り込み! ◆ 楢葉町を訪れ、松本町長に対し、《 第1原発で増え続ける、汚染水を浄化した後の放射性物質トリチウムを含む処理水について、希釈して海洋放出するのが唯一の手段だと指摘。「今年中に意思決定できなければ、新たな困難を迎えることになる」/「海産物や環境に影響が無いことは科学的に明確だ」――と述べた。》  | トップページ | 〔 ★ ★ ★ 最近のツイッター/ 記録  ◎ https://twitter.com/BOOgandhi 〕 ◎ 太平洋、トリチウム汚染の危機:(石牟礼道子さん)うばわれし水平線をいっしんに呼びをりわれは海の笛吹き 歌集『海と空のあいだに』より/ インターネットハクティビストのための技術的な基盤を作った米国のアーロン・スワーツさんが「自死」して11日で5年が経った! »

2018-01-12

〔フクイチ・メガ核惨事〕 ◇ 福島に、謎の「WHOなど甲状腺専門家集団」が出没! ―― ◆ それをNHK福島放送局が11日、「WHO(世界保健機関の)甲状腺がんに詳しい国際的な専門家グループが福島県を訪れ、原発事故のあと県民健康調査を行っている県の委員会などと、調査のあり方や最新の治療法などについて議論を交わし」たと、例によって御用報道!

 ★ そして――「がんのスクリーニング検査に詳しいアメリカの専門家は、『甲状腺がんでは過剰診断のおそれが高く、倫理的な責任も大きい。スクリーニングのみならず、その後の詳細な検査や治療についてもフォローすることが大切だ』と指摘」したと、福島県内に拡散報道 

Screenshot9079_2

………………………………………………………………………………………

 ★ ところが何がまずかったのか、「報道」を翌12日に速攻でネット削除!

Screenshot9081

………………………………………………………………………………………

 ★ 念のため、(WHOも国連機関だから)東京の国連広報センターのHPで確認したら、「WHO専門家グループ、福島入り」のプレスリリースなし

 WHOのプレスリリースにもない

………………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………………………

 ★ 得体の知れない集団を、さも権威あるWHOの専門家などと偽装して報道したNHKの責任も免れまい!

 

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ NHK福島放送局 : 県民健康調査で専門家ら議論|NHK 福島県のニュース
 (11日付け)⇒ 
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053955101.html 

 ◎ Fukushima 311 Voices が保全収録 : ⇒ https://www.facebook.com/fukushima311watchdog/posts/1530745323690427

          *

 -----「甲状腺がんに詳しい国際的な専門家グループが11日に福島県を訪れ、原発事故のあと県民健康調査を行っている県の委員会などと、調査のあり方や最新の治療法などについて議論を交わしました。

福島県を訪れたのは、WHO=世界保健機関の甲状腺がんに詳しい専門家などおよそ20人です。

代表のヨアキム・シュッツ氏は、最初に訪れた福島市の県立医科大学で、「福島のケースを学び、原発事故への対策について世界的な規模で考えたい」とあいさつしました。

一行は大学の検査施設を見学したあと、県民健康調査を行っている検討委員会と意見交換し、がんのスクリーニング検査に詳しいアメリカの専門家は、「甲状腺がんでは過剰診断のおそれが高く、倫理的な責任も大きい。スクリーニングのみならず、その後の詳細な検査や治療についてもフォローすることが大切だ」と指摘しました。

 このほか各国の専門家からは、15歳以下の患者の30年後の死亡率は1%に満たず、早期発見が必ずしも有効でないという認識が広まりつつあるとか、スクリーニング検査を行うにあたっては、今後の治療法や選択肢を説明できるように医師への教育が重要だという意見が出されていました。

 検討委員会の稲葉俊哉座長代行は、「スクリーニング検査のメリットやデメリットのほか、診断された人への対応や説明についてさまざまな意見を聞くことができ有意義だった」と話していました------

          *

 ★ NHKはいったん報道した以上、この連中がどのような素性の連中か、誰が金を出して呼び寄せたか、責任をもって追及取材すべきだ!

 君たちは福島県のみなさんからも受信料を取っている。

 責任があるはずだ!

Posted by 大沼安史 at 08:05 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66270693

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕 ◇ 福島に、謎の「WHOなど甲状腺専門家集団」が出没! ―― ◆ それをNHK福島放送局が11日、「WHO(世界保健機関の)甲状腺がんに詳しい国際的な専門家グループが福島県を訪れ、原発事故のあと県民健康調査を行っている県の委員会などと、調査のあり方や最新の治療法などについて議論を交わし」たと、例によって御用報道!: