« 〔フクイチ・メガ核惨事 さあ、脱原発の春へ〕◇ 「3・11/7周年」、英国のロンドンで、早くもデモ、集会が決定! ★ 日本も負けずに、さあ、前に進むぞ! 世直し・建て直しの春が来る! | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 9日、フクイチで異変が起きていたのだろうか? / いわき市の植田第二公園MPで一時(午前5時50分)、7.302マイクロシーベルト/時 ―― ◆ そして、フクイチ1号機では、朝から、遠隔操作作業 / 東電のフクイチ「日報」に、1号機での作業について記載なし ★ 1号機で何かが起きていた可能性なし、としない! 報道の方はぜひ取材して突き止めてほしい!  »

2018-01-11

〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「わたしたちの社会は、人間的なスケールを超えた目的のための技術革新の祭壇の上で、人間の犠牲を倍加し続けている」―― ◎ フランスの日本研究家、セシル・浅沼=ブリスさん(仏国立科学研究センター・北アジア地域事務所副所長 日本在住)が、 フクイチによる「原発災害移住」を分析する論文を発表(英訳もできて、国際社会に拡散加速) ◇ 「フクシマに『フクシマ後(après/after)』はいまだ来たらず、状況は悪化するばかりだ」★ 「フクイチ」とは「人間の犠牲」のことである!

Screenshot9054

Screenshot9052

………………………………………………………………………………………

 ★ セシルさんは横浜在住。「アンスティチュ・フランセ東京(旧東京日仏学院)」を拠点に研究活動を続けている。

 仏社会科学高等研究院・日本研究所で、オーギュスタン・ベルク(Augustin BERQUE 故人)のもとで学んだ人だ。

          *

 ★ 日本の研究者たちがあまり手をつけていない「原発災害移住」の問題に、セシルさんは全力で取り組んでくれた。

 このイラスト集計図(マップ)には、涙腺が緩んだ。

Screenshot9053

 フクイチ核惨事は、濃厚被曝地・汚染地の人びとを、こんなふうに、全国各地い追いやっていたのだ。

          *

 ★ 今回、セシルさんの論文の英訳が出たことで、世界の日本研究者たちの間で、日本の「終わらない惨状」をしっかり向き合い、学問的に真実を解明しようという動きが、加速化されるだろう。

 東電・経産相は日本では幕引きできても、国際社会は許さない。

 原発とは、利権の問題ではなく、セシルさんが論文の最後に書いている通り、文明社会のあり方を問う、問題であるから、封印は許されないし、不可能なことである。

          *

 ・ Nous n’en finissons plus de compter les années de ce que l’on a trop vite appelé l’ « après » Fukushima, alors même que la situation n’a jamais cessé de se détériorer. Passer à l’après, nous le souhaitons tous, mais il semble que cette heure ne soit pas encore venue.

 ・ We can not finish counting the years of what we have too quickly called the “after” Fukushima , however we might wish it, as the ‘’after’’ hour has not yet come. The situation has never stopped deteriorating.

          *

 ・ These human sacrifices are accepted by all in the silence of a world that continues to be nuclearized.

 ・ Ces sacrifices humains sont acceptés par tous dans le silence d’un monde qui continue à se nucléariser.

          *

 ・ ……our societies continue to multiply human sacrifices on the altar of innovation for a purpose whose existence is not on a human scale.

 ・ ……nos sociétés continuant à multiplier les sacrifices humains sur l’autel de l’innovation pour un but dont l’existence n’est pas à échelle humaine.

………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕 ◎ 仏文(2017/10/18付け): Les migrants du nucléaire
  ⇒ 
http://geoconfluences.ens-lyon.fr/informations-scientifiques/dossiers-regionaux/japon/un-autre-regard/migrants-du-nucleaire

          *

 ◎ 英訳 : NUCLEAR MIGRANTS
 (8日付け)⇒ 
https://dunrenard.wordpress.com/2018/01/08/nuclear-migrants/ 

 ◎ 同・英訳 ⇒ https://dunrenard.wordpress.com/2018/01/08/nuclear-migrants/

          *

 ◎ セシル・浅沼=ブリスさん ⇒ http://www.mfj.gr.jp/recherche/equipe/chercheurs/cecile_asanumabrice_2/index_ja.php

Posted by 大沼安史 at 11:04 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66265689

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事〕◇ 「わたしたちの社会は、人間的なスケールを超えた目的のための技術革新の祭壇の上で、人間の犠牲を倍加し続けている」―― ◎ フランスの日本研究家、セシル・浅沼=ブリスさん(仏国立科学研究センター・北アジア地域事務所副所長 日本在住)が、 フクイチによる「原発災害移住」を分析する論文を発表(英訳もできて、国際社会に拡散加速) ◇ 「フクシマに『フクシマ後(après/after)』はいまだ来たらず、状況は悪化するばかりだ」★ 「フクイチ」とは「人間の犠牲」のことである!: