« 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 6年以上経っても「フクイチ」は関心度ナンバー! ◆ 2017年に『豪州インディペンデント』で最も注目された記事(MOST POPULAR IA STORY OF 2017)は――ヘレン・コルディコット女史の「フクシマ原発メルトダウンは勢いが衰えないまま続いている(The Fukushima nuclear meltdown continues unabated)」だった! ◇ 汚染水タンクからの、非常に強い(10ミリレム)の「制動放射(Bremsstrahlun)被曝」の危険性 | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 核燃プール上の天井クレーンが溶融! ―― ◎ 画像解析の第一人者、岩田清さんが「1号機」の爆発が水素爆発ではなく、「核爆発」であることの、新たな視覚証拠を確認!◆ 1号機空撮画像で確認された、落下した屋根の「ひび割れ」が、「3・11」の大地震で、構内を貫く「縦ずれ断層」と「横ずれ断層」が露呈したことによる「揺れのベクトレル」線とも一致! »

2018-01-05

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 東電の国際社会向け、英文・年賀ツイッターの富士山(と東電の送電塔)の写真は、放射能映えしたような不気味なものだった! ◆ 東電はフクイチ放射能雲で、日本の象徴である富士山を、7合目までセシウムで汚染したことを反省し、国民に謝罪しなければならない! ★ 「桑ちゃん」も「私のPCに映し出されて見える映像は自然が放す優美さが感じられず人工的な固く冷たいものを感じる。なぜなんだろうね。……(前途に)『暗雲を感じさせる』」とツイートしていたが、同感!

Screenshot8929

………………………………………………………………………………………

 ◎ 東電 英文ツイッター(3日付け)
  ⇒ 
https://twitter.com/TEPCO_English/status/948751017809604608

          *

 ◎ 「桑ちゃん」ツイッター ⇒ https://twitter.com/namiekuwabara/status/948752913404280832

Screenshot8930

          *

 ◎ 本ブログ既報: 2014-11-14 [フクイチ・グローバル核惨事]★ フクイチ放射能プルーム、富士山を直撃 7合目(2700M)までセシウム汚染 一部、核実験によるフォールアウトも / 日本人研究チームが国際学術誌に論文を発表  ★ フクイチ放射能プルームは、日の本の象徴である富士山まで、死の灰で穢していた!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/11/post-f1a7.html

Screenshot8928

Posted by 大沼安史 at 10:29 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66243082

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 東電の国際社会向け、英文・年賀ツイッターの富士山(と東電の送電塔)の写真は、放射能映えしたような不気味なものだった! ◆ 東電はフクイチ放射能雲で、日本の象徴である富士山を、7合目までセシウムで汚染したことを反省し、国民に謝罪しなければならない! ★ 「桑ちゃん」も「私のPCに映し出されて見える映像は自然が放す優美さが感じられず人工的な固く冷たいものを感じる。なぜなんだろうね。……(前途に)『暗雲を感じさせる』」とツイートしていたが、同感!: