« 〔フクイチ・メガ核惨事〕〕◇ 「神戸製鋼スキャンダルが発覚したからには、高浜・川内原発は即時、稼働を停止しなければならない」 ◆ 現在稼働中の高浜3・4号機、川内1・2号機はも膨大な量の神戸製鋼グループの製品が使用されている。どこにどのように使われているかは一部を除き不明。大飯・玄海では再稼動を遅らせ、停止した状態で調査が必要ならば、高浜、川内原発を動かし続ける正当性はどこにあるのでしょうか? ―― ◎ 「グリーンピース」が日本語・英語で国内外に声明で訴え | トップページ | 〔フクイチ・メガ核惨事〕〕◇ (フクイチから襲ってきたプルームは)「灰色の煙(gray smoke)だった! それが体にまとわりついた。得体の知れないものだった」④ / 米艦「エセックス」の乗艦し、「トモダチ作戦」に参加したピエクトフスキー(Nathan Piekutowski)さんは、2012年のクリスマスの日、視力を失い、胃酸を吐いて救急棟に運び込まれた! そして当時、21歳の若さで、急性骨髄性白血病と診断された! ★ ピエクトフスキーさんによると、甲状腺を守る安定ヨウ素剤は服用していたそうだ。 »

2017-12-04

〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 放射性廃棄物の埋め立て処分に局地的な「集中豪雨によ汚染水、漏出」のリスク! 「地下火災(underground fire)」が起きた、米セントルイスの核廃棄物埋立地(West Lake Landfill )の調査で判明! ★ これは福島の「中間貯蔵施設」への警告として受け止めるべきことだ! 「地下火災」に加え、「汚染水」が流れ出て、放射能の二次汚染が拡大する危険! 徹底した阻止対策がとられるべきだ!

Screenshot8420

Screenshot8421

……………

…………………………………………………………………………

Screenshot8416_2

Screenshot8417

………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎  Enformable Nuclear News/ Severe weather a threat to groundwater around West Lake Landfill according to EPA documents
 (2017年5月2日付け)⇒ 
http://enformable.com/2017/05/severe-weather-a-threat-to-groundwater-around-west-lake-landfill-according-to-epa-documents/

Screenshot8419

………………………………………………………………………………………

 ◎ 関連 2017-11-13〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の秋に〕◇ キロ8000ベクレル超の放射能汚染土さえも受け入れる「中間貯蔵施設」のうち、大熊町に先行整備した施設で「本格稼働」開始! ―― ◎ 米国のエンジニアらによる市民団体、《SimplyInfo.org》が「中間貯蔵施設は河岸にある! これでは放射能の河川流出は避けられない」(川を通じて太平洋も汚染される)と国際社会に警告! ◇ 日本の環境省――「除染土壌等を通過して浸出する水」は「適切に処理した後、放流。放流先は夫沢川と細谷川」と表明
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2017/11/simplyinfoorg-e.html

………………………………………………………………………………………

 ◎ ウエスト・レーク埋め立て処分場の問題点・危険性については、ロバート・アルバレズさんの以下の記事(2016年2月11日つけ)を参照 ⇒ https://thebulletin.org/west-lake-story-underground-fire-radioactive-waste-and-governmental-failure9160

Screenshot8415

  

        *

 ◎ 関連 本ブログ既報 2015-11-02〔放射性廃棄物処分地(ウエスト・レーク)に、地下火災の火の手、接近!〕◆ こども用の黒い柩に署名簿を入れて、州知事に申し入れ! / 米セントルイスのお母さんたちが立ち上がる! 折しも、隣接処分地から1万ガロン(3万8000リットル)もの汚染水が流出! (動画ニュース) ★ 「アメリカの母も、強し!」 アベノ環境省が進めようとして「フクイチ死の灰廃棄物・地元投棄処分」に対しても、日本のママの総抵抗が始まることだろう!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/11/post-7b44.html

          *

 
 ◎ 同 2015-10-14〔アメリカ核地獄 セントルイス郊外 放射性廃棄物投棄地に隣接する一般廃棄物埋設地の地下火災の炎、迫る!〕◆ 300m(1000フィート)まで接近 「マンハッタン計画」由来のものも含む、ウラニウム処理廃棄物(不法投棄)に着火すれば、セントルイス空港周辺の住宅密集地が「放射能プルーム」に襲われ、被曝・汚染被害が広がる恐れ!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/10/post-c5d8.html

Posted by 大沼安史 at 10:09 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/66120195

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ・メガ核惨事 7年目の冬に〕◇ 放射性廃棄物の埋め立て処分に局地的な「集中豪雨によ汚染水、漏出」のリスク! 「地下火災(underground fire)」が起きた、米セントルイスの核廃棄物埋立地(West Lake Landfill )の調査で判明! ★ これは福島の「中間貯蔵施設」への警告として受け止めるべきことだ! 「地下火災」に加え、「汚染水」が流れ出て、放射能の二次汚染が拡大する危険! 徹底した阻止対策がとられるべきだ!: